09月≪ 2007年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.31 (Wed)

韓国ドラマ 『朱蒙(チュモン)』 28話 あらすじ




韓国ドラマ 『朱蒙(チュモン)』28話 あらすじ

ヨンタバル君長からチンボンとイムドゥンの資料を借りて現在の状況をまとめ、クムワ王に見せたチュモンは、流民を助け出すためにチンボンとイムドゥンと戦争をしたいときりだした。
チンボンとイムドゥンにいる漢の兵力は落ちており、西南夷と戦争をしている漢は応援の兵士を送る余力がなく充分戦に勝てるとクムワを説得した
クムワ王は即答できなかった
チュモンがチンボンとイムドゥンに戦争を仕掛けることを知ったユファは、クムワの苦しい立場では戦争の決断は難しいのではないかと意見するが、
チュモンは勝てる戦を目の前にしてこの決断が出来ないのなら、そこまでの人…
その時は母親ユファを連れて扶余を去るとユファに言った
クムワ王には育ててもらった恩義はあるが、亡き父(ヘモス)の夢を阻むのであればこれ以上仕える事は出来ない…

チュモンとモパルモはケルの鉄器工場で出来た丈夫な鉄器を持ってヨンタバル商団を訪れた
モパルモの作った剣はテソ王子が連れてきた鍛冶職人が作った鉄器より優れていること、もう少しすれば漢の鋼鉄剣以上の剣を作ることを誓った
この時ソソノはチュモンが自信と信念に満ち溢れ、ずいぶん変わったと言い、この時テソ王子がヤンジョンとどのような取引をしたのかチュモンに教えた
『漢から逃げてきた流民の鍛冶職人と言うのは嘘で、ヒョント郡のヤンジョンと取引をして漢の鍛冶職人を扶余に連れて行く代わりに、テソとヤンソルラン(ヤンジョンの娘)を結婚させること…』
この事実を確信したチュモンは漢からの鍛冶職人は鍛冶の仕事以外に密偵として送り込まれたのではないかと考え、
オイ・マリ・ヒョッポに鍛冶職人たちを監視するように命じた
その頃、扶余の鉄器工場にヒョント郡から応援が到着した。彼らはヤンジョンからの命令で来た、密偵たちだったが、
テソ王子は全く気がつかずに、彼らを信用していた
ヤンジョンから送り込まれた鍛冶職人(密偵)は、鉄器作りの速度を遅くし、宮中の動きを探ろうとしていた。

チュモンたちが持ち込んだ剣の出来栄えにヨンタバルは喜んでいた
卒本(チョルボン)の中でケルが優位に立てる…ソソノを襲ったピルの君長ソンヤンが知ったら驚くだろうと笑った
ソソノはチュモンがチンボンとイムドゥンを攻撃することを考えていることをヨンタバルに教え、自分はチュモンについて
扶余の軍商として戦地に行きたいとヨンタバルに言った
サヨンは扶余の軍商になったら漢との商売が出来なくなってしまうと反対したが
これまでのように強い国を綱渡りして細々と生き抜いてきたやり方でなく、ケルの未来を託せる国を選ぶ時だ…

王妃たちはクムワ王の立場を危ういものにするために様々な画策を講じていた
マガ(王妃の叔父)には四出道(サチュルト)にクムワの言うことを聞かないように命じ、その結果マガはクムワに流民の受け入れを拒否することを誓った
巫女たちは王妃の命令で民心を操作していた
今身の回りで起こっている奇怪な現象は全て神殿をないがしろにしたクムワ王のせいなのだと…
このままでは扶余は危うくなってしまう…民にそう思わせるようにと命じていた

王妃たちのたくらみに仲間に入れてもらえなかったヨンポは怒りをあらわにした
ユファはクムワ王の部屋を訪れ、クムワの説得をした
流民を助けることには他の意味がある…
宮殿内外にあるクムワに対して敵意を抱いている人々の勢いを封じることが出来る
ユファの言葉を聞いてチュモンに周辺の動きを調べさせ、マガ(王妃の叔父)がクムワの命令に背くこと、王妃とその兄は宮中内の家臣と神殿を操ってクムワにはむかう画策をしていることを知った

チュモンはヨンポを自分の部屋に呼んで、テソ王子に勝つためには戦争で手柄を上げなければならないと入れ知恵した

チュモン率いる護衛軍は漢の鉄器軍と戦う準備を進めていた
漢の軍が身に着けている甲冑に見立て、それに打ち勝つためには、
  弓を兜とよろいの間を狙い首に刺さるようにすること
  馬上から敵に飛び掛り、同じく首を狙って敵を殺す
鉄器軍相手に不安を抱いていた護衛軍たちはチュモンとオイが見せた漢軍対策に驚き、自身を取り戻した

ヒョントのヤンジョン宛に漢の皇帝から周辺諸国と争いごとを起こさないようにと書面で知らせがあった
漢は西南夷での戦争で、他の争いごとには兵を派遣することが出来ないと言うことだ
ヤンジョンは扶余に友好関係を保つように使いを送ることを決めるが、娘ヤンソルランが自ら扶余に行くことを志願した
ヤンソルランの姿を見て、テソは自分との縁組のことをクムワに知られてしまうのではないかとヒヤヒヤするが
ヤンソルランはテソの立場を高めるために来たのだと言った

オイ・マリ・ヒョッポは鍛冶職人たちの動きを警戒していた
ヒョントからの特使としてやってきたヤンソルランの一行と接触している鍛冶職人の姿を見たオイはチュモンに報告し、
やはり鍛冶職人は密偵だったと確信したが、後にテソの動きを牽制する時のためにそのまま泳がせておくことにした

クムワはついに家臣の前でチンボンとイムドゥンを攻撃することを宣言した
家臣たちはみな反対したが、護衛総監であるチュモンに現状を説明させた
チュモンはヨンタバルから得た情報を家臣たちに説明し、武器だけが戦の勝敗を決めるものではないこと
命を投げ打ってでも戦う意思があれば勝機はあると言った時、ヨンポが加勢した
自分(ヨンポ)が先鋒として戦う…!

