04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.06.22 (Sun)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』69話 あらすじ



韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』69話 あらすじ

タムル軍の砦では、戦闘準備に余念がない
兵士達はみな、命がけで漢を撃退するという思いだった
今回タムル軍が攻めるのはヒョント軍だが、ヒョント軍の兵はそれほど増えてはいなかった
ヤンジョン率いるヒョント軍は、タムル軍に惨敗していることから漢の皇帝から
信頼されず孤立無援になっているようだ
しかし、ヒョント軍には援軍がつく可能性があり、油断はできなかった
今度タムル軍が挑む戦争は、今までの防御戦と違って、先制攻撃を仕掛ける戦争だ
敵は地形を知り尽くしているため、わずかな兵で防御が可能、しかも軍需物資強奪を
どうやって防ぐかが鍵となるだろうと考えていた
そのため、遼東軍をどうやって合流させないようにするかが勝敗を分けるだろうと思われた
しかし、チェサ達の心配は取り越し苦労だった
チュモンが先手を打ち、遼東軍が城を空けたらマルガル軍に攻め込むように書簡を送っていたのだ
そのため、遼東軍は城を空けることができず、ヒョント軍と合流できないことになったのだ
チュモン達は、プブンノとプウィヨムが訓練している場所に足を運んだ
プブンノ率いる軍とプウィヨム率いる軍が戦術の練習をしていたが、プブンノの軍が
戦術に長けているのを見てプウィヨムは焦っていた
これでも、海賊時代はウムヌ・オクチョの兵を恐れさせていたやつらなのに…
タムル軍の兵だとは言えないと檄を飛ばすプウィヨムにチュモンは体系の訓練を
積めば大丈夫だと声をかけた
チュモンはプブンノにプウィヨムの兵の訓練を任せた

ケルを訪れたチュモンは集まった君長達の前で、ヒョント郡と落とす戦争に向け
卒本が一丸となって取り組まなければならないと訴えた
しかし、卒本とタムル軍の兵は疫病や夫余・漢の連合軍によってだいぶ減っていた
一万を超えるヒョント軍に立ち向かうには不安が…そんな時ヨンタバルが傭兵をたくさん
確保していたことを告白し、みな安心した
兵糧にも不安があったが、それはソソノが干し肉の開発に成功し、腐りにくい栄養価のある
兵糧をたくさん確保できることになった
そのほか戦争に必要な物資など、各部族にそれぞれ分担して任せ、戦闘態勢を整えていった
鉄器工房ではモパルモが檄を飛ばした
お前達が汗を流すほど、兵達は血を流さなくてすむのだ!!
そんなときヒョッポとムッコがモパルモを呼び出した
消炭と煙霧弾の強力化に成功したのだ
モパルモの前で試すヒョッポだったが、なかなか爆発しない…
モパルモは呆れ、ヒョッポが慌てて覗きに行くと…大爆発 
ヒョッポは顔に大やけどを負ってしまった
ヒョッポがやけどをしたという知らせはすぐにサヨンの元に…
サヨンはすぐにヒョッポの元に駆けつけ…^^ちょっと笑えます…

夫余宮では、クムワが酒びたりになっていた
プドゥクプルがクムワを立ち直らせようとしても無駄だった
私は、生涯心を寄せた女性も…漢に立ち向かい朝鮮の流民を一つにするという夢も
全て失った…全て失ったのに、いまさら何ができようか
ユファと漢に立ち向かうことだけがクムワ王のすべてではなかったはず
夫余の民のことを忘れないでください…とプドゥクプルが必死に訴えてもクムワには伝わらなかった
そんな時、ナロに間諜からの知らせが届いた
卒本がヒョント郡を攻める準備に入った…
驚いたナロはすぐにテソに報告、テソは臣僚会議を開いた
臣下達はユファ・イェソヤ・瑠璃がいなくなったことで、チュモンが夫余を攻めるのではないかと
心配したが、プドゥクプルはその心配はないと言った
チュンモンが夫余に穀物を薬を支援すると申し出たのは、戦う意志がないことの証明なのだと
チュモンの敵は夫余ではなく、漢のはずだ
テソとプドゥクプルは神殿にいるクムワを訪れ、今の状況を報告し、指示を仰ごうとしたが、
しかしクムワは何の興味も示さず、卒本と漢が同盟を結べば戦争しなくて済む…と答えたクムワ
そんなクムワの様子に、テソが判断していかなければならないとプドゥクプルは言った
夫余の現状からヒョント郡に援軍を送るのを渋るテソに、無理をしてでも送らねばならないと
プドゥクプルは説得した ヒョント郡が倒れたら次に標的になるのは夫余だと
チュモンは夫余を服属させようとするはず、それを防ぐためにヒョント郡を支援しなくては…

