11月≪ 2007年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.30 (Sun)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 40話 あらすじ

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 40話 あらすじ

モパルモとムソンの救出に向かったチュモンたち
ソンヤンは鋼鉄剣を作ることに成功したモパルモをテソに引き渡すつもりだった
ヨンタバルはチュモンからの要請で兵を出す事で協力をした
ここでソソノとチュモンは戦争後初めて顔を合わせ、ソソノはチュモンに
別れを告げた
チェリョンは、チュモンがモパルモ救出に動いている事をソンヤンに伝え、ヤンタクは
チュモンに嘘の経路を伝えモパルモ救出を阻もうとするが、サヨンが
ソンヤンの罠であることを伝えた
チュモンたちは夫余を目指した

宮殿ではユファがイェソヤをクムワ王に引き合わせた
それを見かけたソルラン(テソ夫人)はイェソヤを調べ始める
イェソヤの父親を知っているクムワはイェソヤを守る事をユファに託し、チュモンの妻
としても安心であるとユファに話した
イェソヤがチュモンの命を救ったハンベク族の族長の娘である事を知ったソルランは
部屋にイェソヤを呼び、チュモン王子を救った事で周りを苦しめている…
なぜ救った 私とお前は悪縁だ テソ王子を遮る者は許さない 心しなさい…と
イェソヤに圧力をかけた
チュモンたちはモパルモを助けようとするが、目の前で夫余の護衛軍に引き渡されて
しまい手出しが出来なかった
モパルモは夫余に連れて行かれ、漢の鋼鉄剣より強い剣を作っておきながらそれを
隠していた事でテソに責められた
モパルモはどんなに責められても知らないと言い張った
テソはチュモンを呼び、モパルモを説得するように命じた
テソは自分に対する忠誠心を試すためにモパルモに鋼鉄剣を作らせるようにチュモンに
説得させていたのだ
テソの気持ちに気づいていたチュモンは、心を鬼にしてモパルモを説得した
それを見ていたオイ・マリ・ヒョッポはチュモンの気持ちを理解できず、チュモンに
対して不信感を抱く モパルモはチュモンの為に命を懸けて鋼鉄剣を守っているのに
それを裏切るのか…?
モパルモはテソ王子の為に鋼鉄剣を作る事を頑強に拒否するが、それでもチュモンは
鋼鉄剣を作れとモパルモを説得し、作らなければ自分がモパルモを殺す事になる…
オイ・マリ・ヒョッポのチュモンに対する不信感はどんどん大きくなる
チュモンの大業はどうなった?あのときの言葉は嘘だったのか…そんな三人の言葉を
陰で聞いていたチュモンはそれでもモパルモを説得し続けた
いっそ自分を殺してほしい…というモパルモにチュモンは本当に殺す事になってしまう
その言葉にモパルモは鋼鉄剣を作り始めた
変わり果てたチュモン王子に驚くが、それでも自分はチュモン王子を信じる…
そういいながら鋼鉄剣を作ったのだった
モパルモが鋼鉄剣を作った事で、テソのチュモンに対する信頼は厚くなっていった
ヨンポはトチにテソ王子の暗殺を命じた
トチの手下のハンダンは失敗を恐れ反対するが、今の状況を変えるためにはこれしかない
と説得した
チュモンの部屋を訪れたヨンポは再びテソ王子に対する気持ちを語るが、チュモンは
聞き入れなかった ヨンポはテソの足元に這いつくばって生きればいい…と言い放って
部屋を出て行った

ヤンジョンの元に漢の皇帝から、夫余の誰かを漢の人質として差し出すようにとの命令
が届いた
鋼鉄剣を作っていたモパルモは鋼鉄の強度を上げる技術を他の誰にも知られないように
鍛冶職人たちを外に出して、たった一人で剣を作った
モパルモが作った鋼鉄剣をテソに差し出すチュモン
喜ぶテソを憎憎しげに見つめるチュモン
チュモンの変わりように釈然としないテソは、大使者(クドゥクプル)に相談する
宮中での権威を守るためか…それとも時機を待っているのか…
そんな時漢からの使者が訪れ、長安に王子に相当する身分の貴人を差し出すように
命じられたテソは、今の夫余の安定を守るためには人質を送るしかない…
王妃はチュモンを人質に送る事を提案するが…

ユファはチュモンに漢に人質として送られるのがチュモンであるだろうと伝えた
オイ・マリ・ヒョッポはチュモンを訪ね、夫余を去るべきだと訴えるが
チュモンからの返事はない
そしてついにテソから 漢に人質として行くように言い渡された
この頼みを聞いてくれれば二度とお前を疑わない
ユファを守る事を約束した

                            41話へ続く…
スポンサーサイト
EDIT  |  00:00  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.29 (Sat)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 39話 あらすじ

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 39話 あらすじ

チュモンは宮殿に忍び込み、ユファとの再会を果たした
侵入者がいる事に感づいたナロは宮中を探し回った
ナロはユファの寝室に無理やり入り込み、チュモンを探し出そうとする
ユファの必死の抵抗で部屋の捜索をあきらめた
チュモンは何とか宮中から脱する事に成功した
まだ宮中にもチュモンの生還を望む者達がいたのだ
テソがチュモンの生存を知った事でチュモンの身が危ないと思ったユファは
クムワにチュモンのことを話し、チュモンが無事に宮殿に戻ってこられるよう画策した
チュモンの生存を知ったクムワはいろいろ考えをめぐらせ、チュモンが宮殿に
戻ってこられる方法を考えていた

ヨミウルから、チュモンは夫余の宮殿に戻ってはいけないと聞いたムソンはその事を
チュモンに知らせたが、チュモンはどんな事が起こっても宮殿には
戻らなければならないとヨミウルの言葉を聞き入れなかった

ケルに到着したヨンタバル一行はヨミウルと再会を果たす
ヨンタバルはソソノを君長に任命したが、ソソノは自分の経験不足からヨンタバル商団を危機にさらしてしまったことを理由に辞退しようとするが、
ヨンタバルの気持ちは変わらなかった
ヨンタバルの妹(チェリョン)とヤンタク(ケルの臨時君長)は納得がいかず、
ソンヤンと連絡を取り始めた
ケルに帰ってきていたモパルモはソソノにチュモンの生存を知らせた
チュモンが生きていた事を知ったソソノは、すれ違ったお互いの人生を呪った
チュモンは生きている…と信じ続ける事が出来ず、ウテと結婚してしまった自分の決断に
涙していた チュモン王子にもウテにも会わせる顔がない…
ヨミウルはソソノに、すれ違った縁は元には戻らない 全ては天地神明による運命だと
思いなさいと優しく声をかけた
ソソノの悲しむ姿を見たウテも心を痛めていた