テソは王妃にヤンソルランとの縁組と引き換えに漢との関係を保つことを約束させたと打ち明け、何としても
クムワ王とチュモンが薦めるチンボンとイムドゥンとの戦争を阻止しなければならないと考えていた
今までの自分の苦労が全て無駄になってしまうと…
扶余に送り込まれた密偵からチンボンとイムドゥンと戦争をしようとしていることがヤンジョンに知られてしまった
テソはクムワ王を必ず止めることを誓う竹簡を送った

ケルにいる巫女ヨミウルの元にピョリハたちが到着した
ヨミウルは、太陽の中にいる三足カラス(チュモン)は不吉な鳥なのではなく、これから自分たちがお使えする吉なる鳥だと言った
ケルに到着したヨンタバル君長はヨミウルに会い、漢と戦うことを決めたクムワ王の軍に軍商としてヨンタバル商団が
ついて行くことが良いかどうか相談した
宮中では戦について話し合っていた
扶余の軍とサチュルトの軍を合わせれば漢の軍に勝つことが出来る
チュモンは鉄器軍対策の練習を積んだ護衛軍の強さを家臣たちに見せ、漢軍と戦える実力があることを証明した

宮中にソソノが訪ねてきた
驚くチュモンに、さらにチュモンと共に戦地に行くことを伝えた
反対するチュモンだったが、戦地に送り出した後、安否を気遣い死ぬほど心配するのは耐えられないとソソノは訴えた
そんな二人の仲むつまじい姿を見てしまったテソ王子の怒りは頂点に達した

サチュルトでは戦をやめさせる為に兵を出すことをやめようと話し合っていたが
クムワからサチュルトの兵士を2万出すように命令が届いた
サチュルトは拒否の意思表示の印に、クムワの意向を伝えに行った家臣の首を送りつけた


                            29話に続く
スポンサーサイト
EDIT  |  23:03  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.25 (Thu)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』27話 あらすじ




韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』27話  あらすじ

「これ以上どうしたらクムワ王に信頼されるのですか?」涙ながらに訴えるテソに
クムワは答えることが出来なかった
皇后(ウォン后)の怒りは頂点に達していた
自分がテソを皇太子にする!!
テソが今までしてきた功績はとっくにクムワを超えている…
そこまで言って怒りをあらわにした

チュモンはテソの姿を見ながら、復讐を遂げるその日まで恨みを抱く心を隠しながら
生きていくことを誓っていた
一方ヨンポはテソの立太子が先延ばしになったことで、一安心し、チュモンに
近づき利用しようと考えていた
自分の部屋にチュモンを呼び、今までの自分の仕打ちを水に流してほしい…
ヘモスのことも兄テソに言われて仕方なくしてしまったこと
自分も兄テソのわがままに付き合わされただけだ
そんな言い訳をするヨンポにチュモンは、もう大人なのだから自分の行動に責任を
持つべきではないかと突き放した
ヨンポはチュモンの冷たい反応にヒヤヒヤしながらも、これからは仲良くしようと
言い続けた

クムワ王の部屋では、不得不が立太子を急ぐべきではないかと進言していた
扶余の民の不安を取り除くためには皇太子を早急に決めるべきだ…
クムワは立太子を遅らせた理由を、皇后一派が実権を握ってしまうことを
避けること・皇后一派が実権を握ると不得不も今までのような権力がなくなること
と話したが、不得不は今ある権力より扶余の王室が分裂することなく安定することを
願っている、そのことしか考えていないと…

チュモンはオイ・マリ・ヒョッポに鍛冶場に侵入してテソが連れて来た鍛冶職人の
鉄器作りの秘密を探るように命じ、三人は鍛冶場からいくつかのものを持ち帰った
オイ・マリ・ヒョッポはそれを卒本にいる鍛冶頭のモパルモに届けに行った

ある夜、クムワ王とチュモンが扶余の城下を見回っていると、怪しい占い師に扶余の
民が群がっているところに出くわした
もうすぐ扶余に災いが起こり、それを避けるために自分のまじないが必要なのだと…
民の不安をあおり金儲けすることを考えている悪いやつ、気にする事はないと言う
チュモンの言葉にクムワ王は、民が不安に陥ってしまったのは自分の責任だと
情けないと気持ちをもらした
チュモンはクムワに、民の不安はいずれ治まることだが忘れていることがあると
言い、古朝鮮の流民がクムワに助けきてくれると信じていたが、今は諦めて
未来に何の希望もないまま、漢にひどい仕打ちを強いられて死を待つだけだ
王様はあの流民たちの苦しみを忘れてしまったのですか 
チュモンの言葉にクムワは言葉を失った

皇后は立太子の件で圧力をかけ始めた
立太子が遅れた場合は四出道(サチュルト)はクムワの言うことをきくなと命令した
テソは扶余の国内が混乱することを心配して母を止めたが、言うことを聞かなかった

