05月≪ 2007年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.06.30 (Sat)

韓国ドラマ『春のワルツ』放送予定

『春のワルツ』の放送予定変わっちゃったんですねがーん
今の今まで待っていたのに・・・
なかなか始まらないから調べたら7月14日まで待たなくっちゃいけないなんて・・・
がっかり・・・TTTT
今日は『冬のソナタ』見ようっと絵文字名を入力してください


今後の放送予定
7月14日 (土)午後11時10分~0時05分  第13話「イナの策略」
7月21日(土)午後11時10分~0時05分  第14話「涙の井戸」
7月28日(土)午後11時10分~0時05分  第15話「墓前の誓い」
8月 4日(土)午後11時10分~0時04分  第16話「異母兄弟」
スポンサーサイト
EDIT  |  23:28  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.29 (Fri)

秋の童話見終わりました・・・




韓国ドラマ『秋の童話』見終わりました・・・
四季シリーズの第一弾でしたね
とても切ないドラマでしたが・・・
この『秋の童話』は主役の二人よりテソク(ウォンビン)のほうが完全に目立っている様に
思いましたが、それは私だけでしょうか
ウォンビンとても良かったです!
以前Smaステーションで、韓流スターランキングをやった時、ウォンビンの良さがわかっていなくて
何で?って思っていましたが、『秋の童話』が進むにつれてどんどんウォンビンにはまってきました
まだ、あらすじを書ききっていないのでこれから順に書いていきますがまたあの悲しい場面を
思い出すのは・・・つらい・・・
『春のワルツ』もつかの間の幸せが終わり、これからどんどん苦しくなっていくのでしょうね
『春のワルツ』が半分を過ぎたこともあって、最近また『冬のソナタ』を見始めました
『春のワルツ』はまだ途中ですが、これで四季シリーズが出揃ったわけで、何だか寂しくなってしまったのです
久しぶりの『冬のソナタ』はまた新鮮でしたが、やはり私は『春のワルツ』が一番好きです!

明日の『春のワルツ』もとても楽しみにしてます!!
婚約パーティーで愛する人はパク・ウニョンだと宣言したチェハとウニョンのこれからは・・・
ドキドキしながら待ちましょう
EDIT  |  11:23  |  『秋の童話』 あらすじ 最終話まで  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.29 (Fri)

韓国ドラマ『雪の女王』第7話「戸惑う二人」 あらすじ

第6話ではポラとお付き合いを始めたゴヌが、ポラの初恋相手がドック(テウン)だったことが
ばれてしまったんですよね・・・



韓国ドラマ 『雪の女王』 第7話「戸惑う二人」

  ポラの初恋相手がドックだったことをスンリ(ボクシングジムの館長の娘)から聞いてしまった
ゴヌはショックを受けたがポラのうそを許そうと考えていた

  ドックは悶々とした毎日を過ごしながらもポラの運転手を続けていた
  ある日ドックはポラの期末試験の勉強に付き合うことになる
  隣でポラが眠っている・・・
  ドッグは思わずポラのほほに触れてしまった
  「俺は何をしているんだ・・・」
  ドックはポラを図書館に残したまま帰ってしまった
  ドッグはポラと賭けをしていた
  今日初雪が降ったら・・・ドックが街を歩いていると雪が降ってきた・・・初雪だ
  その日ドックは母親の家に泊まった
  翌朝布団を片付けていると、押入れの中にテウンのノート・教科書・数学オリンピックのメダル・・・
  「僕、また勉強し始めたんだ。自分の好きなことをあきらめないで
頑張るから・・・」
  母は心から喜んだ

  ドックは昨日勝手に帰ってしまったことをポラに責められたが、そのときいい子にしていたら
  プレゼントをやる、と約束した
  プレゼントは『雪の女王』の本だった

  ポラが期末試験を受けている間に教授の部屋を訪れ問題を解くドック
  「こんなにできるのに・・・お前は韓国の大学に恨みがあって行かないのか?」
  教授が驚くほど完璧な答えだった

  ドックのボクシングジムでキムチ作りを手伝うことになったポラ
  ポラはジムの男どもの監視役を頼まれたが、それはスンリの策略で
ポラに新しい恋人が
  できたことを知ったスンリが、ポラにドックとの仲の良さを見せつけるためのものだった
  でもポラは楽しかったようだ
  「私が暇な時や、イライラすることがあった時はまたここに来てもいい?」
  ポラがドックに聞いた
  そのとき雪が降ってきた
  昨日が初雪だったんだというドックに
  「私が初めて見た雪は今日だから、今日が初雪よ!
   初雪に願い事をすると叶うんだって・・・何を願おうかしら」
  無邪気にかわいらしく目を閉じて願い事をするポラを見てドックは思わずポラにキスしてしまった
  
  翌日ポラは父親に頼んで運転手を変えてもらった
  ドックは自分でもなぜあんなことをしたのかわからないとポラに弁解するが
  「お兄さんのように思っていたあんたにキスされるなんて・・・
   本当に心の底から悪いと思っているなら二度と現れないで」

  ポラから完全に拒絶されてしまったドックに声をかける女性が・・
  高校時代の同級生でドックのレポートが本人が解いたものだと先生に言いに行った女性だった
  「チョンギュはあなたのせいで死んだじゃない・・・あなたに会ったら伝えたかった」
  ドックと別れた後、ゴヌからポラがチョンギュの妹であることを聞いた

  ドックはポラの父親の運転手をしながら、ボクシング・勉強に打ち込んでいた
  あるとき教授に連れられて行った音楽室(?)でチョンギュの好きだったバッハの曲を聴いた
  ドックはチョンギュの言葉を思い出す
  「数学の道に突き進め」

  一方ポラはドックのいない環境に戸惑っていた
  常にイライラして周りの人間にあたり散らしていた
  ゴヌと偶然入った喫茶店である母娘の姿を見て、店から出ようとする
  ポラに涙ながらに話しかける女性に
  「どちら様ですか?自分の子供を捨ててだんなの部下と浮気をしたお母さんでしたね」
  泣きながら謝る母親を前にしても
  「お兄ちゃんの葬式であなたが生きていると知ったとき、お兄ちゃんの代わりに
   あなたを連れて行ってと祈ったわ!!私は絶対許さない!
   お兄ちゃんが生きて戻ってくるまで許さない」
   ゴヌがポラをたしなめるがポラは聞き入れずどこかに行ってしまう
   
   ドックはポラのことを思いながらどうしたらいいかわからずにいた
   そこへスンリからポラと連絡が取れなくなったと知らせが入った
   学校中を探し回るドック
   ドックは雪の女王の一節を思い出しながらポラを探し回った
****************************************
   雪の女王はカインに言った
   人はみな私のことを嫌う 誰も友達になってくれようとしない
   私が持っているのは冷たい目と骨の奥まで凍らせてしまう風だけなのに
   あなたはなぜ友達になってくれるの
   なぜ私の友達になってくれるの
****************************************

   ドックはポラの言葉(ジムに来てもいいか?)を思い出しジムに向かうと
   ポラが一人でうずくまっていた
****************************************
   あなたはなぜ友達になってくれると言うの
   愛しているから・・・あなたを愛しているから・・・
****************************************
   
ドックはポラを優しく抱きしめた

                  第8話「過去からの贈り物」へつづく




   7/5(木)深夜2時55分から
     ヒョンビンに逢いたい
      『雪の女王』来日スペシャル

            これは絶対に見たいです!!
EDIT  |  00:16  |  『雪の女王』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.24 (Sun)

韓国ドラマ『春のワルツ』第12話「愛の宣言」あらすじ

韓国ドラマ『春のワルツ』第12話「愛の宣言」
  チェハとウニョンの練習室でのビデオ…
  イナとフィリップに見られてしまいましたね
  そうなるとは思っていましたが、つかの間の幸せでした

* ***********あらすじ**************
  あのビデオを見てしまったイナとフィリップ
  部屋を出て行くフィリップを追いかけるチェハ
  フィリップはチェハを殴っていた

  「俺はお前(チェハ)の影…人を愛することは悪くない…
   君が初めて愛する人がどうしてウニョンなんだ…
   僕はウニョンを愛している」

  そのころチェハの母親チスクはウニョンにチェハと別れるよう迫っていた
  「あなたはチェハのために何ができるの?私は寝る時間以外はずっと
   あの子と一緒にいた…なんの役に立つの?あなた下心が見えみえよ!
   お金と才能がある人に出会ってシンデレラにでもなったつもり?
   夢を見ているんなら早く覚めなさい
   海苔巻き屋のあなたがチェハを捕まえてボロ儲けね
   愛みたいなつまらないことにチェハを巻き込まないで!!」