夫余の王妃はチュモンの行方がわからないことで焦っていた
テソはチュモンが宮中に戻っても何も影響はないと王妃に言うが、王妃はチュモンの強い
運気を恐れていた
クムワはソンジュに書簡を託しチュモンに持って行かせた
クムワがテソを差し置いて開いた御前会議で、臣下の前でチュモンが生きているという
うわさのことを持ち出し、チュモンが宮中に戻る事を阻んでいる人間がいるのかとの
問いに、テソがそんな人間がいたら許さない との言葉を聞いたクムワは改めて
チュモンが生きている事が確認されたことを報告し、正面から堂々とチュモンを宮中に
迎え入れた
宮中に戻ったチュモンにクムワは、テソは自分とチュモンを簡単に殺せる立場にあると
伝え、今は息を潜めて時期を待つようにと命じた
ヨンポは早速チュモンにテソにはむかうようにけしかけるが、チュモンはテソを擁護する
発言を繰り返した ヨンポにもテソを支えるようにと説得した
テソの部屋を訪れたチュモンは、テソの手助けがしたいと話すが、
素直に信じられないテソ
チュモンはイェソヤをユファに引き合わせた
ユファにイェソヤを守ってほしいと頼んだ ユファはチュモンにソソノの話をし、
縁がなかったのだから忘れなさい…とチュモンを諭した
チュモンはオイ・マリ・ヒョッポと共にケルを訪れ、ヨンタバルに生還の挨拶をして
自分のせいでケルを不利な立場にしてしまった事を心から詫びた
その姿を見ていたソソノはたえられずその場を後にした
ウテからチュモンに会うようにといわれたソソノだったが、すでに忘れた人だといって
会わなかった
ヨミウルに会ったチュモンは夫余から離れるように説得する
チュモンが羽ばたくためにはテソの影響がない夫余の外に出て行くべきだ
母親のユファには周りの目もあり手を出すことはないだろう

チェリョン(ヨンタバルの妹)とチャンス(息子)はソンヤンの元を訪れ、君長との
取引を持ちかけた ソンヤンの意思を継ぐものをケルの君長にしてくれれば
ソンヤンの言うとおりにする
ソンヤンはヨンタバルを大君長の座から引きずり降ろした
自分を責めるソソノは倒れてしまった
チェリョンはモパルモが作った鋼鉄剣をソンヤンに渡した
そんな時ケルの鉄器工場に刺客が入り、モパルモとムソンが連れ去られた
そのことを知ったチュモンはモパルモ救出に向かった
                
                       40話へつづく…
EDIT  |  00:00  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.28 (Fri)

韓国ドラマを初回から見たい!!



韓国ドラマを初回から見たい

ドラマって途中で見始めるのがとてもストレスになりますよね?
日本のドラマは新しく始まるときなんかすごく宣伝してくれますから見逃すことは
ないのですが(私は最近韓国ドラマしか見てません)、韓国ドラマって
いつの間にか始まってる…という感じで、今までは偶然に1話を放送する日に
偶然TVをつけていて…というパターンでした
でも、年末年始の放送予定を見てみると、韓国ドラマを1話から見られるチャンスが
たくさんありました。
ほとんどはBS放送ですが、地上波でも初回から韓国ドラマを楽しむことが出来るんです
例えば、朱蒙(チュモン)は、今BSフジで毎週水曜日の午後8時から放送していますが
このこの年末から現在放送済みの分まで一気に再放送してくれます。
見逃した人は要チェックです。
それに、先日放送が終わってしまった『海神』や『ホジュン』もまた放送を開始しますし、
『私の名前はキム・サムスン』や『ガラスの華』は初回から最終話まで一気に放送します
また、現在放送中のペ・ヨンジュン主演の『太王四神記』は年内放送分(1話~4話)を
もう一度放送してくれますから、それを見て5話から通常放送で楽しむ事が出来ます。
お正月休みが明けてからは『ダルジャの春』『コーヒープリンス1号店』
『エア・シティ』が放送を開始します!
映画も『誰にでも秘密がある』(イ・ビョンホン チェ・ジウ)と『イルマーレ』を
見ることが出来ます。
韓国ドラマを初回からご覧になりたい方は是非見てください。


韓国ドラマ初回から集中放送するもの

     『私の名前はキム・サムスン』 BSジャパン(1話~最終話)
                    12/29 7:00~10:00
                    12/30 7:00~11:00
                    12/31 7:00~10:00
                     1/1  7:00~10:00
                     1/2  7:00~10:00

     『ガラスの華』        BS朝日(1話~最終話)
                    12/31 午前2:00~9:55
                     1/2  午前0:00~6:00
                     1/3  午前0:00~3:30

     『朱蒙(チュモン)』     BSフジ(1話~35話)
                    12/31 10:00~18:30
                     1/1  10:00~18:30
                     1/2  10:00~18:30
                     1/3  10:00~17:55
※ その後 毎週(水)20時より放送 

     『太王四神記』        BShi(1話~4話)
                     1/5  14:00~18:20
※ その後 毎週(月)22時より放送

韓国ドラマで1月から放送を開始するもの
  1/7 放送開始『危機の男』   BS朝日 月~金  12:00~13:00
  1/8 放送開始『海神』     BS朝日 毎週(火)22:00~22:55
  1/9 放送開始『ホジュン』   BS朝日 毎週(水)22:00~22:55
  1/10放送開始『エア・シティ』 TV東京 毎週(木)12:30~13:30
  1/16放送開始『ダルジャの春』 BS J 毎週(水)20;00~20:55
  1/18放送開始『コーヒープリンス1号店』
                   BS J 毎週(金)22:00~22:55

韓国映画で1月放送
  1/1 『誰にでも秘密はある』  BS-i 23:00~24;53
        イ・ビョンホン チェ・ジウ 他

  1/26『イルマーレ』      BS朝日 21:00~23:00
        チョン・ジヒョン イ・ジョンジェ チョ・スンヨン
        ミン・ヨンジェ キム・ジム 他
      
      『アメノナカノ青空』   BS-i 21:00~22:54
        イム・スジョン キム・レウォン イ・ミスク 
        キム・インムン キム・ジヨン 他

韓国ドラマってたくさんTVに登場しているんですね~。
見るのが大変!!
EDIT  |  01:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.28 (Fri)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 38話 あらすじ


韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』38話 あらすじ

チュモンの救出に成功し、チュモンとの再会を喜ぶオイ・マリ・ヒョッポたち
夫余ではテソが代理聴政を行っている事、クムワ王に起こったこと、
モパルモとムソンがケルに非難している事を聞き、愕然とするチュモン
チュモンたちはすぐには夫余に戻らず、イェソヤを救出してから夫余に
戻る事にした
チュモンが生きていたという知らせがヒョント城のヤンジョンにも届いた

宮中ではヨンタバルたちの追放を知ったクムワがヨンタバルとソソノを呼び寄せ
別れの挨拶をした
ユファとソソノも別れを告げ、ソソノにチュモンのことを忘れるように…と
涙を流した
宮中を去るソソノの姿を複雑な気持ちで見送るテソ

テソが代理聴政をするようになって完全に蚊帳の外に出されてしまったヨンポは
テソに悪態をつきテソに投獄されてしまった

ケルに戻ったモパルモはチュモンの無事をヨミウルに報告した
ヒョントからの使いに会ったテソは、チュモンが生きていると聞かされる
一方チュモンはイェソヤを連れて夫余の城下に入り込もうとしていた
そこでソソノがウテと結婚した事を知らされた
ソソノ一行が去っていくところを遠くから見送るチュモン