その頃扶余を去った巫女ヨミウルは何かを感じたのか、卒本に向かおうとしていた
側近の巫女に扶余にいるソリョンとピョリハを呼び寄せることも命じた

モパルモはケルの鉄器工場で鋼鉄の剣を作るために日々努力していた
ケルに来た漢の鍛冶職人から鋼鉄の剣の作り方を聞こうとしたが、教えられないと
突っぱねられた
しかし、生鉄を熟鉄(強い鉄)に変化させるためには生鉄に何かを
入れなければならないことは聞くことが出来た

そんな時ヒョント城下にいる商団からテソとヤンジョンがどんな取引をしたのか
知らせが来た
ヒョントの鍛冶職人から鉄器の作り方を教えてもらうために、ヤンジョンの娘を
妃として迎える約束をしていたことを知ったソソノは自分を側室に迎えようと
しているテソにあきれていた
ソソノは扶余に戻ることにし、扶余に向かう途中でソソノに敵意を抱いている
ピリュの君長ソンヤンの仕掛けた者たちから襲撃を受けた
敵は追い払ったが、ウテがソソノを守って毒の剣を受けてしまった
サヨンの調べでソンヤンの仕業だとはっきり知ったソソノはソンヤンを捕まえ
ウテの生死によってソンヤンの命がどうなるかが決まることを伝えた

ヒョントの大使ヤンジョンは扶余の鍛冶場に鍛冶職人として密偵を送り込むことを
命じた
武芸の秀でたものを鍛冶職人としてもぐりこませようとしていた
ヤンジョンの娘ヤンソルランはテソを気に入り、嫁ぐことを決意したが、それは
自分が扶余の王妃になって扶余に父親ヤンジョンを呼び寄せて実権を握ることを
誓った
ヤンジョンはテソを思うように操ることが出来るヤンソルランが扶余の王に
なったも同然だと言って笑った

ケルに着いたオイ・マリ・ヒョッポは扶余の鉄器工場から持ち出したものをモパルモに
差し出したが、それを見てモパルモは落胆した
自分が今まで試してきたものばかりだったからだ
しかし、その中に一つだけモパルモが試していない黄土(鉄分を多く含む土)に
気がついたモパルモはそれを使って一心不乱に鉄器作りをした

毒の剣をうけたウテは毒が全身に回って生死の境をさまよっていたが、そんな時
ケルにヨミウルがやってきてヨミウルの力によってウテが目を覚ました
ウテが目を覚ましたことでソソノを襲わせたソンヤンは命拾いしたが、ソソノから
受けた辱めは一生忘れないと捨て台詞を残して去っていった

扶余の宮殿ではクムワ王が、古朝鮮の流民たちの受け入れをすることを宣言した
テソは漢との戦が避けられなくなると反対したが、クムワは自分に反対するものは
クムワの家臣でなく漢の家臣であると言い放った
『扶余は古朝鮮の流民の希望の地となるのだ』

扶余にソソノ一行が戻ってきた
ヨンタバル君長はソソノの行動を褒め称えた
そこにチュモンがやってきて久しぶりの再会を果たす
チュモンはヨンタバル君長にチンボン・イムドゥンの資料を見せてほしいと頼んだ
チュモンがチンボンとイムドゥンを攻めることを考えていることを知ったソソノは
漢全体が敵にまわることになるとチュモンに注意したが、西南夷を攻めていて兵を
他にまわす余力がない今が仕掛け時だとチュモンは言った
 
ケルの鉄器工場ではモパルモがついに決して折れない鋼鉄の剣作りに成功した
モパルモとムソンは急いで扶余のチュモンの元に向かった
チュモンに差し出された剣で、テソが連れてきた鍛冶職人が作った剣を持つオイと
戦うとモパルモの剣はオイの剣を折ってしまった
ついに鋼鉄の剣作りに成功した!!チュモンたちは歓声を上げた

その夜チュモンはヨンタバルからの資料をまとめたものをクムワ王の元に持っていき
クムワ王の兵を貸してほしいと頼み、チンボンとイムドゥンを攻めて
古朝鮮の流民を助け出したいと頼んだ

                           28話へつづく
EDIT  |  15:50  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.24 (Wed)

韓国ドラマ『雪の女王』のサウンドトラックを買いました




ヒョンビンさんのイベントでのヒョンビンさんの歌声が忘れられなくて『雪の女王』の
サウンドトラックを買ってしまいました!
実際はヒョンビンさんが歌っているものではないですが、でもこれを聴いているだけで
『雪の女王』を思い出します
私が買ったのは後から発売された方ですが、曲目は

   1 雪の女王 Main Theme_Inst.
  2 愛...涙ぐましい / チョ・ソンモ
  3 悲しいけどさようなら / カン・ミヨン
  4 エコー / Loveholic
  5 遅れてごめんね / ハ・ドンギュン
  6 初雪(愛) / カン・ソンミン
  7 Loving U / Ice Cream
  8 別れた日 / ナンア
  9 どうします / アヒョン
  10 愛...涙ぐましい_Inst.(Piano Ver.)
  11 悲しいけどさようなら_Inst.
  12 愛...涙ぐましい_Inst.
  13 エコー_Inst.
  14 どうします_Inst.
  15 雪の女王 Main Theme_Inst.(Guitar Ver.)
  16 古い写真_Inst.
  17 Outro

こんな感じですが、韓国版なので言葉は全く分かりません
ヒョンビンさんがイベントで歌ってくれたのは6曲目の『初雪』です
ヒョンビンバージョンのCDが出てほしいと本気で考えています!
EDIT  |  15:41  |  『雪の女王』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.21 (Sun)

ヒョンビンのイベントに行ってきました!!