  翌日ウニョンがいつものように出勤するとイナから呼び出しが…
  イナの部屋に行くとTVにウニョンとチェハのビデオが映し出されていた
  必死に消そうとするウニョンだが、イナはリモコンで何度も…怖い…
  
  「チェハを撮るのにウニョンさんが映ってる…恋愛ごっこは面白かった?
   知らないの?私がチェハを好きなこと…私たちの仲だけでなく
   親友の仲も引き裂くの?これからどうするか自分で決めなさい!」

  家に戻ったウニョンは泣きながら退職願を書いた

  チェハはまたガム売りの子に会い、靴を買ってあげた
  カングをいう名前の男の子にあなたの名前はと聞かれ、「イ・ス…」
  と言いかけるが…
  カングの父親にTVに映ったチェハがスポンサーだと言うが、
  父親は自分の息子のイ・スホであることに気づかなかった

  退職願を出したウニョンが外に出ると、チェハが待っていた
  今日はチェハがウニョンのロードマネージャーになると言うのだ
  チェハが運転する後ろの座席であのときのマネをしたウニョン…
  一日が終わり
  「これで仕事は終わり!最後です」
  チェハはウニョンの言葉の意味が理解できなかった
  ウニョンは別れ際にチェハの手にキスをした

  ウニョンが辞めたことを知ったフィリップはウニョンの元に向かい
  逃げてはいけないと説得する
  「知らなかったんです…好きになってはいけない人って…
   他の仕事を見つけます。チェハさんには言わないで
   もう謝るのはイヤなんです、元のパク・ウニョンに戻ります」

  母の海苔巻き屋に不動産屋とチスクが…
  4500万ウォンで買収したのだ 母親は大喜び
  ウニョンは仕事を探していたが、なかなか見つからなかった

  ウニョンが退職したことを聞き激しく動揺するチェハは、イナと言い争いになる
  練習もしないで街中を探し回った

  チェハの両親(特に母親は)イナとチェハの結婚を望んでいた
  父親の帰国パーティーで二人の婚約を発表しようとしていた

  フィリップとチェハが久しぶりに話していた
  君にとってウニョンはどんな存在?というフィリップに
  「彼女を見ていると、辛くて、切なくて、いとおしい…」
  その答えにフィリップは現在はチェハのほうが一歩リードしている
  ウニョンを見つけて笑わせたほうが勝ち
  と、チェハをライバルとして堂々と戦うことを誓い合った

  ウニョンを見つけたチェハは黙ってウニョンを連れ出し、車を走らせた
  湖畔に着いた二人は
  「僕についてくるのが君の仕事だろ?」
  「気楽な事言わないで。これ以上チェハさんを困らせたくない
   ご両親とフィリップと仲良くして…」
  ウニョンは去ろうとするが
  「逃げないで…側にいて…二度と逃げないで…愛してる」

  帰国パーティーではイナが喜びを隠せないでいた
  自分のチェハの婚約が発表される…
  なかなか現れないチェハを心配する人々
  チェハは会場にウニョンを連れて行く
  父親のスピーチが始まった直後チェハとウニョンが現れた
  「僕を信じてここにいて」
  「紹介します。僕の愛する人…パク・ウニョンです」

  ウニョンは会場を飛び出しバスに乗って行ってしまう
  後ろから追いかけるチェハ
  フィリップは…
  イナは…
  チスクは…

                           第13話へつづく 
EDIT  |  01:12  |  『春のワルツ』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.23 (Sat)

韓国ドラマ『春のワルツ』第12話「愛の宣言」まだかな~

やっと『春のワルツ』の日がやってきました!
このつかの間の幸せの描き方が大好きなんです
『冬のソナタ』でもそうでしたが・・・
チェハをウニョンの二人の様子、何度見てもかわいらしく、見ているこっちが
恥ずかしくなってしまうような・・・
でも今週繰り返し見ていました
今までは『冬のソナタ』が一番だな~なんて思っていましたが、
10話あたりからどんどん『春のワルツ』にはまってきて、今では『春のワルツ』が一番!
最終話まで見ないと判りませんが、今のところ初めて『冬のソナタ』を見たときの
感覚に似ているんです
チェハとウニョンを思い出しながら、何だか胸がいっぱいになって食事がのどを通らなくなったり・・・
チュンサンとユジンのときもそうだったな・・・
でも『春のワルツ』の方が、ちょっと若くてかわいらしいかな?
そんな感じで一週間待っていました!
今日は時間がずれていますから、間違えないように見ましょう!!

  11時35分だったかな?
EDIT  |  18:25  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.22 (Fri)

韓国ドラマ『秋の童話』第12話「傷口」あらすじ



韓国ドラマ『秋の童話』第12話「傷口」あらすじ

  ウンソが倒れたことをジュンソに知らせたとき、ジュンソがユミと居ることを知った
  テソクは自分がウンソを守ると心に誓った
  ウンソが倒れたことを聞いたジュンソはアトリエを出ようとすると
  「運転に気をつけて・・・私は待っているから」
  
  ジュンソとウンソが別れたことを知ったテソクは
  「そんな簡単な気持ちで俺を捨てたのか!俺の苦しみはどうなる・・・」
  スニム(ウンソの産みの母)にジュンソはユミと結婚することを伝えるウンソ
  スニムは全てを理解し、ウンソを優しく抱きしめた

  シネからジュンソとウンソが別れたことを聞きウンソの元を訪ねるキョンハ
  「ジュンソのことであなたが苦しむのなら許してあげればよかった・・・」
  「お母さんたちを困らせてごめんなさい」
  
  ある夜アトリエに父方訪ねてきた
考え直してくれて良かった、時間が解決してくれる・・・と言う父に
  「教えてくれ・・・お父さんならどうする?どうしたら過去にできる?
   忘れられなかったらどうやって生きていけばいい・・・?」

  ホテルでは『ユン・ジュンソ展』の準備をしていた
  ソウルから戻ったテソクはウンソにプロポーズするが、ウンソは答えられなかった
  
  市場で買い物をするウンソの姿を偶然見つけたジュンソは思わず後を追った
***************************************
  あの日自分はあの場所に行かなかった
  自分の愛は錯覚だった・・・
  自分はテソクと幸せになる
  話したいことはたくさんあるけど、口にしてはいけない
***************************************
  
二人は別々の場所に帰っていった
  
  ジュンソからウンソがテソクとよりを戻したと言っていたことを聞き
  怒りがおさまらないテソク
  「ジュンソの気がおさまれば俺の気持ちはどうだっていいのか?」
  ジュンソの個展にそのままのりこみ、ジュンソの前でわざとウンソとの仲を見せ付けた
  本当にヨリが戻ったとジュンソに言うウンソに
  ジュンソと二人で居るところを目撃したユミの母親がウンソをののしった
  かばうジュンソの姿に余計に怒りが増してしまった
  テソクが割って入りウンソを連れ出した

  病院で白血病の疑いがあると言われるウンソ
  父親を白血病で亡くしていたウンソはショックを受ける

                        第13話へつづく
EDIT  |  12:38  |  『秋の童話』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.22 (Fri)

韓国ドラマ『秋の童話』第11話「病魔」あらすじ



韓国ドラマ『秋の童話』第11話「病魔」 あらすじ

  アトリエでジュンソはユミの荷物の整理をしていた
  そのアトリエにユミがやってきた
***********************************
  全部もって帰る・・・荷物も思い出も全部持って帰る
  自分がジュンソを思う気持ちと同じ気持ちでジュンソがウンソを
  愛しているなら別れるはずない
  私たちは結ばれない運命・・・
***********************************
  
やけに潔いユミ
  『幸せに・・・』そう言って二人は別れた

  ウンソのホテルに父親が訪ねてきた  母親が倒れたと・・・
  駆けつけたウンソと父親に
  「ウンソのせいでママが倒れたのになぜ連れてきたの?」
  シネが責めた
  
  「悪いのはお父さんとお母さん・・・ジュンソとウンソを無理やり引き離したから・・・
   責任は二人にある、苦しくてたまらない」

  母親の言葉に自分のしていることを責めるウンソ
  父と母とウンソの三人でどこか遠くに行こうという父親に
  ウンソはただ謝るだけだった
  そこのジュンソが入ってきて、
**************************************
  ウンソがアメリカに行くなら自分が行く
  お父さんが妹であることを否定したのに、今になって妹だから結婚できない?
  僕は絶対に結婚する! お父さんに縁を切られても自分はウンソと幸せになる!
  やっとこの手をつかんだのに・・・二度と離さない
**************************************