チュモンが生きていた事を知ったソルランがテソに意見し始めた
疎ましい様子のテソだったが何も言い返さない
テソはクドゥクプルにチュモンが生きていると告白し、どうしたら良いかと相談した
チュモンが生きている事を知ったらクムワの態度はどう豹変するか…
戦争でのチュモンの活躍を知っている夫余の民の前でチュモンを殺せば国は混乱する…
チュモンが生きている事は王妃の耳にも入り、今までの苦労が水の泡になることを
恐れた王妃は、チュモンが宮中に入る前に始末するようにとテソに命じた
夫余の城下に偵察に行ったオイ・ヒョッポはナロの様子を見てチュモンを探していると
確信した
チュモンはオイとヒョッポにチュモンが生きているといううわさを城下に流させ
簡単に殺させないように仕組んだ
チュモン本人は自らトチの前に姿を現し、驚いたトチはヨンポに知らせに行った
宮中のユファの耳にもチュモン生存のうわさが届いたが信じていなかった
しかしその夜チュモンは危険を承知で宮中に入り込み…

                    39話へつづく…
EDIT  |  00:00  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.27 (Thu)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 37話 あらすじ



韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 37話 あらすじ

夫余ではクムワの代理としてテソが国政を握る事になった
宮中に入れないままのフクチ将軍率いるクムワの兵とオイ・マリ・ヒョッポのもとに
テソの使いとしてナロがやってきて、クムワがテソの代理聴政を認めたことを伝え
宮中に戻りテソに使えるように命令した
宮中に戻った暁には今回の反乱の事は不問にするという約束で皆元の場所に戻った
オイ・マリ・ヒョッポはこの状況に落胆し宮中を飛び出すが、そこでムソンに会い
チュモンが生きているかもしれないと聞き、チュモン捜索にのり出した
代理聴政をするにあたりクドゥクプルはテソに、これまでの個人的な恨み消し去り、
全ての民から認められる王にならなければならない 夫余の安定と平和のために
尽くさなければならないと諭した

ヤンジョンの仲介でピリュのソンヤンはテソと和解し、ヨンタバル商団の立場が
ますます危うくなった
テソの命令でナロはヨンタバル君長を捕らえ、宮中に連れてきて民心を混乱させたと
罪をでっち上げ、さらにトチに嘘の証言をさせ投獄した
ヨンタバル君長はテソの仕打ちに対して、世の道理に背いていると言い残して
牢に入っていった
テソはヨンタバル率いるケルと決別し、ソンヤンと新たな関係を築こうとしていた

自らテソに謁見を求め、父(ヨンタバル)をお救いください とテソの前でひざまづく
ソソノを侮辱したソルラン
ヨンタバルを助ける事が出来なかったソソノは父のいる牢の前で涙を流すが
ヨンタバルは復讐するためには生きなければならない とソソノに声をかけた
結局テソは君長を殺す事はせず、ヨンタバル商団全員を夫余から追放し、ケルの人間は
夫余に足を踏み入れてはならないと命じた
テソから追放令を出された商団は夫余を出て行く準備を始めた

クムワは自ら起き上がり歩けるまでに回復したが、国政には戻っていなかった
報告に来たテソにも国事を相談する必要はないと干渉しない様子だった
国政に口出ししない代わりにユファ夫人を守ってほしいとテソに頼んだ

チュモンを探しに出たオイ・マリ・ヒョッポは途中で鉄騎軍に出くわしたことで
チュモンが本当に生きているのではないかとますます期待は高まった
鉄騎軍はハンベク族に捕らえられているチュモンが本物か確認に来たのだった
いよいよヒョント郡へ連れて行かれるチュモン
その様子をオイ・マリ・ヒョッポが目撃し、モパルモたちと共に救出へ向かう
山中で鉄騎軍を襲撃し、チュモン救出に成功した

                         38話へ…
EDIT  |  00:00  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.26 (Wed)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』36話 あらすじ



韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 36話 あらすじ

こんなに早く回復するとは…クムワ王の思わぬ回復に戸惑うテソ王子
クムワ王の代理をしている間にクムワ側の人間を排除してきた事や、ユファ夫人を
軟禁してきた事、ヤンジョンの娘との婚姻などをクムワが知れば自分は殺されるかも…
意識を回復したクムワはユファ夫人に何が起こっているのかを尋ねた
漢との戦争でクムワが負傷したために長い間意識不明だったことを話し始めたが
話の途中で王妃・テソ・ヨンポが部屋に入ってきた
テソがチュモンが行方不明で生死が確認できていない事、チンボンとイムドゥンとの
戦いに勝利はしたが、チュモンがいなくなりクムワも意識を失ったおかげで
戦争を続ける事が出来ず漢と休戦して夫余に帰ってきた事を聞き、クムワは大きく
落胆した
クムワの回復の知らせはオイ・マリ・ヒョッポにも届きテソに対する処遇を期待するが
クムワが全快するまでは警戒を緩めないように気を引き締めた
ヨンタバル商団のソソノにもオイがクムワの病状の報告に行くが、君長の妹チェリョンは
チュモンの手下が商団に出入りする事を嫌いオイを追い返そうとした
クムワの回復で宮中内の争いが激化し、ヨンタバル商団へのとばっちりが心配され、
ケルに戻る事を検討したが、ソソノは夫余に戻る事を決意した

モパルモはチュモンの失踪にすっかり気落ちしてしまい、酒びたりの日々が続いていた
夢にまでチュモンが登場し、いまだにチュモンの死を受け入れる事が出来なかった
モパルモの元にヨミウルからの使いが現れ、ヨミウルと会うことになった
そこでモパルモはヨミウルからチュモンが生きているかもしれないと聞かされ
ムソンとケルのソルタクと共にチュモンを探しに出かけた

鉄騎軍の襲撃を受けたチュモンは深手を負ったまま川に流され、父ヘモスと同じように
通りがかった人(ハンベク族の族長イエチョン)に助けられその娘イエソヤに
看病され、何とか回復していた
目を覚ましたチュモンは早く夫余に帰ることを希望したが、
体力がまだ十分に回復していなかった
そんな時、ハンベク族のソルタク行首がハンベク族と敵対しているヒョント郡と
取引きをして族長の怒りをかい、全ての権利を奪われてしまった
ソルタクは反乱を企て、族長のイエチョンを殺害し、イェソヤと共にチュモンは
捕らえられ牢に入れられてしまっていた

夫余のマウリョンも嫌な予感がして、チュモンの存命を予感していたが、王妃たちには
伏せたままにしていた
クムワはチュモンの生死不明に気力を失っていたが、ユファはヘモスの時の事を考え
チュモンの遺体を確認するまではチュモンの死を信じないと決意していた
ユファからクムワが意識不明の間にテソたちが行っていた事を聞かされ愕然とする
宮中で唯一信頼が出来るフクチ将軍を呼び寄せ、宮中の力関係を元の状態に戻す
相談をはじめたが、ナロがそれに気づいてしまった
プドゥクプルがクムワが軍を動かすつもりだと気づき、護衛部隊と宮中守備隊に
警戒令を出した
クムワに対して恨みを抱いていた四出道(サチュルト)は夫余宮に兵を出した
フクチ将軍はオイ・マリ・ヒョッポにも声をかけ兵を集めさせていた
この動きに気がついたナロはテソに先手を打つように進言するが、サチュルトの兵が
夫余に近づくまで待つように命じた
宮中を元に戻すためにクムワの命で動こうとしたとき、サチュルトの兵が夫余に
向かっているとの情報がはいり、テソはその動きを封じた
夫余宮にサチュルトの兵がなだれ込み、一歩遅かったフクチ将軍率いるクムワの兵は
宮中に入ることが出来なかった
怪我を負ったソンジュ(クムワの護衛兵)と共にクムワの部屋に押し入ったテソと
サチュルトの長はテソにクムワの代理聴政をさせる事を承諾させた
一方チュモンはヒョント郡に連れて行かれるために、牢から出されていた