HYUN-BIN(ヒョンビン)Birthday&Fanclub Open Eventに行ってきました!!

10月20日は待ちに待ったヒョンビンのイベントでした
運良く、2回ともチケットが手に入り1日コースで東京国際フォーラムに向かいました
当初の心配をよそに席は埋まり、グッズも何とか手に入れて席に座りました
イベントやコンサートなどが未体験の私はワクワクドキドキ…
そしてついに開演の時間が…

ヒョンビンの登場と共に会場の興奮は一気に盛り上がって、私もペンライトを
振り回していました!!
皆さんはそれぞれ目立つように工夫して手作りのうちわなどを振っていました
お隣さんもとてもかわいく作っていて、思わずどうやって…?なんて
聞いてしまいました
開演前にヒョンビングッズを買うためにかなり並びましたが、その時私の後ろにいた
マダムが相当の韓流通らしく、いろいろ話してくれました
韓国は何度も行っていて、今回のイベントの前日に空港でヒョンビンと握手をした…
とか、イ・ビョンホンの映画の試写に韓国まで行った時の感想など、本当に
皆さん夢中になっているんだな~と感心してしまいました

今回のイベントはヒョンビンさんの出演作品の名シーンを見て、その時のエピソード
などを語ってもらって、その後に韓国で出演しているCMの映像とそのお話、
ヒョンビンさんの子供時代の写真の公開と、子供時代のお話、ヒョンビンさんの交友関
係や、出演者からのメッセージなど、その後ケーキのろうそくを消して…
ヒョンビンさんからのプレゼント…(私のお隣さんが当たりました…)
ここまでで結構時間が過ぎていてどんな風に終わるかな~って思っていたら
最期が最高でした!!
ヒョンビンさんによる童話『雪の女王』の朗読の後『雪の女王』の主題歌を(?)
歌ってくれたんです!!それが本当に上手で!!すごかったんです
このラストを見るまでは、1時のイベントで夜は同じ内容だし、夜のほうが
かなり後ろの席だったのでどうしようと思っていました
でも、この歌を聴いたらもう一度!!って思い直してまた、会場に入りました

2回見て思ったんですけど、もちろん1回目のイベントは追加公演でしたので
夜の部の方がファンの興奮はすごくて盛り上がっていたんですが、
ヒョンビンさん自信の自然なリアクションが見られたのは、1時の公演だったと
思います。
1時の公演ではファンが選んだヒョンビンさんの出演作品ベスト3の映像を
一緒に見た後、質疑応答があったので、ヒョンビンさんが恥ずかしいシーンなどの
反応が見ることできたし、会場の皆さんも冷やかしたりして、素のヒョンビンさんが
たくさん見られました
7時の公演では、時間通りに終わろうとしたのか、映像を流しながらそのドラマや
映画のお話をしてしまったので、ヒョンビンさんが1時の公演で照れてしまった
キスシーンや、殴られるシーンを素通りしてしまってちょっと残念でした
また、子供時代の写真では、1時の公演で初めてヒョンビンさんも見る写真だった
ので(直接ヒョンビンさんのご両親から写真を借りたため)、ヒョンビンさんの反応が
すごくて、「何でこの写真を…」なんてぼやくシーンがありましたが7時の回では
二度目だったためそんなこともなくて…
また、ご友人や先輩からのメッセージでは、2回の公演でメンバーが違っていて、
私は1時の講演のメンバーのほうが良かったな~と思いました
1時の公演では『私の名前はキム・サムスン』のキム・ソナさんは二回目でも登場
しましたが、ダニエル・ヘニーやヒジン役のチョン・リョウォンさんは
二度目の公演ではメッセージが出ませんでした。他にもたくさんいたんですよ

でもでもやはり7時の公演を見てよかった!!何よりプレゼントが
当たりそうだったんだから(お隣さんが当たっちゃったけど…)
それに、ヒョンビンさんの歌唱力に酔うことが出来たし…
本当にうれしかった一日でした!!
でも1階の2列目あたりに野村サッチーがいたんだよね~そんな席どうやって
手に入れたの?抽選なのに…
EDIT  |  22:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.17 (Wed)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』26話あらすじ



韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』26話あらすじ

オイ・マリ・ヒョッポに自分がタムル軍の大将『ヘモス』の息子であると
告白したチュモンは3人に自分と共にヘモスの果たせなかった大業を
果たしたいと話し、三人もついていく事を誓った

ヒョント郡から扶余に戻ったヨンタバル一行は、留守のうちにヨンポ王子に
商談の秘密の書簡を持ち去られたことを知り、ソソノがテソ王子にプレッシャーを
かけた

 チュモンは、父ヘモス代わり大業(漢を倒し、流民を助け古朝鮮を再興する)を
果たすため、あえて今は扶余の皇太子争いに戻った
母ユファのもとを訪れたチュモンは、これまでの旅で流民の悲惨な状況を見るうちに
父へモスと同じように流民を助けて古朝鮮を復活させたいと思うようになったと
話した。
育ての父クムワ王のもとを訪れたチュモンはクムワからヘモスとの経緯を聞いたが、
心は晴れなかった
「父ヘモスは、悲惨な末路を送ったが、そんなに扶余にとって悪いことをしたのか?
 自分はヘモスを殺した兄たちを決して許すことはできない…」
そう言って王の部屋を出た