  ウンソの手を取ったままジュンソは家を出てしまった

  お父さんとはケンカ、お母さんは病気、テソクとユミまで傷つけた
  自分たちは間違っていると言うウンソに自分の気持ちに正直になって
  幸せになろうと必死に訴える
  牧場で二人で暮らそうと約束した二人のところにユミの母親から
  ユミが自殺を図ったと一報が入る
  二人で病院に駆けつけると
  命に別状はないが、右手は元通りになるか判らないと医師に言われる
  ユミにあわせてほしいと懇願するジュンソを拒み続ける母
  ジュンソは病院、ウンソはホテル・・・二人はすれ違いの生活をしていた
  
  ホテルではウンソが
  「お互いに自由に生きていこう・・・俺はお前を許さない」
  テソクに言われていた
  やっとユミに会うことができたジュンソは
**************************************
  あの頃に戻りたい・・・自分を描いてくれたあの浜辺へ・・・
  あなたは私に何もできない、大丈夫だからもう帰ってほしい
  顔も見たくないし、同情もされたくない!もう帰って・・・
**************************************
  

  「明日牧場に行くこと覚えてる?
   いけなくても気にしないで・・・」ウンソの言葉に
  「他のみんなに謝ってもウンソに謝るのだけはイヤだ」と
  翌日予定通り牧場に行く約束をする

  翌日車でウンソのところに向かう途中、ユミが病院から居なくなったと連絡が入った
  ジュンソがあの思い出の海岸に駆けつけるとユミが座り込んでいた
  ジュンソに気づいたユミは海へ入っていった
  止めに入ったジュンソに
  「あなたを失うくらいなら死んだほうがマシ 私を捨てないと約束して!
   捨てないで・・・」
  
  涙を流しながら車を走らせるジュンソ
  隣に乗っていたのはユミだった
  一方ウンソはジュンソの迎えを待っていたがジュンソは来なかった
  「ウンソ・・・お兄ちゃんは行けそうにない・・・待たないでくれ」
  それからウンソと連絡が取れなくなった
  ジュンソはユミと一緒に居ることを約束するしかなかった
  仕方なく戻ったウンソは体調を崩していた
  ジュンソから電話が入ったが、ウンソはもう会うのは最後にしようと決めていた
  アトリエに居るユミに呼び出されたウンソ
  「ジュンソさんがいないと生きていけない・・・ウンソさんごめんなさい」
  ユミの言葉に
  「もうお兄ちゃんはユミさんから離れないから安心して・・・」

  結局ジュンソとウンソは別れることになった
  「汝を許す・・・さようなら・・・」という言葉を残してウンソは帰っていった
  家に戻ったウンソだったが、体調がすごく悪そうだ
  シネからユミの自殺未遂を聞いたテソクはウンソを部屋に呼び出した
  「自分は絶対に死なない!俺を裏切って二人がどれだけ幸せになるか見届けてやる」
  ウンソも「絶対に許さないで・・・」
  部屋を出ようとするウンソだったが、その場に倒れてしまった
  テソクはジュンソに連絡を入れるが・・・

                      第12話へつづく・・・
EDIT  |  12:12  |  『秋の童話』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.21 (Thu)

韓国ドラマ『雪の女王』第6話「あふれ出す思い」あらすじ



韓国ドラマ『雪の女王』第6話「あふれだす思い」

ドック(テウン)はポラがあのときの少女だったことに気がついたんでしたよね
さあ…走り出してそれから…


***あらすじ***
ポラの事を思い出し、ポラの元に駆けつけるドック(テウン)
ポラの元にたどり着いた時にはポラはもうコヌと付き合うことになっていた
「私はまだコヌさんのことを愛していないけどそれでも良ければ
付き合ってください…」


ドックはそのことを受け入れるしかなかった
ポラの父親もコヌのことを気に入ったようだ
相変わらず運転手としてポラの近くにいたが、自分が気づいたことを言い出せずにいた
ある日「二度も約束を守らなくてごめん…」
ポラに言うのがやっとだった

ポラは二度しか会ったことのない人をどうして思い続けていたんだとコヌに聞かれて
「寂しかった時に会ったからかしら…でも最近あったその人は
思っていたのと違う生き方をしていた…」

ある日ポラの父親がドックに話があると…
また学校に行くようにという父親に
「親切にされるとこれからも甘えてしまうような気がして…」
「長い人生だ、ゆっくり考えなさい」
母親の店に顔を出したドック(テウン)
無理やり店の手伝いをするドックに初めて夕飯を作ってくれた
「もし大学に行ったら僕を許してくれる?」

母はチョンギュが死んだときの事を思い出していた
もう勉強できないと言うテウンに「勉強も大学も辞めるなら出て行け」
テウンを追い出した母だった

学校であの変な教授に呼び出され、急にバスケをやることになってしまった
ポラとテウン(ドック)
次々にゴールを決めるドック
いつものポラと違って相手チームに愛想を振る舞いその好きに教授が
ボールを取りあげ、ドックがゴールする戦法だった
いつになく笑顔で愛想のいいポラに戸惑うテウン…
ポラがあのときの少女だと気がついたときから何だか変だ…

ある日テウンの母親がジムにたずねてきて…
「やりたくないことは母さんのために我慢してすることはない
やりたいことをチョンギュに遠慮して我慢することはない
自分のやりたいことをやってももういいんだよ…」

「俺ももうやっていいのか…」

教授の元で「勉強をやり直すのはもう遅いですか…」
一冊の本を渡される…

四人で食事をすることになったとき(ポラ・コヌ・ドック・ジムの娘)
ドックとポラの出会いを聞かれて、病院であった…とうそをつくポラ
後でコヌに事実を話すからドックに黙っているように頼む
相変わらず鈍感なドック…

チャン教授に呼び出されたポラ…
みんなの前で自分の病気の事を告白され傷つく…
「前は死にたかったけど、今はどうしてこんなに死ぬのが怖いのかな…」
そんな彼女の言葉にテウンは声を荒げてしまった
テウンの後を追い彼女が怪我をしてしまい、縫合手術をしなければならなくなったが
彼女は麻酔ができない身体だった
テウンが見守る中ポラは必死に我慢した
テウンはコヌに連絡をいれ、迎えに来てもらった
目が覚めるまで待つと言うコヌ、テウンは複雑だった
テウンは自分の気持ちに気づいたようだ

「ドックさんって…」
コヌが言いかけた。病院でドックがポラに触れようとしていたのを見てしまったのだ

病院でドックさんのことを聞き出そうとするコヌ
そこで偶然ドックとポラの出会いが子供時代だったことを知る
そうポラの初恋の相手はハン・ドック(テウン)だったのだ
ポラの診察に付き添った病院でインターンできていた同級生がドックを見つけ
「ハン・テウン!!」
                          第7話へ続く…
EDIT  |  13:26  |  『雪の女王』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.16 (Sat)

韓国ドラマ『春のワルツ』第11話 「衝撃のビデオ」あらすじ

また『春のワルツ』の日がやってきました!おんぷ
先週からずっと楽しみにしていたんですよね~「ア
先週たまたま寝る前にTVをつけていたら、NHKでハングル講座をやっていて
『春のワルツ』のワンシーンが教科書代わりになっていたんですけど、
ソ・ドヨンの声・・・いいですね~ぽ
日本語吹き替えのチェハの声何だか気になっていたんです・・・
しゃべり方もね
でも本人の声は・・・『春のワルツ』のチェハのイメージにピッタリでした
これはもう一度韓国語で見なければ・・・って思いましたあ


韓国ドラマ『春のワルツ』第11話 「衝撃のビデオ」あらすじ


チェハとウニョンのキスを見てしまったフィリップ…
チェハのアルバムの収録は順調に行われていた
ウニョンとチェハの様子に耐えられず
録音中にもかかわらずフィリップは教会から出て行ってしまう
会議中も二人は言い争いになる…
「自分のことばかり考えてないで、周りの事も考えろ!」  これって・・・

「今日このあと時間ある?」突然食事の誘いをするフィリップ
チェハとイナが待つお店にフィリップはウニョンを連れて入ってきた
お互い何も聞かされていなかった
「あなたたち本当にお似合いね…」
イナの言葉にウニョンもチェハも何も言えなかった
フィリップはわざとウニョンと仲良く振る舞い、その様子にチェハは激しく動揺した
レストランのみんなの前でフィリップはウニョンに愛の告白をし、ピアノを弾いて見せた
まるでチェハに挑戦するように…
その帰り、ウニョンは
「フィリップの気持ち受け取れません。友達でいてください…さようなら…」