                      37話へ…
EDIT  |  00:00  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.25 (Tue)

韓国ドラマ『太王四神記』 4話「王になる条件」 あらすじ



韓国ドラマ『太王四神記』4話「王になる条件」あらすじ

ホゲの母親の棺の前で、なぜホゲを捕らえたのか…とのヨン・ガリョの問いに
タムドクはホゲの母親が本当にヤン王を毒殺しようとしていたら、
ホゲを人質に取るつもりだったと答えた
ヨン家が反乱を起こさないように…そこで侍医の首を見せ、
ヨン家の人間が王の毒殺を企てたと騒いだ侍医を始末したのだと説明した

すまない…とだけホゲに声をかけてヨン家を出て行くタムドク
ヨン家の周りにはコ・ウチュンと近衛隊が取り囲んでいた
タムドクが去った後、ヨン・ガリョはホゲに言った
ホゲと私の負けだ…あの親子にすっかり騙されていたんだ…
1行の文も覚えられないほど鈍く、勇士どころか病弱で馬にも乗れないと聞いていたため
全く気にも留めていなかったが完全に騙されていたんだ
チュシンの星が輝いたときに生まれた、というだけで王になろうというのは
間違いだったのだ
ホゲが皆から王として認められるまで待とう…
自分(ヨン・ガリョ)がホゲのことを王として認められるようになる日まで
ヨン・ガリョの言葉にホゲは、自分が王にさえなれば母を殺したあいつに何をしても…

宮殿に戻ったタムドクにヤン王は激怒した
目立たないように…とあれほど言ったのに
同じ一族なのにどうしてヨン家は…私たちを憎んでいるのか?との問いに
ヤン王は静かに話しはじめた
コググォン王が即位してから12年後に起こった出来事
前燕が高句麗を侵犯しミチョン王の墓地を荒らして遺体を奪っていった事
それだけではなく、前燕の捕虜としてヤン王の母親が連れて行かれたことを
タムドクに話して聞かせた
捕虜として13年を過ごした後高句麗に戻ったときにヤン王は母と一緒だった
ヤン王の妹がなぜヤン王を兄として認めなかったのか
宿敵である前燕で生まれた自分(ヤン王)を高句麗の人々は影口をたたいた
母(王妃)が前燕の子を産んだと…
しかしヤン王の母が前燕に捕虜として連れて行かれたときはすでにヤン王を
身ごもっていたのは事実…でもヨン家は認めようとしなかった
だから人目を避けて田舎で暮らしてきたのだ

父親から話を聞いた夜、タムドクはキハと偶然に会い、こう尋ねた
友達の母親を死に追いやった自分でも王になれる?
キハは心の中でこう願っていた
王子様はもっと強く俊敏になってほしい  危険な状況に出会ったとき
怪我をせずに逃げられるように…

それからのタムドクは宮殿から抜け出し、街の民と一緒に過ごす事が多くなっていた
タムドク・ホゲ・キハ・スジニはそれぞれ成長し、あるとき偶然タムドクとスジニが
出会った
スジニ(イ・ジア)は何かとタムドク(ペ・ヨンジョン)に付きまとうが…
タムドクが度々街に足を運んでいる事を知っていたヤン王はそれとなく注意する
目立ってはいけない…今度開かれるキョック大会も見に行ってはいけない
高句麗の貴族が皆見に来るのだ…あの大使はただ者ではない、と思わせてはいけない
ヤン王はタムドクに言い聞かせたが…
タムドクは神女のキハ(ムン・ソリ)には心を開き、キハは火を操るようになっていた
タムドクはキハの前で本音を漏らす
キハ、神殿をやめて二人で逃げよう キハが火の技を見せて自分がお金を集める…
誰も笑ってくれない…宮殿には一緒に笑ってくれる人がいない

一方あれほど明るい青年だったホゲ(ユン・テヨン)は母の死後笑わなくなった
全国の貴族が集まるキョック大会で高句麗の皆に自分(ホゲ)の強さを見せつけ
民心に王としてふさわしいと思わせてやる…
その一心でキョック大会での勝利と活躍を父ヨン・ガリョに誓ったホゲ
タムドクはヤン王が止めるのも聞かず、結局スジニとともにキョック大会を
観戦することに
その席に火天会(ファチョン会)の大長老も顔を出していて、ヨン・ガリョと
接触しようとしていた
                        5話 へ続く
EDIT  |  01:24  |  『太王四神記』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.22 (Sat)

韓国ドラマ 『マイガール』 最終話 あらすじ




韓国ドラマ 『マイガール』最終話 あらすじ

ついに最終話まで来てしまいました。『マイガール』はラブコメディだったせいか
あっという間に過ぎていってしまいました
前回の『雪の女王』とは全く違いましたが、とても楽しめてよかったです!!
今日で終わってしまうのは寂しい(ジョンウに会えない…)けど、
また次の新しい韓国ドラマに出会えると思うと…仕方がない・・か


* ********* 最終話 あらすじ *************

ゴンチャンにまた出会ってしまったユリンはゴンチャンのおじいさんとの約束を
守るため、ゴンチャンへの思いを断ち切ろうとあの大きな星を捨てようとします
その時ユリンの腕をゴンチャンが抑え、ユリンが嘘をつけないように教会へ
連れて行き、ユリンの気持ちを確かめようとするゴンチャン
ユリンの気持ちというより、二年間ずっと心に秘めてきた思いを一気に吐き出した
感じのゴンチャン
ユリンを圧倒する勢いで思いをぶつけます
ユリンに本物の孫娘が見つかっている事を話し、二人で日本に行こうと
ユリンに言うゴンチャン

会長宅に戻ったゴンチャンは会長にユリンを見つけたことを話し、ユリンと共に
日本に行くと、今回は会長の反対もお構いなしだった
おば様も心配するけど、ゴンチャンは今度こそユリンを手放したくないって決意は
固い!!
家に戻ったユリンの様子に気づいたダメ親父は仕事が大変だといったユリンの言葉を
信じて、もっと楽な仕事を紹介してもらおうとユリンの履歴書をある人のところに
持って行った
ほんとにずうずうしい親父だ~何でセヒョンのところに持っていくかな~
悪気はないんだけど…本当にどうしようもない…

一方、失意のどん底のジョンウ…彼は本当にかわいそうだった…
仕事に打ち込もうとするけど全く空回り…でも今でもジョンウの方が…

何も知らないユリンの元にセヒョンから連絡が入り、ユリンパパとセヒョンとの係わりと
ユリンパパが日本で助けたがゴンチャンのいとこで会長の孫ってうそみたいな事実が
判明して…
そんな時ユリンは会長から呼び出しを受けます
会長は二年前に本当の孫娘の存在を判っていたけど、それを知ったゴンチャンがユリンの
元に行ってしまうのを恐れこれまで隠してきた事を告白しユリンとの結婚は
賛成できないと言います
ユリンは会長に何とかすると言い、セヒョンに協力してほしいとあるお願いをします
セヒョンは会長・叔母夫婦・ゴンチャンをホテルに呼び出し、
そこにユリン親子が登場します ユリンは父親に黙って座っていてとお願いしています
何も知らないゴンチャンはユリンとその場を離れようとしますが、ユリンは話があると
ゴンチャンを座らせます
そこからユリンの大嘘がはじまります
とにかく今回の話ははじめからユリン親子が仕組んだ詐欺行為だったこと、
運良くゴンチャンがユリンのことを好きになってくれたおかげで、嫁にまでなれるかと
思ったけど、セヒョンにバレてセヒョンからお金をもらって姿を消した
ゴンチャンは嘘だって信じなかったけど、ユリンは冷たくゴンチャンを突き放します
ユリンは傷ついたまま家に戻るとゴンチャンが…
ユリンはゴンチャンに二度と会わないようにしましょうと言って二人は別れます
家に戻ったユリンの部屋には、ゴンチャンが雪が降るたびに買っていたスノードーム
たくさんのスノードームを見て涙を流すユリン
セヒョンはユリンに、ジョンウはゴンチャンにそれぞれの本当の気持ちを確かめに
行きますが、結局ゴンチャンはユリンの為に騙された振りをして、
ユリンはゴンチャンの為に嘘を突き通し…でもお互いの気持ちは理解している