一方、漢の鍛冶職人を流民だと偽って扶余に連れて来て、これまでとは比べられない
ほど頑丈な剣を作らせることに成功したテソ王子はクムワ王から感謝されていた
テソ王子がクムワの部屋に向かった時、チュモンが部屋から出てきた
皇太子争いに優位に立っているテソ王子はチュモンに、自分が皇太子になったら
好きにさせてやると言うがチュモンはそれをさらりと交わした
テソ王子がクムワに会おうとすると、クムワは頑強にそれを拒否した

サヨンからテソ王子が連れてきた鍛冶職人が今までの扶余の鉄器とは
比べ物にならないほどの頑丈な鉄器作りに成功したと聞き、ソソノはテソ王子が
ヒョント郡の太守ヤンジョンから、鉄器の作り方を教わる代わりに、何らかの
取引をしたに違いないとヒョント郡の商団に探りをいれた

クムワ王他、全ての家臣が集まる中、チュモンは宮殿に戻ってきたことを告白し、
これまでの身勝手な振る舞いを謝罪した
クムワ王はチュモンに王の警護や国の秘密も全て知る立場にある護衛総監の地位を
 与えた
 クムワはチュモンに兄たちへの怒りは自分に向け、兄弟間での争いは避けるように
 語ったが、チュモンはそれを黙って聞いていた

 チュモンの護衛総監就任に周りの家臣たちは驚き、
 特にテソ王子、大使者の動揺は激しかった
 「クムワ王のチュモンに対する思いがこれほどとは…」
 二人の焦りは相当なものだった
 王の護衛総監になったチュモンは、オイ・マリ・ヒョッポを護衛部隊に入れたが
 周りは納得していなかった
 チュモンは、オイとメンバーの一人と戦わせ実力を見せつけた後、
 武芸に長けていないものは、容赦なく首にすることを宣言し、厳しい訓練を始めた
 チュモンの指導の下、護衛部隊はみるみる実力をあげていった

  漢から来た鍛冶職人に鉄器工場を奪われ、完全に自信をなくしてしまったモパルモ
  酒びたりの毎日を送っていたが、チュモンからケルの鉄器工場へ行き、
  炒鋼法(良質の鉄を作る方法)の解明をしてほしいと頼んだ
  モパルモはヨンタバル商団を訪れ、チュモンのために炒鋼法の解明をすることを
  前提にケルの鉄器工場に行くことを宣言した
  モパルモはソソノとムソン(渋々行く)と共にケルに向かった
  ケルに集まった卒本の君長たちは、なかなか帰ってこないヨンタバルに不満があり、
  ソソノに対し怒りをあらわにするが、ソソノは負けることなく、
  ヨンタバル商団が扶余の宮殿と商取引をしているおかげで、周りから攻撃を受けずに
  済んでいること、扶余から鍛冶職人を連れてきたことで、ここで作った鉄器で
  武装することが出来ると説得した

  扶余の家臣たちはテソ王子を皇太子にするようにクムワ王に提案したが、クムワは
  それを聞き入れず、皇太子決めはまだ先にすると宣言した
  テソ王子は納得できず、これ以上どう努力したら皇太子として認めてくれるのかと
  涙ながらに訴えた

                                 27話へ…
EDIT  |  23:59  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.15 (Mon)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』25話あらすじ



朱蒙(チュモン)25話あらすじ

捕まった流民を助けるために漢の鉄騎軍に矢を放ったチュモンだったが、鉄の鎧に
簡単に跳ね返されてしまった
オイも剣で応戦するが一撃で剣が折れてしまった!
チュモンの矢は何度射っても同じだった
4人はひとまず逃げ、想像以上の鉄騎軍の実力に言葉を失った
チュモンたちは鉄騎軍と正面から戦うことをやめ、奇襲作戦に出ることを決めた
チュモンは鉄騎軍を一人で何とかすると言い、オイ・マリ・ヒョッポに流民を
助け出すように命令した
夜になって4人は行動を開始した
チュモンは鉄の鎧の継ぎ目を狙い撃ちにして4人で鉄騎軍を全滅させた
その知らせはヒョント郡の太守(ヤンジョン)にも伝えられた
ヒョント城に鉄官(漢の鉄器の最高責任者)が到着した
鉄官にはヒョント郡は安泰であると鉄騎軍が全滅したことはふせたままにした
扶余のことを気にする鉄官に、太守は王子がヒョント城に来ていることを告げ
テソ王子が鋼鉄の武器の作り方を伝授してほしがっていることを伝えた
太守はテソを部屋に呼んで鉄官から許可が出たと言い、鋼鉄の武器の作り方を
伝授することを約束したが、それには条件があった
ヤンソルラン(ヒョント城太守の娘)との縁談だった
テソはソソノを側室に…と考えていた

同時期、ヒョント城にはヨンタバル商談も来ていた
鉄器制作について伝授してほしかったからだ
ヨンタバルにヒョント城太守から呼び出しがかかった
ヤンジョンの仲介で鉄官に会えることになった

扶余では奇怪な現象を収めるためにマウリョンたちが祈りをささげていたが
一向に改善しなかった
マウリョンは民の不安を取り除くために、今回の現象を誰かのせいにするべきだと
王妃に提案した