一方チェハはフィリップへの友情とウニョンへの愛で苦しんでいた

イナはチェハの母親と三人で食事に行く
イナはチェハの母親を味方につける作戦に出たようだ
その夜両親とチェハで食事中、イナとの結婚を薦められる
そこにフィリップが入ってきて一緒に食事をすることになるが、そのときの
母親の優しさに触れ、フィリップは…
「僕にいいたいことがあるならはっきり言ってくれ」
「これから僕は自分のことだけ考える。僕には一つだけ君に勝っていることがある。この耳・・・
君は全部持ってる…家族・お金・ピアノ・それに今度は…
その中の一つでいいからくれよ!」
「その持っているものが全部他人のものだったら・・・」
その言葉の意味は・・・フィリップは理解できなかった

チェハの父の元にウニョン(病院に入院していたウニョン)の現在の写真が届いた
そこにはあのウニョンが写っていた

チェハはあのガム売りの所に行っていた
連絡先を渡し、困った時は連絡するように言うが、その少年の戻った先で待っていたのは
多分スホ(チェハ)の父親だった
「いいカモが見つかったよ、父ちゃん!!」

ある日ウニョンに普段のチェハの様子をビデオに収めるように頼まれた
反対にチェハはウニョンの撮影をする
二人で並んで楽しくピアノを弾いているところがビデオに写ってしまった
ビデオのことをすっかり忘れてしまっていた
そこにチェハの母親が…

フィリップはウニョンをデートに誘う

ウニョンの母親の海苔巻屋にチェハの母親が現れる
海苔巻きを頼むが一口も食べずに出て行こうとする
そこにウニョンが…
「チェハのマネージャーの仕事やめてちょうだい、何の目的でチェハに近づいたの」
退職金だと言ってお金を渡す母親…ウニョンは受け取りを拒否する
フィリップはその様子を見ていた

「怒っている理由を言え!」と言うチェハに
「母親を何とかしろ!」
両親のところに話に行くと、別れるように強く言われる
「僕は彼女を愛しているんだ!」
つぶれそうになるウニョンの元にチェハから電話が入る…
「今日あったことを話して…何があっても僕たち二人は…」

フィリップが元気付けに店に来てくれたけど、その優しさ答えられない辛さに
ウニョンは耐えられなかった
チェハも「こそこそするのは良くない…フィリップのためにも」
チェハはフィリップの部屋を訪ねる
「言葉を使わなくても通じ合える…母親も・ウニョンも・親友も…」
チェハはフィリップに何もいえなかった

チェハの母親はあの調査書を見て、ウニョンがあのスホと一緒にいた
ウニョンであることを知ってしまった

チェハとウニョンはどこから見ても恋人同士だった
名残惜しいように二人は別れる
チェハをウニョンが知らないところでイナとフィリップがあのビデオを見ようとしていた
チェハが帰りにオフィスに寄ると…
あのビデオを二人が見てしまった

                        第12話へつづく…


『春のワルツ』これからの放送予定

  6月23日(土)午後11時35分~0時28分 第12話「愛の宣言」
              ※放送時間が違いますよ~注意
  6月30日(土)午後11時10分~0時03分 第13話「イナの策略」
  7月14日(土)午後11時10分~0時05分 第14話「涙の井戸」
         ※ 野球中継の延長に注意


EDIT  |  22:14  |  『春のワルツ』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.14 (Thu)

韓国ドラマ『雪の女王』第5話「二度目の過ち」あらすじ



5話の放送が終わった後にヒョンビンさんが出てきましたね!
かっこいいです
吹き替えの人…本人はあんなに軽い雰囲気でしゃべっているんですかね…


韓国ドラマ『雪の女王』第5話「二度目の過ち」あらすじ
  

  ドックがあのテウンだった事に気づいたポラは…
  授業に出ると言ったまま、テウンとの思い出に浸っていてテウンを学校に
  残したまま家に帰ってしまう
  ポラは思い出を箱の中にしまっていた
  その箱の中にポラが描いたテウンの似顔絵があった
  「こんなに似ているのになぜ気がつかなかったのかしら…」

  ポラの学校では教授が提出したレポートをみんなに発表するようにと言うが
  ポラは困ってしまう。教室の後ろの席にもぐりこんでいたテウンがレポートの説明を
  渡そうとするが、ポラは気づかないふりをし、図書館の本を書き写して作り、
  その本が見つからないと告白してしまう。
  先生は許す変わりにみんなの前で歌を歌うようにと言われ、ポラが困っていると
  テウンが変わりに歌をうたった

  帰りにテウンはポラの代わりに歌をうたったお礼に自分のことを
  「お兄さん」と呼んでほしいとからかう
  ポラは
  「おにいさん…(テウンは驚く)…って呼ぶと思った?」
  反対にテウンをからかい走り出すが、倒れてしまった 

  運ばれた病院でゴヌからポラが重症筋無力症であることを聞かされる
  いつも側にいるのだからちゃんと気をつかってほしいと…

  ゴヌから薬を飲んでいないこと、検査をサボっていることを指摘されるが
  「自分の身体は自分で責任を持ちます。かまわないで…」
  「君はがん患者の気持ちがわかるか…君は投げやりになっている」
  攻めるゴヌに
  「15年も治療しているけど、病院に来るのが怖い…」
  そういうポラに
  「もう怖がらないで…僕が守ってあげるから」
  ポラはゴヌの言葉を受け入れなかった

  警察から呼び出されテウンが行くと、そこで母親が一人の女性に
  つかみ掛かられていた
  母親が借金した相手だったが、テウンが持ってきたお金で返済することを
  拒んでいるようだった
  テウンは、二度と母親に手をあげるなと言い、その小切手を渡した
  店に戻って
  「母さんはお前に会いたかった…一度でいいから会えれば生きていけると思ってた…
   でも会ったら生きていくのがイヤになった…落ちぶれたお前を見るのは…
   生きていく気力が失せた…二度と会わないことにしよう」
  母親に言われ、ショックを受けるテウン
  夜の街をさまよった

  ジムではポラと会長の娘がテウンを心配していた
  ポラが帰ろうと外に出るとテウンが歩いてきた
  ポラはテウンにくってかかるがテウンは力なく「ごめんな…余裕がなくて」
  と言うだけだった
  ポラはそんなテウンに怒りをぶつける
  「今だけは一人にしてほしい…」テウンは静かに頼んでいたがポラは聞かない
  「放っておいてって言ってるだろう!お前には関係ない!一人にしてくれ!」
  大声を出してしまったテウン

  テウンはすぐに謝ってその場を去ろうとするが
  「ねえ…ご飯は食べたの?」
  二人は屋台に行き、そこでテウンの話を聞き、お母さんが原因であることを知る
  苦労ばかりかけてきた母親に親孝行しようと思ったら、拒まれた…
  そんな話に
  「明日も行きなさい!明日も明後日も…お母さんが許してくれるまで通いなさい
   お母さんは8年間も待ったんだから」
  翌日からテウンは毎日母親の店に顔を出した
  学校ではポラの監視役をして薬の世話をするようになる

  空港に父親を見送りに行くポラとテウン
  飛行機を見ながらテウンはラップランドに行きたがっていた少女と
  以前空港に来たことがある…滑走路を走った思い出も…
  「その子ってどんな子だった?」
  「小さくてかわいい子だった。でも何となく悲しそうだった。そうだ、
   お前に良く似てる…」
  高飛車なところが良く似てる…次に会う約束をしていたが行けなくて…
  そう言うテウンに
  「なぜいけなかったの?」
  理由を聞きたかったが、テウンは言わなかった
  ただ「思い出せない…」
  その言葉にポラは納得できない
  でもテウンは忘れてなんかいなかった…

  ポラは突然滑走路に入り込み
  「あなた最低よ!忘れたですって?あなたって本当にひどい人ね!
   私のこと忘れたっていうの?私がその子なの!なぜ気がついてくれないの?
   今度会ったら名前を聞くって言ったじゃない!私はキム・ボラよ!」
  飛行機にエンジン音でテウンには聞こえなかった
  「でもお兄さんまた会えただけでも、うれしい…」心の中でそう言った
  
  ある日ポラは思い出の場所である遊園地にいってほしいとテウンに言う
  「土曜日の午後2時に遊園地の前に…
       あなた、今回はすっぽかさないでね!」

  テウンの鈍さにあきれるポラだが、土曜日に遊園地に行ったら自分が
  あのときの高飛車な女の子であることを楽しみにしていた

  コヌがジムに訪ねて来て、ポラとの事を協力してほしいと頼む
  テウンはポラがコヌのことが好きだと誤解していたので
  自分の代わりに遊園地に行くようにコヌに勧めた

  ポラは朝から熱心に支度をしていた
  遊園地に着いたのはポラが先だった
  あの時と同じように雨が降ってきて、あの日のことを思い出すポラ…
  そこに傘が差し出された
  ポラがうれしそうに振り向くと…またテウンは来なかった