そんな二人の為に会長の元には代わる代わる訪問者が…
セヒョンもジョンウも叔母夫婦もみな口を揃えてユリンはゴンチャンの為に嘘を…
会長の孫というのは嘘だってけれど、ユリンといた日々は幸せだった
あの幸せは嘘ではできない…
会長ももう二人の運命の邪魔をしようとはしていなかった
ゴンチャンが日本に発つ日にユリンを呼び出して、とうとう認めてくれた!!
ゴンチャンが出発前にどこかに寄っていくと聞いたユリンはピンときます
63ビルでユリンと再会したゴンチャンは…
やっと二人は嘘から解放されて本当の気持ちを確かめる事ができました!!!!

                           良かった 良かった!!
EDIT  |  22:17  |  『マイガール』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(1)  |  Top↑

2007.12.18 (Tue)

韓国ドラマ『太王四神記』 3話 「毒薬の因果」 あらすじ





最初から面白いな~って見ていますが、新年早々『太王四神記』を4話まで
一気に放送するそうですね
放送予定は…
1月5日  午後2時00分~3時05分30秒  1話 「神の子ファヌン」
        3時08分~4時10分30秒  2話 「チュシンの星」
        4時13分~5時12分30秒  3話 「毒薬の因果」
        5時15分~6時18分30秒  4話 「王になる条件」



韓国ドラマ『太王四神記』3話 「毒薬の因果」あらすじ

前王より「チュシンの王となり、チュシンを再建するように託されたタムドク
だったが、現王ヤン(タムドクの父)以外に宮殿内に心を許せる人がいなかった
タムドクは目立たぬように身体が弱いふりをして暮らしていた
その頃キハと出会いだんだん心を許すようになる
書庫で人知れず武術について勉強するタムドクだったが、なかなか理解できない
キハはそれとなくヒントを与えた

その頃コムル村の村長ヒョンゴとスジニはヨン家に頻繁に出入りしている薬売りの
事を調べていた スジニはサリャン(火天会の人間)の後をつけ、ヨン家に
入り込みホゲの母が手に入れた薬について調べた
古代の呪術師が使っていた毒薬で毎日少しずつ飲ませる事によって一ヶ月で
誰にも気づかれる事無くしに至らしめることが出来る毒薬…
ヨン家が誰を殺すためにその薬を手に入れた事までは分からなかった

タムドクはキハに言われたとおりに下半身を鍛え始め、キハはその様子を遠くから
見守っていた
チュシンの星が輝くときに生まれたもう一人の人物 ヨン家のホゲ は、
タムドクと正反対で明るく武術にも長け、戦争においても手柄を立て民心から
信頼されていた
ヨン家に褒美を届けに行ったタムドクはそこで辱めを受ける
ホゲは酒の席の出来事と謝ったが、タムドクはみんなの言うとおりだと言った
ヨン家は王宮の近衛隊の2倍の兵力を持つ貴族で、王家が攻め込んで来ても
負けない自身があるためか、タムドクの前でわざと謀反をにおわせることを
言うのだった

ヒョンゴ(コムル村の村長)はヨン家が武器の手入れを始めた事から、どこかと
戦う準備をしていると分かったが、その相手が外の敵なのか国内の敵なのか
分からないでいた
ヨン夫人(ホゲの母)はヤン王の侍医に命じて、毎日少しずつ王に毒を盛っていた
宮殿に来てから日に日に衰えていくヤン王(タムドクの父)の姿を見てタムドクは
毒の事を調べ始めていた
ヤン王の症状を和らげようと薬草園に出向いていったタムドクはそこで偶然に
キハと出会う
唯一心を許せるキハに会ったタムドクは、王の症状を見てほしいと頼んだ
キハは昔呪術師が使っていた毒薬の話をして、ヤン王の症状がその毒薬に
よるものと似ている事をヤン王とタムドクに話した
王の症状が火天会(ファチョン会)で扱っている毒薬によるものだと確信した
キハはサリャンを問い詰めた
解毒剤を…とサリャンに命ずるキハ
火天会(ファチョン会)の大長老にヤン王の命を狙っているのかと聞くキハに
今の王の命は問題ではなく、関係があるのはヨン家の息子ホゲだと答えた
ホゲは時々見かけるキハのことが気になっていた

ある日タムドクはヤン王の侍医が毎日毒を盛っていた事、毒の隠し場所、
黒幕をつきとめた
その頃からタムドクは近衛隊のコ・ウチュンから剣術を習い始める
ヨン家と戦っても王家を守る近衛隊に勝ち目は無い
タムドクは思い悩んでいた
ある日タムドクはそれとなく毒の話をホゲにする
ホゲは詳しくないようだ

キハはタムドクが軟弱でバカな振りをしていることを見抜いていた
生き延びるためにそうしてきたのだとキハに話すタムドク
  犯人は判っている…捕まりたいらしい…自分に(タムドク)に
  糾弾されることを望んでいるようだ 
  その手にのれば自分は殺される…
  父が毒で苦しんでいるのに僕は怖がっている…
一人心を痛めているタムドクにキハはある言葉を教える
  斧を片手に虎を追うのは勇気じゃない 無知だから怖がらないだけだ
  怖がるのは知恵がある証拠 知恵がある者は斧ではなく
  わなを仕掛けて虎を待つ 
  たとえ怖くてもそのために知恵を使うのが勇気…
その言葉を聞いたタムドクはキハにいつも側にいてほしい…と言った
タムドクは勇気を出してある行動に出た
ホゲは近衛隊に囲まれ身動きが取れない間にホゲの母を宮殿に呼び
ヤン王の侍医の自白書を見せた その自白書には
  ホゲに頼まれて毒を盛った…
と書かれていた
その見返りに侍医に渡した金には王の紋章がある…とジリジリ追い詰めた
ホゲでないのなら真犯人は誰…?犯人さえ捕まればヨン家のほかの人間は
罪には問わないというタムドクの言葉にホゲの母は自ら毒を飲み命を絶った
息を引き取る間際にヨン夫人はホゲに
  チュシンを再建しホゲが王になると約束して…
  偽の王子に気をつけて…
と、言い残した

母の棺の前でタムドクに命を懸けて真実を問いただすと言うホゲ
その時ヨン・ガリョの所へタムドクが現れ、棺の前で手を合わせる
ヨン夫人がヤン王の侍医に毒を盛らせたとヨン・ガリョに毒のビンを見せた
侍医の告白を聞いた夫人は自ら毒を…と説明したがホゲは信じなかった