ユファの部屋をピョリハ(ヨミウルが世話をしてきた力がある巫女)が訪ねてきて
チュモンは扶余を離れていないと命がないと伝えた

助け出した流民をヒョント郡から出さなければならなかったが、なかなか進まなかった
後から追ってくる漢軍に捕まってしまうことを恐れたチュモンたちはヒョッポに流民たち
を託し、残りの三人で追ってくる鉄騎軍を撃退することを考えた

一方、ヨンタバルと漢の鉄官は会うことになったが、ヨンタバルが鉄器の買い付けの
話を持ち出したことから怒って部屋を出て行ってしまった
ヨンタバルは動揺するヤンジョン(太守)に卒本(チョルボン)=小国連盟体が鉄器を買い付けることによって漢に二つのメリットがあることを説明した
一、 扶余の近くにいる卒本(チョルボン)が鋼鉄の武器を持つことで扶余の動きをけん制
  できるしチョルボンも自衛できること
ニ、漢は西南位での戦で金銭的に苦しい時なので、鉄器を売れば莫大な儲けが出る

この取引が上手くいくように鉄官に説得するように伝えた

ヒョント城下でテソの部下がヨンタバル商談を見かけ、ソソノたちが宿泊している宿を
つきとめテソに報告した
扶余に残っているヨンポは何とかテソに勝つ方法はないものかと思案していた
ヨンポを支えるトチはヨンタバル商談が今いない事をいいことに、ヨンタバル商談の
秘密を探り弱みをつかんで、追い出すことを提案した
ヨンポはヨンタバル商談に乗り込んで、ヨンタバルが扶余に知っていた事実を全て
伝えていなかったことがクムワに知られてしまった
ヨンタバルは信用できない…ヨンポはクムワに言った

チュモン・オイ・マリは流民たちをなるべく遠くに逃がすために時間稼ぎをする方法を
考えていた
鉄騎軍を自分たちのところにおびき寄せ、追い払った
奇襲作戦も続けた
その知らせはヒョント郡の太守の耳に入り、その場にいたテソも知った
鉄騎軍を倒したのは…弓の達人…テソはその言葉にハッとする
ヒョント城下でヒョッポと落ち合った3人…
オイ・マリ・ヒョッポの前でチュモンはどうして皇太子選びから身を引いたのか語った
皇太子になって何をするべきか分からなかったから…
今は何をするべきか分かった気がする…

偶然ヨンタバル商談のケピルとであったチュモンはソソノと会えることになった
久しぶりに会った二人
ソソノの指にチュモンからの指輪がはめられていることを知ってチュモンはうれしそう
二人で話をしているところへテソが訪ねてきた
チュモンを見て驚くテソ
二人でしめし合わせてきたのか?
テソの問いにたまたまだと答えたソソノ
チュモンはテソにヒョントの太守を何か取引があるのではないかとの問いに声を
荒げて何もやましいことはないと答えた
テソはチュモンが漢軍を倒したのではないかと疑っていた
チュモンはソソノにまだ行く所があるから扶余には戻れないことを伝えた
心の半分だけでは不安…と言うソソノをチュモンは優しく抱き寄せた
外を鉄騎軍が包囲している!!とマリの知らせでチュモンたちは裏から逃げ出した

テソは扶余へ鉄官から預かった鉄職人を連れ帰り、クムワに流民だと嘘をつき漢の
鉄器作りをさせる許可を得た
漢の鉄器職人は、モパルモ(扶余の鉄器職人)に鉄器作りを伝授するどころか、扶余の
鍛冶職人たちを締め出して自分たちだけで鉄器を作った
その出来上がった鋼鉄の剣の出来栄えに驚くクムワ

朱蒙(チュモン)はオイ・マリ・ヒョッポに扶余に帰る決意をしたことを伝えた
しかし、扶余の皇太子としてではなくタムル軍の末裔としてだと…
そしてついに3人に自分の本当の父親はヘモス将軍だったことを告げた
『父(ヘモス)が果たせなかった夢を自分が果たしてみせる
    漢の束縛に苦しむ流民たちを救い出して、古朝鮮を再興する』
そのために扶余に戻る…

                        26話へ…
EDIT  |  00:31  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.15 (Mon)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』24話あらすじ



地上波の『朱蒙(チュモン)』の放送後
  毎日やっていた『朱蒙(チュモン)』…24話であっけなく放送が中断し、
  毎週水曜日のBSフジの放送のみになってしまいました
  25話が待ち遠しくて待ち遠しくて…
  10月10日にやっと25話が放送されました
  忘れかけた24話からあらすじをかこうと思います
  
* ***********24話あらすじ*********************

朱蒙(チュモン)は、母からもらった指輪(ヘモスからユファへ渡された指輪)を
ついにソソノに渡した 自分の心の半分をここに残していきます…
との言葉を残して、わけを話す事もなく朱蒙(チュモン)は扶余を離れていった
母ユファには父親ヘモスがどうしてこのような過酷な人生を選ばなければならなかった
のか父親の人生をたどりたいと手紙を託し、ヨンタバルにはヘモスのことについて
知っていることを聞き、オイ・マリ・ヒョッポと共に旅立った
一方、扶余の国王クムワは、朱蒙(チュモン)が皇太子争いから身を引いたとき
朱蒙(チュモン)にわけを聞かずに責めてしまったが、そんな時夢にヘモスが出てきた
事で、もしかしたら朱蒙(チュモン)に出生の秘密が知れたのではないかと気づき、
ユファに確認した
朱蒙(チュモン)の苦しみを察し、ヘモスのことを話そうとするが、朱蒙(チュモン)
はもう旅立ったあとだった
朱蒙(チュモン)が皇太子争いから身を引いたことは残った二人の皇太子候補
テソとヨンポにとって喜ばしいことだが、クムワは皇太子を決定することはしなかった