ヤンソルランの命令でヒョント郡を訪れたハフチョンは、ヤンジョンに卒本の動きを伝えた
鉄騎軍は100名余り、兵士は1万名いるが、長安は援軍を渋っている状況で焦っていた
ヤンジョンは夫余が財政破綻寸前なのを知っていた
自分が不利な状況は判っていたが、長安と遼東軍に援軍を要請した

ヒョント城に潜入していた、オイとムゴルの姿を見かけたイェソヤは必死についていこうとするが
ファン大人の兵につかまえられ、声をかけることができなかった

ヒョント城の潜入から帰ったオイは、朝鮮の流民がたくさんヒョント軍の戦闘準備に
駆り出されていることを知り、今回の戦争にこの流民の力を借りようと決めた
オイとムゴルはその朝鮮の流民に潜入し、タムル軍が攻撃したとき加勢する事にした
卒本にいる年寄り達も戦争に行きたいとケルに押しかけていた
しかしチュモンは武器をつかわなくても貢献することはできると、兵を支援することに
専念してほしいと説得した
卒本に殺到した兵士以外の後方支援者たちは、戦争準備に汗を流した

ヒョント城ではヤンジョンが卒本との戦争に際し、労役兵として使っている500人の
流民を前面に押し出して戦争に望むことを決めた
流民を盾にすることによって、チュモンからの攻撃を防ごうというのだ
そこへ姿を現したファン大人は、卒本より多くの兵を持ちながら援軍に頼ろうとするとは…と
ヤンジョンを責めた
チュモンは劣勢だと分かっていても、戦い通したのに…ヤンジョンは返す言葉がなかった
ヨンポは戦争を避け、夫余に戻ることにした

夫余宮ではソルランがテソに援軍を頼んでいた
テソは夫余の財政を心配して、援軍の約束をできないままだった
王妃は、漢との同盟関係やヤンジョンから助けてもらっていた経緯を重んじ、援軍を出すように
進言した
テソは漢との関係が理由で支援するのではなく、ヒョントが敗北したら、
卒本が急速に勢力を増すことは確実…卒本を牽制するためにもヒョント郡を
支援しなければならないと考えていた

夫余に帰る前にヨンポはファン大人に会っていた
ヤンジョンがチュモン率いるタムル軍を退けるだろうか…と心配するヨンポに、簡単に
負けるはずはないと答えたファン大人
ヤンジョンが皇帝の信頼を回復するためには、攻撃を仕掛けて勝たなければならない
ヤンジョンが今回の戦争で良い結果を出してしまったら、ファン大人がヒョントの太子に
なれなくなってしまうのでは…?
ヨンポが尋ねると、皇帝陛下からもらったというお茶を飲みながら、ヤンジョンの活躍に
関係なく自分がヒョントの太子になるのだと言った
ファン大人との面会の後、偶然目の前を通った一人の男の子に目を留めたヨンポ
その子がその見覚えのある子を追っていくと、なんとその先にはイェソヤの姿が…
ヨンポはイェソヤと瑠璃を利用しようと考えた
夜遅く、イェソヤの部屋に侵入した兵は、イェソヤと瑠璃をヨンポの元に連れて行った