  その日酔っ払ってテウンのジムに行くポラ
  どうしてこなかったと聞くポラにコヌがポラと行きたがっていたから…
  「私には許せない人間がいる。自分が何を間違ったか気づかない人間、
   同じ間違いを二度繰り返す人間…絶対許せないし、軽蔑する…」

  そういい残してポラは出て行った

  ポラが家に戻るとコヌが待っていた
  ポラをあきらめようとお別れの言葉をいうコヌ
  「誰かを待ち続けることは確かに辛くて寂しい…でも胸がときめくんだ…」
  コヌの言葉がポラの気持ちを動かす

  テウンはポラ内意残していった言葉を考えていた
* ********************************
   同じ間違いを二度繰り返した…?
   土曜日の午後2時遊園地の前…
   今回はすっぽかさないでね
   今回…
   実はある人との思い出の場所だから…
* *********************************
   
   テウンの脳裏にあの少女との思い出がよみがえる…
   ラップランド…
   テウンはポラがあのときの少女だったことに気がついた
   走り出すテウン

   ポラはコヌに
   「私は忍耐力がないし、持っているのは病気だけ…
    なによりコヌさんを愛していない…でもそれでもかまわないなら
    私と付き合ってください」

                    第6話へ続く・・・
EDIT  |  23:28  |  『雪の女王』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.13 (Wed)

韓国ドラマ『秋の童話』第10話「約束」 あらすじ

 韓国ドラマ『秋の童話』 第10話 「約束」


スニム(ウンソ産みの親)にウンソがジュンソと駆け落ちしたことを伝えるテソク
必ずつれて帰ると約束し、居場所の心当たりを聞く

一方駆け落ちした二人は幸せなひと時を過ごしていた
ウンソの働くホテルにも、ジュンソの職場にも駆け落ちのことは知れ渡っていた

駆け落ちした場所にあるウンソの木…
その木に自分の名前が彫ってあるのを見つけ、ウンソの初恋の相手が自分(ジュンソ)であることを知る
そしてウンソの誕生日にジュンソはプロポーズした

二人が出て行った後、キョンハ(ジュンソの母)は体調を崩し寝込んでいた
ウンソの誕生日の朝、シネの前でウンソのことで言い争いをする両親
「ウンソの誕生日は私(シネ)の誕生日でもあるの!!いつかこうなると思っていた」

ウンソはスニムに電話をいれる
 「お母さんごめんなさい…でも、今幸せなの…」
牧場で元気にしていることを伝えたが、それを兄に聞かれてしまい居場所がばれてしまう
電話を切った後、突然の鼻血…

ウンソの兄から居場所を聞き出したテソクは二人のいる牧場へ向かう
牧場ではふたりで誕生日のお祝いをしていた
二人は明日帰ろうと話し合う
「自分を信じて着いて来るだけでいい」というジュンソに
「みんなが傷つく…  今この瞬間が幸せ…」
ふたりが部屋に戻ると、そこにテソクがいた
婚約指輪をしているウンソを見てテソクは動揺する
ジュンソはウンソと結婚するとテソクに伝える

よく朝テソクは二人を連れて帰ると、ジュンソの実家ではユミとユミの母親が来ていて
ジュンソの両親に詰め寄っていた
ジュンソはみんなの前でウンソの手を取り、結婚することを伝えた

ウンソをつれて二人でアメリカに行こうというキョンハ
ウンソはつらい気持ちのままスニムの待つ家に帰る
「養女になってテソクと結婚しなさい」
「もう後戻りはできない…」というウンソに
「私はあの家に戻ってかわいがられるウンソが見たい
 それが母親の私の願い…お願いだから別れてほしい…」

ジュンソはテソクに殴られていた
  一発は両親の分、二発目はユミの分…
「頑張ったんだギリギリまで…でも、もうだめだ…誰かを傷つけても一緒にいたい
 あきらめられない…」ジュンソの決意は固かった

ウンソはジュンソにTELをいれる
「私たち…」ウンソが言いかけると
「何も考えるな、幸せになろう」と言葉を遮った


「俺を愛したことは一度もないのか?」職場に戻ったウンソにテソクが問いかける
「一度もなかった」はっきり答えるウンソ

怒りと絶望感から部屋を飛び出したテソク…
戻るとあのネックレスが置かれていた
ウンソの家の前で出てきてほしいと叫ぶテソク
ウンソは出て行かなかった
テソクが去って行った後、玄関には 花が置かれていた
「ごめんね…私を許さないで…」ウンソの気持ちは張り裂けそうだった

                   第11話につづく…
EDIT  |  22:52  |  『秋の童話』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.10 (Sun)

見ました?SmaSTATION!!の男性韓流スターランキング!!

 

日本女性が好きな男性韓流スターBBEST10・・・
 つい見てしまった・・・『春のワルツ』の放送時間と重なっていてすごく迷ったけど、
 韓流スターの最新情報が見られるって言っていたのでそちらを優先してしまいました
もちろん『春のワルツ』は追っかけ再生で見ましたよ!!
 BEST10に興味があるけれど、そのランクインされた人の名シーンが見られるんだから!
 と思ってみたけれど・・・
 私のランキングとはかなり違っていたことがショックでした
 見ている作品が少ないからなんでしょうか?
 私にはちょっとショックな結果でした
 皆さんには納得の結果だったのかな~
 私の勝手な感想と共にランキングの発表です!!


 第10位 カン・ドンウォン
           ごめんなさい・・・私知らなかった
           でも見た感じあまりピンと来ない
           作品を見ていないからかな?
 第9位  チ・ジニ
           知らないって思ったらチャングムの・・・
           チャングムではかっこいい!!って思っていたんだけど
           スーツ姿を見たら・・・イマイチ
 第8位  リュ・シウォン
           私はこの人だけはまったく興味なし!
           『冬のソナタ』『天国の階段』『夏の香り』が彼でなくて良かった
 第7位  ソン・スンホンうる
           なんで!!なんで7位・・・悲しいですnamida
           私のBEST3には入っているのに
 第6位  パク・ヨンハにへへ
           私も大好き!!6位はちょっと残念だけど・・・ 
           『冬のソナタ』ではサンヒョクが好きだったんだ!
 第5位  ウォンビン
           今『秋の童話』を見ているから注目してます!
           でもあまりピンと来ていなかったのはソン・スンホンが出ているから?
 第4位  チャン・ドンゴン
           『イヴのすべて』45.2%!見てみようかな
 第3位  クォン・サンウ
           私は肉体美には興味はないけど、『天国の階段』は見ました
           あの中の彼は良かった
 第2位  イ・ビョンホン
           これは理解できないです
           私は好きになれないしこれからも好きにならない自信がある
 第1位  ペ・ヨンジュンうるうる
           やっぱ『冬のソナタ』か・・・私も大好き
           その中でもミニョンさんが大好き!!

****************************************

  結果を見るとやっぱり私の見ている作品数が少ないから
  こんなに差が出てしまうんですね~
  これから時間を見つけて見るようにします
  ヨン様とチェ・ジウの競演作品で『初恋』の最終回の視聴率がまだ破られていない・・・
65.8%だったとかビックリみっちゅ
  それって、『冬のソナタ』でも記録が破れなかったってことですよね?
  絶対見ます!!
  それから『太王四神記』のヨン様は凛々しくていいですね~
  早くみたいです

  だけど『雪の女王』のヒョンビンがランクインしていなかったのは悲しいわ・・・
EDIT  |  02:15  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.10 (Sun)

韓国ドラマ『春のワルツ』第10話「かけがえのない友」 あらすじ

韓国ドラマ『春のワルツ』第10話「かけがえのない友」

かけがえのない友って誰のことでしょうね?
ウニョンが誰かを恋人でなく友人として付き合っていくことを選択するんでしょうか
それともチェハがウニョンを思うことで、フィリップとの関係が…
予告がどんなだったか忘れてしまって…
そのほうが話の展開がわからなくていいか
* ****************************
やっと見終わりました…
見ようと思ったらSmaSTATION!!で韓流スターランキングをやっていて、思わずそちらを見てしまった!
BEST10の最新情報が見られるって言っていたから、私の好きなソン・スンホンとか
ペ・ヨンジュンとかパク・ヨンハの情報があるかな~って…
ランキングの発表が終わってから見たので、遅くなってしまった
でも、『春のワルツ』私は『冬のソナタ』と同じくらい好きですよ!!
今日も胸がいっぱいです!