チュモンは3人の仲間と共に、タムル軍の生き残りを尋ねてヘモス将軍のことについて
知ろうとしていた
チュモンはヒョッポの父(元タムル軍)と共に戦ったかつての仲間を訪ねてヘモス将軍と
タムル軍について話を聞くうちに、今もいる流民の状況を知りたいと強く思うようになる

その頃、扶余の各地で奇怪な現象が起こっていた(井戸水が血の色に変わったり…)
国民は、ヨミウルがいなくなったことで、扶余を守る力が弱くなり、これから災難が
起こるのではないかと不安に思っていた

朱蒙(チュモン)たちは旅の途中で逃げている流民に出会う
チュモンたちは彼らを助けようとするが、流民たちは誰も信用できないと拒否をする
チュモンが扶余のクムワなら…と流民たちに提案するが、クムワは自分たちを捨てた
張本人だとチュモンに告げた
チュモンは自分たちの乗っていた馬を彼らに渡し流民たちと別れるが、しばらく行くと
漢の鉄騎軍が流民のほうへ向かっていることに気づき、あわてて鉄騎軍を追いかける
流民たちは捕まり、つれて行かれるが朱蒙(チュモン)たちは果敢に助けようとする
チュモンが放った矢は…無情にも鉄騎軍の鎧に跳ね返されてしまう


                        25話へ…
EDIT  |  00:30  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.09 (Tue)

韓国ドラマ『海神』で 『チュモン』の穴を埋めてます






韓国ドラマ 『海神 HESHIN』BSで放送開始!!
  『朱蒙(チュモン)』の地上波放送が中断になって、悶々としていたところに
  そうそう…『海神 HESHIN』にもソン・イルグクが出ているんだった!!
  それに、『春のワルツ』のソ・ドヨンも…
  そう思い返して『海神 HESHIN』を見始めました
  最初は『朱蒙(チュモン)』ほどすぐに夢中!!にはなりませんでしたが、
  回数を重ねるうちにだんだんはまってきて…
  まだソ・ドヨンにはお会いしていませんが、『朱蒙(チュモン)』の寂しさは充分に
  補ってくれています
  『朱蒙(チュモン)』同様、『海神 HESHIN』のキャストたちも本当に魅力
  あふれる人たちで、毎回ドキドキしながら見ています
  


弓福(クンボク)後に 張保皐(チャン・ボゴ)役   …  チェ・スジョン
  奴隷として生活していたクンボクは造船所で海と船に関わって生きてきたが、
  あるとき思いがけず犯罪に巻き込まれ、彼の運命は大きく変わる
  悲惨な体験の繰り返しながら、生きることへの執念を強くし、必死に生きていく
  海を制し、自分たちを苦しめたジャミ夫人に復讐する事だけを考えて生きていく
  
  力強い瞳がとても印象的な俳優さんです
  一度見たら惹きつけられて忘れられない人
  存在感抜群です
  韓国で国民的な俳優さん…納得です
  時代劇の出演が多いのでしょうか 「天国の階段」では気がつかなかった 
  
  出演作品…「初恋」「天国の階段」「チェオクの剣」「太祖王建(テジョワンゴン)」
       「あの青い草原の上で」


ヨンムン 後に 閻丈(ヨムジャン)役  …  ソン・イルグク
  海賊に引き取られて育てられたヨンムンはクンボクと同様チョンファに思いを寄せる
  クンボクとは敵対してしまうようだが本当は友情で結ばれていると思いたい(私は)
  自分の感情で動くことはできないように育てられているのか…
  
 『朱蒙(チュモン)』とは違った役柄に最初は戸惑いましたが、秘めた心を
  悟られないようにしているのか、とても抑えた演技が逆に魅力的
  感情を表に出すことができないのか、見ていて痛々しく思うこともたびたび…

  出演作品…「朱蒙(チュモン)」「愛情の条件」



チョンファ役…スエ
  この作品全体が感情を抑えたタッチで描かれているのか、本当に秘めた心を
  苦しいくらいに感じる演技です
  クンボク・ヨンムンの二人の男性が心を寄せますが、チョンファはクンボク
  一筋です
  身分の違いや、自分の置かれた立場に苦しみながら、心のうちではひたすら
  クンボクを思い続ける一途な女性です(まだ途中までしか見ていませんが)
  この方の作品はこれから「夏物語」を見る予定です

  出演作品…「ラブレター」「夏物語」


ジャミ夫人 役 …  チェ・シラ
  徹底的にクンボク(チャン・ボコ)を苦しめます
  男の中で君臨する女性で氷のような冷たさと美しさを持つ
  信じているのはお金だけで、思い通りにするためには手段を選ばない怖い人
  クンボクを始末できなかったことが後にどんな影響が…

  出演作品…『愛情の条件』『黎明の瞳』『女性万歳』…


ヨン 後に 鄭年(チョン・ヨン)役…  キム・フンス
  クンボクを本当の兄のように慕って、どんなに苦しくても一緒についていく
  クンボクと同様に悲惨な体験をするが、必死にクンボクについて生きていく
  奴隷時代に習った武術に秀でていて、武術でクンボクを助けていく
  血の気が多く、頭で考えるより、身体が先に動いてしまうような危なっかしい
  弟分