ヒョント軍の労役兵に混じって働くオイとムゴルは、疲れて眠る流民を起こして自分達の
身分を明かした
自分はチュモン大将に仕えるタムル兵です
チュモン大将の命令でここに潜入しています
大将のいる卒本はヒョント郡を討つために戦争を行います
開戦すれば皆さんの命は漢軍に狙われます
自分達が助かるために、事前に蜂起し漢軍の後方をかく乱させ、勝利に導きましょう
翌日労役場に出発するオイたちを止めた者がいた
彼は、労役場に行く流民たちを、卒本と戦争が始まったら漢軍の前方で盾にすると言い出した
ヨンポは卒本に行き、チュモンに会うことにした
イェソヤを使ってチュモンと取り引きをして、卒本を掌握するつもりだった
卒本を訪れたヨンポはこう切り出した
イェソヤと瑠璃を私が保護している…
ヨンポの言葉にみな驚いた
証拠を出せという言葉に、敵陣に自ら赴いてきたことが証拠だと言い張るヨンポ
ヨンポは2人の命と引き換えに、
1、 ヒョント郡と戦争をしないこと
2、 卒本が夫余を掌握し、その後夫余の全権をヨンポに譲ること
と、条件を提示した

                   韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』70話へ…

スポンサーサイト
EDIT  |  14:32  |  朱蒙(チュモン)60話~69話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.06.11 (Wed)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』68話 あらすじ



韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』68話 あらすじ

母親と妻、まだ見ぬ我が子まで失ってしまったチュモンの悲しみは大きかった
一人川辺でユファの言葉を思い出す
これにて母のことは忘れなさい…
私がお前の重荷になれば、志を遂げるのに打ち込めない
夫余での思い出も、母も陛下も忘れなさい
大業をなすことだけを考えなさい…それがこの母への最後の孝行よ
オイ・マリ・ヒョッポ たちはもしかしてイェソヤか瑠璃が生きているのではないかと
痕跡を探していた
もし亡くなっていれば遺体だけでも連れて帰りたい…皆その一心探していた
わずかな期待も虚しく、見つかったのは子供用の夫余の王族の履物だった
瑠璃がはいていたものだと思った臣下たちは瑠璃の死を確信した
オイ・マリ・ヒョッポの怒りは強く、人質がいなくなった今、夫余に攻め入ろうと叫んだ
しかし、いつも冷静のチェサがそれを止めようとした
オイ・マリ・ヒョッポとチェサ・ムゴル・ムッコがもめ始めた時、プウィヨムが一喝した
自分は新参者だから皆がどれだけ悲しんでいるかわからないが、卒本に危機が迫っている時に
争ってしまえば、兵士の士気が下がってしまう
今は力を合わせて立ち向かわなければ…我々は分裂してはいけない
その言葉に冷静さを取り戻したオイたち

夫余宮では亡くなったユファの葬礼を王妃の待遇で行うことを知った王妃が
クムワに抗議した
夫余の王と王妃だけが祭られる始祖山にユファも祭られることに耐えられなかった王妃
あの女は死んでも私を辱めるのか
 夫余の王妃の私が生きているのに、絶対に許せない
 これまでユファから受けた苦痛で胸が張り裂けそうだ…死んだユファに私の座を与える  とは…
あまりにも残酷です
面会を許されなかった王妃はクムワの部屋の前で必死に訴え、その場に倒れてしまった
その様子を見ていたテソとヨンポ
クムワに何も意見できないテソを責め、ヨンポが止めるソンジュを退けてクムワの部屋に入った
しかし、クムワの様子を見てヨンポは愕然とした
ヨンポがいくら話しかけても何の反応もなく、ただ一点を見つめているだけ…
魂が抜けてしまったようなクムワの様子にヨンポはショックを受けた
クムワの部屋をでたヨンポは、陛下が哀れでたまらない…と涙を流した

王妃の部屋を見舞ったテソは、民心を抑えるためにはユファを王妃の待遇で葬礼を
行わなければならないと話していた
さらし首にしても足りないのに、国葬まで行うなんて…ヤンソルランは怒っていた
しかし、国葬は避けられないと説得し、自分が王になった時、ユファの首を切り王妃の
無念を晴らすことを約束した
そしてチュモンも必ず殺すと誓った