『春のワルツ』第10話「かけがえのない友」あらすじ

朝、チェハとウニョンが帰ると、イナが飛び出してきた
ウニョンを見るなり、ウニョンが髪を縛っていたハンカチを取り上げる
ウニョンは驚くが、それはイナがチェハにプレゼントしたものだったから仕方がない
イナは怒りを抑えられないまま部屋に入ってしまった
「私をバカにしないで…」

一方ウニョンもフィリップにたしなめられていた
 「人の心を傷つけてはいけない。何度も電話したんだ…」
ウニョンはフィリップに心から謝り、昨日二人に起きたことを全て話した
フィリップはイナにそのことを説明するが、
 「チェハのことは信じられるけど、ウニョンのことは信じられない!」
そう言うイナをフィリップは注意し、イナもこれから態度を改めることを約束する

謝りに来たウニョンにイナは
 「誤解が重なると元に戻れなくなる…」とウニョンに釘をさした

 フィリップとバーで飲んでいる時
  「心の中を全部彼女に見せられたら…」チェハがつぶやいた
                    この彼女ってどっち?
ある朝ウニョンがチェハを迎えに行くと、そこにチェハの母親がいた
ウニョンが出て行った後
 「あの子でないとダメなの?私は気に入らない!母さんがいやだといってもあの子を使うつもり?」
外でチェハを待つウニョンにチェハの父親が
 「君、出身はどこ?」 
 「ソウルです」*****見栄をはった答えなんですね

相変わらずギクシャクするチェハとウニョン
入ったレストラン?で生演奏していたあの曲…冬ソナで流れた曲?

道で突然ウニョンの手を取るチェハ…驚くウニョンに
 「こうしていこうよ、これからは意地をはらないで…」

家に戻ってからウニョンはチェハの話ばかりしていた
聞かされていた友人に、ウニョンのチェハへの気持ちを指摘され、ドキッとするウニョン

一方チェハはウニョンと手をつないだあの時の事を思い出しながら作曲をしていた

アルバム制作が進んでいたある日、
 「顔がかわいくなくて、性格が悪くて、口が達者で、態度がでかいやつ どう思う?
  その人が好きなんだけど…」

そういうチェハにウニョンは
 「私に恋の相談ですか?」気づかないふり?をする
いい雰囲気になっている二人の元へイナが…
 「みんなにコーヒーお願い」 ********なんだかな~アップロードファイル
イナはチェハにこんな「ところに住みたい」なんて話しかけるが、
チェハはウニョンをずっと見つめていた

チェハの父親はあのウニョン(入院していた)を探していた

ある夜ウニョンが寝ているとチェハから電話が…
 ウニョンが耳にあてると チェハが奏でる優しいピアノの音色が…
 
 レコーディングの朝、チェハの態度はいつもどおりだった
 ウニョンは少しだけがっかりしながらもレコーディング会場に出発しようとすると
 一緒に行こうとイナが迎えに来た
 チェハと久しぶりのデートを楽しみたいというイナに、チェハはウニョンの車で行くと言い、
 さっさと乗り込んでしまった
 ウニョンは戸惑ったが、チェハは音楽祭に行ったとき、ウニョンの運転する
 スクーターに乗ったときのことを思い出し、ウニョンの真後ろに座った
 到着したレコーディング会場の教会についたチェハはイナに
 「友達でいよう…」というが、イナは聞き入れなかった
 
 久しぶりにフィリップと連弾したり、散策したりしたチェハはあらためて
 フィリップが大切な友人だったことに気がつく
 しかしウニョンのことも気になってレコーディングに集中できない
 
 レコーディング中上から落ちてきたステンドグラスからウニョンを守ったフィリップ
 「僕は君にとってそんな存在?ウニョンさんは君にとって
  命を捨てられるほど愛している存在?」
 チェハはフィリップが自分のことをかけがえのない友人だと思っていること
 その友人が命をかけて愛しているウニョンを愛してしまった罪悪感から
 教会で懺悔をする
 「愛してはいけない人を愛してしまいました。
  かけがえのない友人が愛している人を僕も愛してしまった…」


  チェハの態度の変わりように戸惑うウニョン…
  些細な失敗を容赦なく攻め立てる
  傷ついたウニョンは部屋で一人泣いていた…チェハも辛かった
  ウニョンは突然のチェハの変化に納得できず理由を聞きにいく
  「珍しかったからからかっただけ…」と心にもない言葉をウニョンに言ってしまう
  これもウニョンへの気持ちを断ち切るためだったが、泣き崩れるウニョンをみて
  気持ちを抑えることができず、ウニョンにキスしてしまうがそれをフィリップに見られてしまう…

                    第11話につづく… 
EDIT  |  01:38  |  『春のワルツ』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.09 (Sat)

明日は韓国ドラマ『春のワルツ』第10話ですよ!!

明日9日は韓国ドラマ『春のワルツ』第10話「かけがえのない友」の放送の日ですね!うるうる

9話ではチェハとウニョンはお互い意識していたし、何よりチェハの方が
どんどんウニョンに惹かれているようですね…
これからどんな展開を見せてくれるのか、楽しみ?ちょっと怖い…
やっぱり一筋縄ではいかないんでしょうね絵文字名を入力してください
イナのチェハに対する思いは深いものだし
    『冬のソナタ』のチェリンみたいだし…
チェハの母親は子離れが出来ないし…これからどんどん邪魔をしていくんでしょうね
    『冬のソナタ』のサンヒョクのお母さんみたいだし…
フィリップはこのまま優しい広い心のままのフィリップでいてほしいな~「ア
チェハとウニョンはいつお互いの心の中にいるスホをウニョンだと気がつくのでしょうか
誰が先に気がついて、どんな風に隠していくんでしょうね
やっぱり隠すんですよね…きっと…
早く明日にならないかな~おんぷ

  

  放送予定
   第10話 「かけがえのない友」6月9日(土)午後11時10分~
   第11話 「衝撃のビデオ」  6月16日(土)午後11時10分~
   第12話 「愛の宣言」    6月23日(土)午後11時35分~野球に注意!
   
第13話 「イナの策略」   6月30日(土)午後11時10分~
EDIT  |  00:05  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.07 (Thu)

韓国ドラマ『雪の女王』 第4話「8年目の再会」 あらすじ

韓国ドラマ 『雪の女王』第4話「8年目の再会」
   やっと一週間が過ぎました!
   ここのところ『秋の童話』を借りることが出来たため、何だか
   『秋の童話』ばかりになってしまいました
   やっと『雪の女王』の更新が出来ます!
   今日はポラとドックが8年前に出会っていたポラとテウンだと判るんですよね

  『雪の女王』第4話「8年目の再会」  あらすじ

  ポラの運転手としてポラと行動をするドック(テウン)は
  あれやこれやポラの注文を黙って聞いていた
  ポラはエレベーターの中でわざと周りの人に聞こえるように
  「3000万ウォンの借金はどうして?」
  いろいろけんかを吹っかけるようなことをいうが、ドックは相手にしない
  面白くないポラはドックに消えるように言うが、聞かず突然車に乗り込み
  壁に突っ込んでいった
  ドックが上司にしかられるがポラは「まだまだこれからだ」と言う
  
  ドックは3000万ウォンを渡すが、母親の反応はひどいものだった
  手料理すら食べさせてもらえなかった
  「こんなに簡単に持ってこられるなら、金額を吊り上げればよかった」

  ポラは病院でお見合い相手に付き合ってほしいと言われるが、
  「子供の時から好きな人がいる…」とうそをつく
  
  ドックはポラの父親から運転手以上の働きをするように言われる
  そのときわざと碁盤にのっている碁石をくずし、ドックの反応をみた

  ドックは病院にポラを迎えに行く
  ポラを学校まで無理やり連れて行くドック
  ポラは抵抗するが会長の命令だから…とドックは言うことを聞かない
  ポラは走っている車から飛び降りた

  ジムに母親が訪ねてきた
  会長から家を出てからのテウンのことを聞いた
「あのこ、ここで何をしているのでしょう?」
 ボクシングをしていることを聞きショックと怒りで帰ってしまう

 病院で医者にくってかかるドック
 その内容は医者顔負けだった…
 ここで初めてポラのお見合い相手と顔を合わすが、お互いに知らない

  パーティー会場でドックから開放されるため、以前あったお金持ちのボンボンを誘惑するが、
  トラブルになり、またまたドックが助けに入る
  ポラはドックから離れたくてあの男に声をかけたと言い、それを聞いたドックは
  「あの男について行く位に俺の事が嫌いか?そんなに嫌いなら会長に言って辞める」
  その言葉にポラはショックを受ける

  翌日、ドックに勝手に辞めることは許さないといい、学校に向かった
  ドックは大学でチョンギュのことを思い出していた…
  図書館でポラの数学のレポートの調べ物の手伝いをするテウン
  そこでテウンとチョンギュを結びつけた学会誌を見つけ、時間を忘れて読みふけった
  1時間17分ずっと読み続けていた…