                       第4話へ…  
EDIT  |  17:34  |  『太王四神記』 あらすじ  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.17 (Mon)

韓国ドラマ 『太王四神記』 2話 「チュシンの星」 あらすじ



太王四神記 2話『チュシンの星』 あらすじ

  「チュシンの星」が輝くとき真の王が誕生する時…
   西暦375年ついに「チュシンの星」が輝いた!
   ちょうどその時この世に生を受けようとしている人間が二人いた
   「チュシンの星」の輝きと共に真の王を守るために4つの守護神も
   目を覚まそうとしていた
   青龍・白虎・玄武・朱雀 この守護神を手に入れるために「チュシンの星」の
   輝きと共に火天会(ファチョン会…虎族の末裔)は各地に兵を派遣した
   守護神の力を手に入れて火天会が支配するために…
   この世に生まれ出ようとしていた二人は高句麗の貴族のヨン家(王の妹)の子と
   王の弟の子供だった
   各地の神器の守るそれぞれの部族は火天会(ファチョン会)に神器を
   奪われないように、真の王となる人にたどり着くために守っていたが、
   朱雀を封じ込めてある紅玉を持ったキハは火天会の手に落ちてしまった
   キハは生まれたばかりの赤ちゃんを守ったが、その赤ちゃんの額に浮き出た
   黒朱雀のしるし…?
   この赤ちゃん(後にスジニと名づけられる)を保護したのは玄武の神器を守る
   コムル村のヒョンゴだった
   「チュシンの星」の輝きと共に誕生した二人は
   ヨン家のホゲと王の弟の息子タムドクだった
   10年後王が天に召されようとしている寸前、タムドクと王の弟オジジは
   宮殿に呼び出され、タムドクの父が新しい王に任命された
   タムドクは前王が亡くなる前に、4つの神器を集め真の王になるように
   言いつかり、父オジジと共に目立たないように病弱で何も出来ないと
   思わせるように暮らしていた
   火天会に連れてこられたキハは神殿に入り込んでホゲとタムドクのどちらかが
   真の王になるのか探っていた
   そんな時、キハ・ホゲ・タムドクの3人は出会う

                       太王四神記 3話 へ続く…
EDIT  |  17:43  |  『太王四神記』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.15 (Sat)

韓国ドラマ『マイガール』の終了後・・・



韓国ドラマ『マイガール』の次は…


韓国ドラマ『マイガール』は来週12月20日が最終話ですが、その後は
チェ・ジウの『エアシティ』なんですね!!
WOWWOWでの放送をしていて、私は見られなくて悔しかったけど、
こんなに早く地上波で見られるとは…

2008年1月10日(木) 12:30スタートですね!!

チェ・ジウ出演の作品は『天国の階段』と『冬のソナタ』しか見ていませんが、
この『エアシティ』のキャラクターは全く違ったイメージのものになりそうですね
空港で起こる様々な犯罪から空港を守っていくストーリだそうですが…

キャスト

  チェ・ジウ(ハン・ドギョン役)
       なんとなく冷たいイメージの女性ですが本当は情熱的だそうです
       何か心に傷を抱えていそうです
  イ・ジョンジェ(キム・ジソン役)
       自分が正しいと思った事を行動に移すために一匹狼的存在?
       ハン・ドギョンとの係わりが楽しみ
  ムン・ジョンヒ(ソ・ミョンウ役)
       ジソンの元彼女
       三角関係?四角関係か?
  イ・ジヌク(カン・ハジュン役)
       今BSで放送中の『スマイル・アゲイン』に登場している人かな?
       かっこいいと思っていました!!
       ドギョンに思いを寄せる役…
EDIT  |  00:24  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.14 (Fri)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 35話 あらすじ




韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』35話 あらすじ

軟禁されたユファは何も出来なくなってしまった
王妃はテソの行動を注意したが全く気にする様子はなかった
クムワ側の人物を容赦なく排除するという意思表示のためだろうと
ヨミウルは考えていた
ヨンタバル商団にも何らかの影響は避けられないはず…と注意を促した
漢より夫余を選んだ事が立場を悪くしていてケルへ戻る事も難しく、
また、テソ王子から逃げるように戻ればテソを刺激する事になってしまうと
考え、そのまま夫余にとどまる事に決めた
神女マウリョンはヨミウルが夫余に戻った事を察知し、王妃に報告した
チョンゴ(王妃のお世話係)にヨンポを連れてこさせ、ヨミウルを片付けるよう
命じた
鉄器工場に戻ったモパルモは鋼鉄剣を作るつもりは無かった
5日間で鋼鉄剣を作る事を言い渡されていたが、モパルモはチュモン以外には
作るつもりが無く、死を覚悟していた
王妃にヨミウル殺害を命じられたヨンポはトチに命じてヨンタバル商団の動きを
監視させていた
商団の屋敷を出たところでヨミウル一行を襲ったトチだったが、中にいたのは
サヨンでその隙にヨミウルは宮殿に向かった
宮殿の入り口にはオイ・マリ・ヒョッポが待っていて、宮殿の中に引き入れ、
ソンジュ(クムワ王の護衛総監)の助けもあって無事にクムワの部屋に入ることが出来た
治療を終えたヨミウルが部屋を出たところでヨンポに見つかり殺されそうになるが、
テソがそれを阻み命拾いをした
テソは以前ヘモスと戦って負傷したときにヨミウルに助けられた借りを返したのだった

ナロがヨンタバル商団を訪れ、君長をソソノを宮殿のテソ王子の元に連れて行った
テソはヤンジョンの娘ソルランとの婚礼を控えているが、ソソノを夫人として
迎えたいと言い、さらにこの申し出を断れば商団への配慮を全てやめ、夫余の
交易権を剥奪しケルの鍛冶職人を引き上げさせる…と脅してきた

ソソノはモパルモを守るためにケルへ逃がした
オイ・マリ・ヒョッポはユファ夫人を守るために夫余に残ったが、モパルモが
いなくなった事に気がついたナロは三人を疑った
しかし、ソンジュの助け(三人はずっと門番を離れなかった)によって難を逃れた
ソソノはある重大な決断をする
ウテに自分を嫁にもらってほしいと願い出たのだ
テソがヒョント城に行っている間に自分が人妻になれば文句を言うまい…
自分の気持ちの中には朱蒙王子がいるが時がたてば忘れるだろう…
ヨンタバル君長たちにもソソノの決意を話すが一度は反対した
しかし、何とか説得し、ソソノとウテは婚礼を挙げる事を承諾させた
サヨンはウテを哀れんだ
チュモンを思い続けるソソノを妻に迎えるウテの運命を…
そんなサヨンにソソノはチュモン王子を忘れ、ウテを慕ってみせると誓った
ケルに戻っていたヨミウルの元にもソソノの婚礼の知らせが入ったが
ソリョンはウテに死の影が近づいているとソソノの前途多難な運命を哀れんだ
夫余の宮殿にソルランを連れてテソが戻ってきた
テソとヤンソルランはすぐに神殿で婚礼を挙げたが、プドゥクプルはこれを期に
ユファの軟禁を解くようにテソを説得した
ナロからソソノの婚礼の事を聞いたテソはヨンタバル商団を訪れた
怒りに任せ、自分を避けるための猿芝居だとののしり、自噴に対する侮辱が
どんな結果を生むか見せ付けてやる…と言い残して去っていった
軟禁を解かれたユファはすぐにクムワの元を訪れ看病をすると、ついにクムワが
目を覚ました
クムワの覚醒の知らせに素直に喜んだのはヨンポだけだった
その頃ケルのピョリハが三足烏の姿を見つけヨミウルに報告した
チュモンがどこかで生きている…