  ひときわ目立つ長身のキム・フンスは身長が190センチを超えるそう
  クンボクとのでこぼこコンビが本当の兄弟みたいな雰囲気でとてもいい感じ
  長身で自由奔放な考え方の弟に、頭のいい慎重な考え方の兄…
  絶妙なバランスです

  出演作品…『花よりも美しく』『ルル姫』
EDIT  |  21:17  |  『海神』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.06 (Sat)

『雪の女王』を支えるキャストたち





韓国ドラマ『雪の女王』を支えるキャストたち

TV東京で『雪の女王』が最終話を向かえ、落ち込んでいたところへ
BSジャパンで新たに放送開始と言うことで…
『雪の女王』を支えるキャストたちに注目!!
主役の二人はもちろんですが、脇を固める俳優さんたちもステキな人が
勢ぞろいしています!!
主役のヒョンビンさんやソン・ユリさんは又の機会に…
今回はそのほかの出演者について注目してみます


『雪の女王』中で光ってました!!ゴヌ先生役…イム・ジュファン
   1982年5月18日生まれ 186センチ  68キロ
   出演作品…04年『マジック』
        05年『このろくでなしの愛』
        06年『百万長者の初恋』ヒョンビンと共演!
           『アラン』
        07年『沈清(シムチョン)』
   
   これからの活躍がとても楽しみな俳優さんですね~
   『雪の女王』の中でのゴヌ先生は、日本の『HERO』の木村拓哉のように…
   庶民的で飾り気のない自信家でカッコイイ人間
   すごい注文ですよね~
   でも日本のドラマや映画を参考にしてくれるってうれしいですよね

   
   スンリ役…ユ・イニョン
   1984年1月5日生まれ 172センチ  50キロ(すごいスリム!!)
   出演作品…04年『僕の彼女を知らないとスパイ』(偶然昨日見ました!!)
        05年『オー!サラ』(ソ・ドヨンさん出てますよね)
          『ラブホリック』
        06年『強敵』
        07年『父とマリと私』 『待ちくたびれて』
  
   本当に韓国の俳優さんって男女を問わず長身ですよね~
   逆に日本の俳優さんってそんなに身長が高い人…いないですよね~
   ボーイッシュでぶっきらぼうな感じのスンリ、でも後半はドック(テウン)と
   ボラの強い味方になるんです!! いじらしいくらい…


   私この人好きでした!!何だか気になって…チュンシク役  キム・テヒョン   
1981年2月15日生まれ  177センチ 65キロ
   出演作品…02年『君に出会ってから』
        04年『愛しのサガジ』『回し蹴り』(ヒョンビンと共演)
        05年『私の人生で一番美しい一週間』『青燕』
        06年『ソドンヨ』(途中降板)『放課後の屋上』
      これから『お化けの話』『2つの顔の彼女』『待ちくたびれて』
      初主演 『絵日記』

   印象に残る俳優さんって韓国ドラマを見ると必ずいますよね~
   これからの作品や今までの作品を見てみたいです

そうそう!!この人を忘れてはいけなかった ジョンギュ役…イ・ソノ
   1話にしか出てこなかったけど(あとは回想シーン)
   本当に記憶に残る俳優さんでした
   1981年12月14日生まれ  182センチ  69キロ
   出演作品…05年『サマービーチ』
       これから『くし』(初主演)

みんなほとんど若手で固めているんですね~
でもこれからが本当に楽しみですね^^
EDIT  |  22:04  |  『雪の女王』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.10.01 (Mon)

韓国ドラマ 『雪の女王』 10/2BS ジャパンで放送開始!!

 



やりましたね!!
 また『雪の女王』を見ることができるんですね~
 私TV東京での放送の時、一番大切な、第1話『運命の出会い』を録画し忘れていたんです・・・
 こんなに夢中になるとは思っていなかったのであまり気にしていませんでしたが、
 お話が進んでいくうちにどうしてももう一度『1話』が見たくなって・・・
 この第1話『運命の出会い』って本当に重要なお話なんです
 この1話に登場する、ジョンギュとテウンの出会いがこれからのストーリーの柱になっていくので・・・
 今回は録画しますよ~
 もちろん私はこれから発売になる『雪の女王』のDVDも予約してますけど・・・
 どの場面がカットされて放送されたのか、カット場面が早くみたいです
 明日10/2 11時30分から BSジャパンで放送の『雪の女王』ですが
          第1話『運命の出会い』
          第2話『すずらんの花言葉』
 の2話の放送だそうです!
 お見逃しなく!!

 そうそう・・・今回ばかりは『海神』でなく『雪の女王』を優先します
 『海神』は12時からBS朝日で放送しますが、私の家のシステムではBSを録画中はBSのチャンネルを
 変更できなくて、その間自由に見られるのは、アナログ放送と録画中のBSの局だけなので
 明日は『海神』のソン・イルグクに会えません・・・
 『雪の女王』は毎週火曜日にBSジャパンで放送します
 2話ずつかどうかは分かりませんが・・・
 『雪の女王』でヒョンビンに出会い、そこから『ノンストップ4』『アイルランド』『百万長者の初恋』
 『私の名前はキム・サムスン』とヒョンビンにはまりました!!
 ヒョンビン大好きな皆さんはどのヒョンビンが好きですか?
EDIT  |  17:35  |  『雪の女王』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。