  病院ではあの時テウンが言っていた症状が当たっていた
  医学生に間違えるくらい的確な判断だった

  ポラの大学でレポートの代筆を断ったコヌ(お見合い相手)に会った
  昼食を食べながら、コヌがどうして医学生と思ったのか聞くと
  病院での出来事を語った
  ドックはポラのレポートを提出する時、書いていないところを補っていた

  ポラはコヌに初恋の相手のことを語った
  「あのお兄ちゃん・・どこにいるのかな…」

  ポラは学校でレポートを返してもらっていた
  あまりにすばらしいレポートで、次回発表するように言われる
  みると完璧に書かれていた

  ポラはドックがどうしてこんなに出来るのか不思議でならない
  「ドック!あなたは何者?」ハン・ドックは適当に答える
  特に数学のレポートについては、本を写したと言うが、その本が見つからない
  そのとき偶然『雪の女王』の本を見つける
  「雪の女王の住んでいるところ知ってるか?」というドックの問いに
  「ラップランド…」ポラが答える
  「どうしてそんなこと知ってるの?」
  「高校の時に家出した事があって、その時であった女の子から聞いて知っているんだ
   そのときの女の子は…」
  
  そうハン・ドックはあのときの高校生テウンだった…
                    第5話 2度目の過ち へ続く…


   ヒョンビンってとってもかっこいいんですね~うる
   『アイルランド』に出ていた人に似ているような・・・
   雰囲気が違うから自信がないけど・・・
   どうだったかなソ猝ヨ


EDIT  |  20:43  |  『雪の女王』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.03 (Sun)

韓国ドラマ『秋の童話』第9話「衝動」あらすじ



韓国ドラマ『秋の童話』第9話「衝動」

* ********************************
生まれ変わったら木になりたい
思いを寄せるその人だけを見て生きていきたい…
* ********************************

ウンソがいった言葉から、マネージャーはウンソがテソク以外の人を
愛していることを悟った

ある日4人とジファン(ジュンソの先輩)マネージャー(今はウンソのよき理解者)の
6人でアトリエの集まった時のこと…
周囲の人間がジュンソとウンソの気持ちに気づいているとも知らず、過ごしていたが
テソクがジュンソの財布にもウンソと写したプリクラが貼っているのを見つけ
みんなの前で言ってしまった
「ウンソはジュンソを愛しているんだ!」

翌日謝るウンソにテソクは
「このままジュンソを愛したままでいい…自分はどんなに傷ついてもいいから
一緒にいてほしい…」
と言い、
ウンソの母親(スニム)に結婚をさせてほしいと言いに行った
戸惑ったスニムはキョンハ(シネの生みの親・ウンソの育ての親)に会いに行き
ウンソを養子として引き取ってほしいとお願いする
ウンソの結婚に自分たちの存在が邪魔になると考えたのだ
二人の母親の話を立ち聞きしたシネはスニムに怒りをぶつける
スニムに本当の姉妹のようにウンソと仲良くしてほしいと諭されるが
「本当の両親も、好きな人も全てウンソに奪われた!絶対に仲良く出来ない」

怒りがおさまらないシネはジュンソのアトリエに行くがジュンソは居なかった
待っている間に、あの手紙を見つけて読んでしまう…

ある日ジュンソ両親から大事な話があると、実家にみんなで集まると…
ウンソを養子にすることに決めたというジュンソの両親の言葉に
ジュンソとウンソは凍りつく
その沈黙をシネが破った!!
「ジュンソとウンソは愛し合っている!養子なんて認めない」
あの手紙をみんなに見せてしまう
ジュンソの両親はショックを受け、ウンソとジュンソに真実を確かめる
二人は本心を告白し、家を出た
「一緒に逃げよう…」暗闇の中二人はバスに乗り込み…

残された人たちにショックは計り知れなかった   シネ以外は…
海岸で二人が対面した時のことを思い出し、そこに向かうテソク

バスの中では「きっとバチがあたる…」と言うウンソに
「罰は僕が引き受ける」

ユミもテソクと同じ海岸に来ていた
本当に駆け落ちだったらどうしよう…絶望感が二人を襲う
EDIT  |  23:38  |  『秋の童話』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.03 (Sun)

韓国ドラマ 『秋の童話』第8話「背信」あらすじ



ユン・ソクホ監督の描くドラマって本当に切ないです
そしてひとつひとつ丁寧に描いているから、重たくって…
日本のドラマと違って最終回までが長い分、苦しさが長く続いて…
お互いの気持ちがわかるので、本当に苦しい…




韓国ドラマ『秋の童話』第8話「背信」あらすじ

  母親に兄としてウンソを守っていってほしいと頼まれ、自分の心を抑えて
  兄としてウンソを愛していくことを決意したジョンソ
  テソクを飲みに誘い、そこでウンソの思い出話を切なそうにする
  テソクはジュンソの様子から何かを悟ったようだ…

  ジュンソはユミに電話をして二人で会い、これから努力していくことを誓う

  ジュンソのアトリエにジファン(先輩)が帰ってきて、ウンソはホテルの寮に戻ろうとするが、
  シネが裏から手を回し、却下されてしまう
  仕方なく実家に身を寄せようとするが、スニム(生みの親)は出て行けと追い返す
  ウンソは向こうの家族に会わないから入れてほしいと懇願するが母親は受け入れない
  ウンソがジュンソに会ったことを知り、元の家に戻ったほうが
  ウンソは人並みの生活が出来ると考えたからだった
  どこにも行く所が無いウンソは…
  気がつくとジュンソのアトリエに来てしまっていた
  見るとそこにはユミがいた
  ジュンソに会ったが、行く所が無いことを言い出せなかったウンソは
  「忘れ物を探しに来た…」と言うのがせいっぱいだった

  テソクは何も知らずに寮の前で待っていた
  ウンソが寮に入ることを断られたことを知ったテソクはウンソを探しに出る

  ウンソはジュンソとの別れ際に抱きつき、「私たちは兄妹に戻るんだから…」
  二人は決意するが、その姿をテソクに見られていた

  翌日ウンソは自分の気持ちを素直に手紙に書き、ジュンソに送った
************************************
  お兄ちゃんだけどお兄ちゃんじゃない・・・愛しています・・・
************************************  


  ジュンソをユミ、テソクとウンソはそれぞれ交際を続けた

  ある日テソクはウンソの財布にジュンソとウンソの二人で撮ったプリクラが貼ってあるのを見て
  「結婚しよう…」

  ジュンソのアトリエにウンソから電話が入る
  二人で会い、明日二人でハイキングに行くことにする
  二人とも後ろめたさは会ったが、結婚したら今のように会えなくなる…
  兄妹として一緒に行くんだから…と、言い聞かせていくことにしてしまう
  ジュンソはユミにウンソはテソクにうそをつき、夕方までの約束で出かけていった

  二人でハイキングを楽しんでいたが、急な大雨で道が封鎖されてしまい
  帰れなくなってしまった
  二人はお互いにうそをついて来ていたことを告白した
  ジュンソはユミに、ウンソはテソクに帰れなくなったことを連絡するが、
  テソクとユミはジュンソのアトリエにいた…
  テソクとユミは疑心暗鬼になるが、お互いに結婚を早くしようと決意しあう

  ロッジでの夜、「僕が先に死んだら誰がウンソの面倒を…」というジュンソに
  「生きながら分かれるのはもうたくさん…私が先に死ぬの…」
  ウンソが先に死ぬ時は自分が側にいるとウンソに約束する

  眠れぬ夜を過ごしたテソクだったが、何も知らずに帰ってきたウンソを
  何もいわずに抱きしめた…
EDIT  |  23:03  |  『秋の童話』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.03 (Sun)

韓国ドラマ 『秋の童話』第7話あらすじ



やっと『秋の童話』を見ることが出来ました!!
借りてくるのにずいぶん時間がかかってしまいましたが、やっと・・・
見終わりましたが、本当に苦しいドラマですね
食欲がなくなってしまった
『冬のソナタ』を見たときもそうなってしまったけど、今回も回復するのに時間が
かかりそうです
でも、本当に良く出来ていると思います
それぞれが抱える気持ち・・・
どうしようもない運命・・・
まだまだこれからですが、どうなっていくのでしょう・・・


韓国ドラマ『秋の童話』第7話「本心」
  
  ジュンソ(ソン・スンホン)が家に戻るとそこにはユミがいた
  彼女の表情を見て異変に気づき、話があると彼女に自分の気持ちを話そうとする
  「早く結婚しましょう…もう私のことを愛してないの?」ユミの言葉に
  「愛そうとしたんだ…」
  ジュンソはユミに本当のことを話そうとするがユミは聞き入れようとせず
  絶対に諦めないと言い残して帰ってしまう