イェソヤと瑠璃の捜索から帰ったマリから報告を受けたチュモンはわずかな望みも絶たれ
絶望していた
マリから渡された瑠璃の履物を抱いて涙を流すチュモン
卒本が今までにない危機に陥っている…サヨンがつぶやいた
チュモン大将が家族を失った痛みを克服できなかったら、卒本は核を失ってしまう
ユファが始祖山に祭られることを知ったチュモンはオイを連れて始祖山へ向かった
他の臣下には気晴らしに国境を偵察に行ってくると言い卒本を出た

始祖山ではユファの葬礼の準備が行われていた
クムワはユファの遺体から離れず、何日も食事をとっていなかった
心配したソンジュが身体を休ませるようにと進言したが、クムワはユファから離れなかった
ソンジュよ…眠るのが怖くてたまらない…息が詰まり、苦しいのだ
そしてクムワはソンジュに幕舎を守る護衛を引き上げさせた
クムワはチュモンがここに来ることを悟っていた
チュモンがユファの元に来たときは決して攻撃しないようにとソンジュに念を押した
クムワが思っていた通り、ユファの前に現れたチュモン
クムワと対面したチュモンはユファを卒本に連れて帰ると言ったが、クムワは絶対に
手離さないと言い張った
 連れて行くのなら私を殺してからだ…
夫余の兵士が攻撃する前に、ユファに別れの挨拶をして帰れ
チュモンは
瑠璃に一度も会えませんでした
母と妻子に先立たれた私には、もう恐れるものはありません
死ぬことだって恐れていない
チュモンの言葉にクムワは
ここで全てを終わらせるつもりか…

ユファを連れ帰ることを諦めたチュモンはユファに最期の別れの挨拶をした

卒本に無事に帰ったが、オイはマリやヒョッポに責められた
チュモンは卒本の拠点に帰らず、タムル軍の幕舎に泊まることにした
ヨンタバルはチュモンの気持ちを察した
心安らかに眠ることさえ気がとがめるのだ
母親と妻子を失い沈痛の思いだろう…
ソソノはユファとイェソヤの魂を鎮めなければならないと、祭祀行うことにした
ソソノはタムル軍営に行き、チュモンに会った
大将は民の命綱であることを忘れてはなりません
チュモンは
自分は父親の最期を看取ることも出来ず、母と妻子を死の危険にさらしたまま
何も出来なかった
大切な人々を守れなかった私が民を守れるのでしょうか…
しかしソソノはチュモン殺害の計画を知ったユファが、命がけで夫余を脱出しようと
したという事を話し、ユファやイェソヤはチュモンの大業が成就するのを願って
命を投げ出したのだと…
命がけでチュモンと高句麗を守った2人の死を無駄にしないと信じている

ユファとイェソヤの祭祀が行われた
チュモンが祭壇に手をついたとき、鷲(?)が現れた
その足にくくりつけられていたのはピグムソン神女からの手紙だった
チュモンはオイを連れてピグムソン神女の元に行くと、大きな箱を渡された
大将はあらゆる試練を克服し、卒本統一を成し遂げました
神器の主となる資格を得たのです
残りの神器のうち一つは大将のものとなるでしょう

チュモンがその箱を開けてみると、中に入っていたのは朝鮮王朝の鉄の鎧だった
その鎧は歴代の朝鮮の王が戦場で見につけていたもので、とても軽かった
そして箱の中にもうひとつ、その鉄騎軍の秘密を書いた書が入っていた
残りの神器は大将が自ら探し出さなければならないと言い残して姿を消した

卒本に神器を持ち帰ったチュモンは、皆にそれを見せた
モパルモは朝鮮の鉄騎軍がつかった鎧の軽さに驚き、そして暗号で書かれた
鎧の作り方を書いた書を見て落胆した
自分には全くわからない…
しかし、その日からサヨンが部屋に閉じこもって暗号と格闘した

夫余ではクムワが国政に全く携わらず、毎日酒ばかり飲んで暮らしていた
ソンジュを呼び出したテソはチュモンが始祖山に来たことを確認した
チュモンを倒すチャンスを逃したことに怒ったテソとナロと王妃の兄は
クムワに国政は任せられないとテソが全面に出るように促した
早速臣僚会議を開いたテソたちは、全権がテソに委ねられるように話を勧めるが
それを遮ったのはプドゥクプルだった
 すでにクムワはテソに国政を任せている テソが本当に夫余のことを思うのなら
 私欲を捨てて、クムワを補佐するのが筋だ
 夫余の民がテソに望んでいるのは、太子としてクムワに協力することだ
民の期待を裏切ってしまったら、全権を手にしても民は従わないだろう
テソは黙っていてもいずれ自分が王位を継承するのだから今更焦らない…と今回は
引き下がった