                         36話へ…
EDIT  |  23:23  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.13 (Thu)

韓国ドラマ『マイガール』15話 あらすじ





韓国ドラマ『マイガール』15話 あらすじ

ユリンと離れてから2年が過ぎたけど、ゴンチャンもジョンウもユリンのことは
忘れていなかった
ゴンチャンの叔母が心配するくらいで、雪が降るたびにスノードームを買ってきては
部屋に飾って…
チェジュ島から帰ってきてすぐにホテル買収のために日本に旅立つことにするゴンチャン
本当は日本でユリンを探そうとしている
ジョンウがゴンチャンを見送るために二人で空港に向かっているとき、隣に止まった
観光バスにユリンが乗っていたんだけど、3人とも気がつかなかった
先に見つけたらゴンチャンに教えないってゴンチャンに行っていたジョンウは空港で
ゴンチャンを見送った後ユリンを見つけた!
追いかけたけど見失ってしまった
でもジョンウはユリンを逃がさないってユリン捜索に意欲満々
ゴンチャンも日本に向か飛行機の中でユリンの名刺を見つけてびっくり!!
ゴンチャンは偽名でユリンの旅行会社のツアー客に申し込んでユリンと再会を果たした
でも、ユリンの反応はいまいち…納得のいかないゴンチャンはユリンに付きまとう
徹底的に…どんなにユリンに冷たくあしらわれようとも…
ユリンだって平気であるはずもなく、会長をとの約束を守って一生懸命
演技をしているんだけど…
ジョンウはゴンチャンが日本に行っている間にユリンを先に見つけようとがんばります
ゴンチャンとユリンはもう会ってしまっているんだけど…
ゴンチャンが日本に行っている間に…って思って会長も自宅に本当の孫娘を招待していた
ゴンチャンがいくらがんばってもユリンの態度は変わらす、
もう過去の事って言われてしまうんだけど、そこに何も知らないジョンウが現れて…
ゴンチャン完敗だ…って言って、ユリンのために用意した花束をそこに残して去っていく
ジョンウは本当にかわいそうだ!!
ゴンチャンがうちに帰ると、会長をはじめみんながとても驚いて…
ゴンチャンも驚いてこの人は…ってついに会長が本当の孫娘であることを話した
本当の孫娘が見つかったことを知ったゴンチャンが会長の前から去って聞く事を
恐れて今まで言わなかったということを聞いたごんちゃんは、ついに…
おじいさんが奇跡的に孫娘を見つけたように、僕も奇跡的にユリンを見つけたんだ。
もう何も言わないで…
ユリンはツリーに飾られた大きな星を見て、ゴンチャンさんもう来ないで…って
つぶやきながらもうゴンチャンのことを忘れようと星を投げ捨てようとしたとき…
ゴンチャンがユリンの手をとって、もう自分の気持ちに嘘をつくな…って

                             最終話へ…
EDIT  |  14:47  |  『マイガール』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.10 (Mon)

韓国ドラマ「マイガール」 12話~14話 あらすじ



韓国ドラマ『マイガール』 12話~14話 あらすじ

* ************* 12話 **************
ユリンとゴンチャンは63ビルですれ違って会うことはなかった
ユリンはひとり63ビルでゴンチャンの妹として生きていく事を決意して
ゴンチャンにもいとことして仲良くしていこうと言って…
ゴンチャンも、もうどうにもならない事として必死で心を抑えようとしてる
でも、セヒョンとはもうやっていけないって別れました
その別れ話をジョンウは隣の部屋で聞いているんだけど、ゴンチャンはセヒョンに
愛せなくなったって言って…
その後ジョンウと食事に行く事になって、でもジョンウはゴンチャンにはっきり
ユリンにプロポーズするって言うんだけど、ゴンチャンはだまって聞いているしかない
ついにジョンウは会長にユリンにプロポーズをする事を言っちゃって、ゴンチャン以外の
人たちはみんな思い通りにことが運んだと思って喜んでるけど、ゴンチャンは…
で、ある日ジョンウはゴンチャンのホテルの最上階のラウンジを借り切って
プロポーズに向けて準備中!でも、ゴンチャンにはどうする事も出来ない
かわいそうな事にゴンチャンは何も知らないユリンをジョンウの待つホテルまで
送る羽目に…
もちろんユリンはジョンウからのプロポーズを断って(ジョンウがかわいそう…)
ゴンチャンを責めちゃって、そこでジョンウが事実を知っている事を告白!
ゴンチャンはジョンウに黙っていてくれるように頼むんだけど、ジョンウの言葉は
厳しい!! ユリンのこと?それともお前がユリンを愛しているってこと?
それを運悪くセヒョンが聞いてしまったものだから…

ゴンチャンはチェジュ島に長期で勤務する事にしてしまって、同時にセヒョンとの
破局を知ってしまったことからいとこになる自分と顔を合わせたくないから
そうしたんだと思い込んでいるユリン
でもジョンウの何気ない一言からユリンはゴンチャンの自分に対する気持ちに
気づいちゃった!!
ユリンとの63ビルでのやり取り…そのときからゴンチャンはユリンを意識しはじめ
たんだった  5・4・3・2…・1で目の前にユリンが登場したときね~
ゴンチャンはついにユリンに本当のいとこはなくなっていることを告白して
ユリンもジョンウから聞いて知っていたから、覚悟をしていたって言って…
帰りのタクシーの中で眠っている(ふり)のゴンチャンにユリンは最後のお願いをします
雪が降っている間だけはチュ・ユリンのことを思い出して…
でも、誰にもばれないようにって
創立記念日の朝はゴンチャンが旅立つ日、ユリンは必死に泣くのを抑えて
ゴンチャンを見送ります
ゴンチャンは空港に向かい、ユリンは創立記念パーティーの会場へ…
会場に向かうタクシーの中で降っている雪に気がつきます
同じ雪をゴンチャンが空港で見ていて、ユリンを思って…
ユリンからもらったうそをつくときに握るコインを手から離し
ユリンは会長の孫として生きていく階段に踏み出そうとしたとき
ゴンチャンがユリンの腕をつかんで止めた!!!
ゴンチャンさん…どうしてここに バレたらどうするんですか?
もう嘘はつけない…!ってユリンを抱きしめちゃった   けど
それをジョンウとセヒョンに見られちゃった

* *************** 13話 **************
ジョンウとセヒョンに見られたけど、ゴンチャンとユリンはそのままホテルから
逃げちゃって、でも正直ゴンチャンは理由とか何も考えていなくて…
ユリンは半分あきれながらゴンチャンを責めちゃった
ゴンチャンは会長に連絡をして、緊急事態っていうのが精一杯、見かねたユリンが
急にソウルに父が来て、今回の事で怒っているんです~って簡単に会長を
納得させた ゴンチャンは素直に感心してる
ジョンウは母親に本気で勉強するためにアメリカに渡ると言って、でもユリンも
連れて行くって…ジョンウのお母さんもちゃんと法的に証明が出来たら許すって
ジョンウもかっこいいのに…ジョンウじゃダメなのかな~
一方ユリンとゴンチャンはつかの間のラブラブデートです
二人の気持ちを確認して、本当にうれしそう
結局会長の家に戻ったゴンチャンとユリン でも、会長はジョンウママからの
言葉を実行しようとしていた
会長はユリンを会長の籍に入れようとしていたんだ!!
そんな事をされては困るゴンチャンは強行に反対するんだけど、遺産をユリンに
分けたくないからなんて誤解されちゃって…
ジョンウもユリンを守るためにもアメリカに連れて行くって言うし、ゴンチャン
ピンチ!!会長も怒っちゃって…