  一方テソク(ウォンビン)はマネージャーを元に戻したことをウンソに伝え
  自分と一緒にいてほしいと頭を下げた

  ジュンソのアトリエにウンソが一人でいると、そこにユミの母親訪ねてきた
  「ジュンソがユミと別れた理由は何かしら?」
  買出しから戻ったジュンソを攻め立てる

  ユミの母親が帰った後ウンソにどうして別れたと聞かれ
  「他に好きな人が出来たんだ」とだけ答える

  ウンソの職場にユミが訪ねて来て、ウンソに協力をしてほしいと頼む
  「ジュンソの妹として私を助けてほしい。私からジュンソを取ったら何も残らない!
責任感から自分のところに戻ってきたとしてもかまわない」

  ユミの言葉に涙するウンソ
  ホテルで仕事をしながらもウンソの頭の中は…
  「お兄ちゃんといれば、いつかはママに会ってしまう」***シネ
  「一緒にいてほしい」***テソク
  「あの人がいなくなったら私には…」***ユミ

  ウンソのつらい立場に気がついたテソクは自分が全部引き受けると言い…
  ジュンソのアトリエにテソクと手をつないで現れるウンソ
  動揺するジュンソに
  「この選択がいいのかは判らない…でも自分のことを大切に思ってくれている
   お兄ちゃんと同じくらいに…」
  一生懸命にジュンソに語りかけるウンソ

  テソクはウンソと一緒にいるために仕事に意欲を出し、周りの信頼も勝ちとったようだ
  ゴルフ場でウンソにネックレスをプレゼントする
  「大切にする。自分を信頼してほしい」と言うテソクに
  「私は何もしてあげられない…」
  「自分の側にいて、呼吸をして笑っていてほしい。それ以上は何も望まない」
  テソクの言葉でネックレスを受け取ることにする

  ユミは引っ越してきたばかりの部屋にジュンソを呼び、自分の気持ちをぶつける
  他に好きな人がいるというジュンソの言葉をきき、
  「その人も同じようにあなたを愛しているのか?その人と結婚できるの?あなたは
   幸せになれるの?」
  そんな会話をしているうちに、ウンソとテソクが入ってくる
  ユミが夕食に招待していたのだ

  アトリエに帰った後ジュンソは
  「もう自分にうそをつくのは終わりにしよう、みんなが傷つくことになる
   本当にテソクを愛しているのか?」
  本当のことを言おうとしたときジュンソの両親(ウンソの育ての親)が訪ねてきた
  思いがけず再会を果たすことが出来た
  ウンソを一人残していってしまったことを後悔する両親
  みんなで集まって食事をしようとするが、シネは耐えられず飛び出してしまう
  みんなウンソのことばかり…
  向かった先は育ての親のところだった
  シネに会えて涙ぐむ母親…

  ジョンソは母に兄としてウンソを守ってあげてほしいと頼まれる
  ジュンソとウンソをいう名は、誰が見ても兄妹だと判るようにつけたことを聞き
  自分の心をしまいこみ、兄としてウンソを愛していこうと決意する

  みんなで撮った写真を見てジュンソはウンソに
  「ウンソの存在が自分を輝かせる、ずっと一緒にいてほしい、妹として…
   そうすれば誰も傷つかない…」

  ウンソも心を決めるのだった


EDIT  |  14:06  |  『秋の童話』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.06.03 (Sun)

韓国ドラマ 『春のワルツ』第9話「失敗に乾杯」あらすじ

韓国ドラマ『春のワルツ』第9話「失敗に乾杯」
  やっと土曜日が来ました!!うるうる
  楽しみにしていた『春のワルツ』…さあ今日はどうなるか
* *******************************
  いや~今回も良かったです!!
  チェハはもう完全にウニョンのことを思っていますね…
  ウニョンも…
  韓国ドラマって日本のドラマと違ってじっくり描いているからいいですね
  お友達に韓国の人がいるんですけど、昨日韓国ドラマの話で盛り上がりましたよおんぷ
  石焼ビビンバとチヂミを食べながら…
  韓国ドラマ『春のワルツ』第9話「失敗に乾杯」
  あらすじはこの後です


ウニョンとチェハの廊下での話を聞いてしまったイナは、ショックを隠せない
勤務初日だというのにみんなに紹介もせず、たたせたままで会議を続けるイナ
フィリップにたしなめられてようやくみんなにウニョンを紹介する
イナはチェハの前でウニョンにコンパクトのことをわざと聞き、二人はヒヤヒヤする

マネージャーとして頑張るウニョンだが、怒られてばかり…
怒鳴られてもユーモアたっぷりに切り返し、チェハも機嫌を直すが、
半分いじめられているような扱い
そんな日々が続くある日、買い物の途中でチェハは道端でガムを売っている少年に会う
その少年からガムを買い、自分の少年時代(スホの時代)を思い出し、思わず涙ぐむ

その頃ヒジン(イナの友達の新聞記者)はチェハの父に会い、
チェハの少年時代をインタビューしようとする

買い物から戻ったチェハとウニョンを見たチェハの母親は
マネージャーはウニョンではないといけないのかとチェハに尋ねる
「ウニョン」という名前がどうしても気になる
あの「ウニョン」を同じ名前がチェハのそばにいるだけでも嫌だと言い、
あの入院していたウニョンの居場所を調べてほしいと夫に頼む
『ウニョンが生きていることが判ったら、チェハは私たちを捨てる!』

作曲中のチェハの後姿をじっと見つめるウニョン…

* *******************************
ウニョンが病院に入院している頃、置き引きして警備員に捕まったとき、
自分の息子だと言って助けた今の父
「おじさんについて来ないか…おじさんの奥さんの側で息子(チェハ)の役を演じてほしい。
おばさんの病気が治ったら、ソウルに帰してあげるから…おばさんを助けてほしい」
* *******************************

コンサートの当日は一人で会場入りするといって、イナの送りを断ったチェハ
イナはウニョンにチェハを駅まで送ったら、事務所に戻って資料整理をするよう命じ、
チェハから遠ざけようとする
初めてマネージャらしい仕事が出来ると思っていたウニョンはがっかりするが、
そんなウニョンを見てチェハは
「前回のコンサート(ザルツブルク)から当日の一人での移動は崩された」と言い、ウニョンの運転する車に乗ってコンサート会場に向かう

途中、事故で渋滞になり、前に進めなくなってしまった
チェハから連絡をもらったイナは一人ではなかったことを知ってショックを隠せない

ウニョンはスクーターの後ろにチェハを乗せて会場に向かう
ウニョンの髪をイナからもらったハンカチで結ぶチェハ
ウニョンは幼い頃スホと過ごしたあの島でのことを思い出していた…

コンサート会場では、イナとフィリップがチェハを待っていた
間一髪コンサートには間に合ったが、イナは怒りがおさまらない!
ウニョンに怒りをぶつけるイナに
「自分が頼んだんだ…」とチェハはかばった
そのチェハの態度がイナをさらに怒らせた

落ち込むウニョンをフィリップが慰める
  『失敗に乾杯!!』
チェハは遠くで見ているしかなかった

翌朝チェハは何も言わず助手席に乗り込んだ
車窓から見る景色は…

ウニョンたちの車の目の前で畑に突っ込んでしまったトラクターから逃げ出したニワトリ
を捕まえることに…
でも二人は楽しそう
泥だらけになった二人はそのおじいさんの家で汚れた服をきれいにし、夕飯を頂くことになった
食事中にその家の娘が倒れたと連絡が入り、老夫婦の代わりに子供の面倒を見ることに…
イナとフィリップが心配してチェハとウニョンに電話をかけるが、
二人は子供の世話でいっぱいいっぱい
でもまるで夫婦のようだ
「お兄ちゃんとお姉ちゃん、うちのパパとママみたい…」

やっとつながったチェハの携帯からウニョンの声が…
イナは気が狂いそう

夜遅い時間になってやっと老夫婦が帰ってくるが、もう帰るには時間が遅すぎてしまい、
そのまま泊まることに…

その頃チェハの父はソ・ウニョン=パク・ウニョンだという事を知ってしまった

翌朝帰りの車の中でチェハはずっと眠っていた
昨日は一晩中眠れなかったのだろう
イナも眠れずにいた
帰ってきたウニョンの髪を見てイナは激怒する
イナがプレゼントしたハンカチで縛ってあったからだ

第10話につづく…


EDIT  |  01:00  |  『春のワルツ』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。