卒本ではモパルモが訳のわからない暗号に弱りきっていた
サヨンが部屋にこもって必死に解いていた

ヒョント城ではチン大人に連れてこられたイェソヤと瑠璃が逃げるのに失敗していた
自分達を解放してほしいと必死で訴えるが、今度逃げたら殺すと言われてしまった
その時、チン大人に会おうとヒョント城にやってきたヨンポを見かけ、イェソヤは
何とか顔を隠した

サヨンがついに鉄を薄く軽くする方法を解き明かした
モパルモはその通りに鎧を作り、早速チュモンの元へ持っていった
モパルモが作った鎧に向かって矢を射るチュモン
チュモンの放った矢は、鎧に弾き飛ばされた
ついに鋼鉄の鎧を作ることに成功したのだ
卒本の君長たちを集めたチュモンは、皆の前で
今まで多くの試練が立ちはだかったが、建国の志はどんな試練にも
曲げられることはなかった
朝鮮の流民がその雄志を遂げるためにも、早急に建国を実現すべきだ
建国にあたり、この地から漢の残滓を一掃しなければならない
これから朝鮮の魂が宿る鉄騎軍を押し立て、ヒョント郡を撃退する戦争に
臨もうではないか!!

                    韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』69話へ…
EDIT  |  23:45  |  朱蒙(チュモン)60話~69話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.05.27 (Tue)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』67話 あらすじ

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』67話 あらすじ

チュモンにこれまでにない苦難が襲いかかる…
チュモンは大業に向けて突き進んで行けるか


韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』67話 あらすじ

ソソノの帰還によって卒本は食糧難から脱し、急速に安定し始めていた
そこへ連合軍の撤退の知らせが入り、チュンモンをはじめ卒本のみんなが喜んだ
ある時チュモンはソソノを呼び出し、夫余の食糧難を救ってやりたいと理解を求めた
卒本を滅ぼそうとし、漢と同盟を結んだ夫余を助けることに動揺を隠し切れなかったソソノだった
しかし、チュモンは夫余の国民には何の罪もなく、多く夫余の民が故郷を離れていることに心を痛め
夫余の民も『神檀樹』を起源とする同族だから、彼らの苦しみは我々の苦しみであると必死に訴えた
ソソノはチュモンの考えは理解したが、クムワがこの申し出を素直に受けるか心配だった
チュモンもクムワの反応は予測できないでいたが、クムワの考えよりも夫余の民を救うことを
第一に考えていた
ソソノはヨンタバルとソンヤンを説得することを約束した
チュモンの考えはマリたちも受け入れられず、渡した食料を戦争のために利用するかもしれないと
反対されたが、チュモンはクムワ王が、善意に付け込んで攻撃してくるような卑劣な人でないと
皆を説得した
そして、誰が夫余に赴くか話し合いが持たれ、反対を押し切ってソソノが夫余に向かうことになった

サヨンと共に夫余を訪れたソソノはクムワに会い、サヨンはある荷物をユファに渡すことに成功した
サヨンが渡した荷物には、まだ一度も会ったことのない我が子 瑠璃のための絹が入っていると言い
疑っているのなら中身を確認しても良いから渡してほしいと護衛総監のソンジュに託した
ソンジュはチュモンの気持ちを察し、ユファに荷物を渡した
クムワに会ったソソノは、クムワに穀物と薬の支援を申し出たが、心配したとおりクムワは
素直に聞き入れなかった
敵対していたチュモンの支援を受ければ、自分が笑いものになってしまう…そう言うクムワに
民の身の安全を第一に考える人だと聞いている…陛下の決断を下せば民は喜ぶだろうと説得した
クムワは心が傾きかけたが、最後にソソノが言った一言で激怒してしまった
ソソノはチュモンの元にユファとイエソヤを返してほしいと訴えたのだ
しかしこのことが支援の交換条件だと思い込んだクムワは怒りを露わにした

チュモンからの支援の申し出を知ったテソはクムワの部屋を訪れて、この提案を利用して
協議の場でチュモンを殺してしまおうと言い出した
クムワはその場で否定せず、テソはソソノにクムワがチュモンと直接会ってから決めたい
と言っている事を伝え、会談の場所を決めた
テソを警戒していたソソノは中立地帯で会談を行うことを決め、夫余の国境を越えた
ヨンチョン部族の村で会うことになった
サヨンがソンジュに託した絹は無事にユファの部屋に届けられた
ユファは絹を見ると何か探り始め、ある布の中に秘密の地下通路を示した地図が仕込まれているのに
気がついた 
その頃テソはナロにチュモンを討つ計画を話していた
数日後にクムワがチュモンと会うために中立地帯に行ったとき、表向きはクムワの護衛として
ついていくが、本当の目的はチュモンを討つことにあると命じた
その話を偶然聞いてしまったユファの侍女はすぐに報告し、チュモンに危機が迫っていると
確信したユファは秘密の地下通路を通って夫余から脱出することを決意した

ケルに戻ったソソノはクムワがチュモンと直接会うことを報告し、チュモンはクムワを必ず説得する
ことを誓った

夫余ではテソが中心になって、チュモンを討つ計画が練られていた
護衛は20名しか連れて行くことが許されないため、ナロに夫余兵に村人を装わせて先に
村に潜伏しておくように命じた

ユファとイェソヤ・瑠璃はついに宮殿を抜け出した
地下通路を通って外に出たもののすぐにクムワに気がつかれてしまった
道なき道を進み、何とか逃げ切りたかったが女性三人ではどうしようも出来ず、ユファと侍女が
おとりになってイェソヤと瑠璃を逃がすことにした
イェソヤと瑠璃は手を付いてユファに別れの挨拶をし、再会を誓って別れた
ユファはナロたちに見つかり、イェソヤの行方を聞かれるが答えず侍女は目の前で殺されてしまった
ユファと別れたイェソヤは瑠璃を連れて何とか逃げようとするが、途中で足を踏み外して
転落してしまい、そのまま気を失ってしまった イェソヤの傍らで泣く瑠璃…
宮殿に連れ戻されたユファはなぜ抜け出したのかとクムワに責められた
ユファもイェソヤも何不自由なく暮らせているはず…落ち着いたらチュモンの元に送ると
言っているのになぜ逃げる…?
クムワの言葉にユファは、チュモンを殺してから自分達を解放するつもりなのかと聞き返した
夫余の支援を申し出たチュモンを殺す計画があることを知っているとクムワに言い、
陰謀があるにもかかわらず黙認しているのは、命令を下したと同じこと
チュモンは決して夫余を武力で攻撃することはしない…もし、したとしたら自分が盾になるつもりだ
ユファの言葉に、朝鮮の領土を取り戻すと言うことは夫余を服属させるということだと答えたクムワ
クムワの言葉を聞き、かつてヘモスと一緒にタムル軍で闘ったのは彼らを利用するため
だったのかと責めた
もうクムワのことは信用できない…たとえチュモンのところにいけなくてもここにはいられない
たとえ体がクムワのところに残っても、その魂はヘモス様とチュモンのもとにあります
そう言ってクムワの元から去ろうとするユファにクムワが切りつけた
「哀れなお方…」ユファはクムワの腕の中で息を引き取った
「私が悪かった…目を覚ましてくれ」そう言って泣き崩れるクムワ

その頃やっと目を覚ましたイェソヤは瑠璃を連れて逃げ始めるが、途中でヒョント城に
帰るファン大人に見つかり、彼に保護されてしまった

チュモンがクムワと会談するためにケルを出ようとしたとき、オイが悲しい報告を持ってきた
ユファ夫人とイェソヤ様が脱出の途中で亡くなられました

                    韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』68話へ…
EDIT  |  14:16  |  朱蒙(チュモン)60話~69話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME |  NEXT >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。