ユリンのダメ親父は会長の孫娘を探していることを知って、これは金になるって
すぐに飛びついた
ユリンパパが言うには、大震災で亡くなったのではなく、ユリンパパが助け出して
病院に連れて行ったとのこと、
当時の知り合い(日本のパチンコ店を再現しているみたいだけど無理がある)が
ユリンパパのことを信用していなくて、相手にしないようにと釘を刺すんだけど
本当の孫娘に生きていてほしいゴンチャンは、わらにもすがる思いで
ユリンパパに会おうとする
ジョンウはユリンに一緒にアメリカに行こうと説得するけど、ユリンは断る…
でも、セヒョンがユリンのいる会長の家に訪ねて来て、ユリンにプレッシャーを
かける~ねちねち…ユリンもすごい動揺してしまって今までのごまかしが
全く出てこない セヒョンはユリンの部屋で見覚えのある物を見つけて
すごくショックを受けてた  あのスノードーム…
ゴンチャンの車の中で見たものだったから 
ジョンウが入ってきてくれたからその場は何とかなったけどセヒョンは自分が
本当に哀れに思えた
ジョンウもユリンにそのスノードームと同じように、嘘がばれたら粉々に
なってしまうんだ…って言って、ユリンはアメリカに行く事を決意した
このときゴンチャンは会長の孫娘を探しに日本に行っているんだけど、
生きているかも知れないっていう事を内緒にしているから、ユリンは一人
苦しんでいて…
日本にいるゴンチャンは望みがあると思っているからお気楽気分でユリンに
電話するんだけど、ユリンはもう張り裂けそう…
ユリンはジョンウとアメリカに行こうと決心して自分でゴンチャンに言おうと
するんだけど…
セヒョンはユリン親父からの情報(本当の孫娘が生きているかもしれないこと)を
握りつぶして、二人が一生嘘をつき続ければいいとゴンチャンの元を訪ねた
ゴンチャンが自分のもとに戻ってくれれば書類を渡そうとしたのか…?
でもゴンチャンはセヒョンにはっきり言っちゃった
ユリンしか見えないって…
そのやりとりを隣の部屋で聞いていたジョンウは引き返して行ったけど
その時、ユリンから泣きながら電話が入る
ジョンウさん…私からは言えない…ジョンウさんから言って…
ジョンウはユリンに王様の耳はロバの耳の最後は、秘密を全部さらけ出して
ハッピーエンドになるんだって優しく言って、幸せになれって去っていった…
ジョンウは最後までかっこいいし、男らしいって思うわ~
                  やっぱりジョンウの方がいいって!!
ジョンウの後にユリンの前に姿を現したゴンチャンは、つらそうなユリンを見て
辛くさせてしまったのかって聞くんだけど、ユリンは嘘をついた罰を受けている…
もう嘘はやめましょうってゴンチャンに言った…
ゴンチャンはここで初めてユリンに本当の孫娘が生きていたんだって教えた
もう嘘をつかなくていいんだよ…って
ホテルを出たゴンチャンとユリン…ゴンチャンがユリンに愛してるって言って…

* ************** 14話 **************
ジョンウは一人でアメリカに行く事にしたみたいで潔いし…
でもセヒョンは孫娘の書類を隠しちゃった ユリンパパにも口止めをして
ユリンは本当の孫娘が見つかるまで、チェジュ島に行って待っている事にして
ゴンチャンも後で合流する事にして…
着々と準備は進んで、二人とも幸せそう
そんな二人の姿を目撃してしまったセヒョン、おまけに二人でチェジュ島に行く
計画を知ってしまったものだからスイッチが入っちゃった
ついにセヒョンは会長にゴンチャンとユリンの嘘をバラしてしまった
ついでに二人が愛し合っていることまで…
会長はすごく動揺するんだけど、事を確かめてからって考えて、ユリンたちには
黙って本当の孫娘に会いに行った会長
でも、会長は本当の孫娘に会ってもユリンのように愛情がわいてこなかったみたい
本当のハナって言う孫娘は、韓国の裕福な家庭に引き取られて幸せに暮らしていた
みたい…チャン先生もユリンのほうが似ていましたねって思わず言っちゃった
本当の孫娘を確認した会長はユリンを呼び出して、嘘を知ってしまった事を
ユリンに言って、このまま遠いところに行くように、二度と現れないように
ユリンに言った!!ユリンは心から謝って会長からのお金も受け取らずに
出て行くことを約束するけど、最後に空港までゴンチャンに送る事を許してもらった
何も知らないごんちゃんは、ユリンを空港まで送るけどユリンは泣くのを抑えるために
必死…ゴンチャンと別れた後チェジュ島ではなく違う国に行ってしまうんだけど
ユリンはユリンパパの前でついに我慢が出来なくなって号泣
ゴンチャンも車で戻りながらも何だか胸騒ぎがして…秘書から会長にバレたことを知って
家に戻って会長に呼ばれてユリンが外国に旅立った…探すなって言われ
ゴンチャンも号泣
でも、会長も本当にユリンのことがかわいかったみたいで…そのまま倒れてしまい

で、二年の月日がたち…おばさん夫婦にユリンって名前の女の子が誕生していて、
ジョンウはまじめに理事の仕事をしてる(でも雪が降ったらユリンのことを思い出して)
ゴンチャンが63ビルの前に停車していたとき、横断歩道の白い線を踏んで渡る集団が…
そして、幸せが訪れるかも~ってユリンの声!!
でも、ゴンチャンは気づかずに…
EDIT  |  22:42  |  『マイガール』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.08 (Sat)

韓国ドラマ『マイガール』9話~11話 あらすじ



韓国ドラマ『マイガール』9話~11話 あらすじ

* ************** 9話 **************
ジョンウと一緒に映画を見に行く事になったユリン
ジョンウは資金が無いとゴンチャンを誘って三人映画を観ることに…
ユリンはこの映画に興味が無かったみたいで途中で眠ってしまうんだけど、
ユリンにどっちが肩を貸すかでの二人の様子が…
ユリンはゴンチャンのほうに傾いたんだけど、ジョンウがユリンを引き寄せて
結局ジョンウが肩を…でもゴンチャンも負けてない
映画を観終わったあと、人ごみでユリンを守ったのはゴンチャン!!
ユリンはうれしそう  結局ゴンチャンは帰ってしまうけど、この後の
ジョンウとユリンの嘘つき対決が見もの!!青唐辛子を気合で辛くないって
ジョンウを騙したユリン…これと同じように本気で思い込めばうそも本当になる
そんな話をしながら、ゴンチャンに対する気持ちを抑えようとしているユリン
ジョンウはユリンにそれとなく自分の気持ちを話すんだけど、ユリンは全く
気がつかない…ユリンにはゴンチャンしか見えてないもんね~
            でも、ジョンウのほうがやっぱりいいと思うわ…
ユリンが家に戻ると、なんとその日は朝までゴンチャンと二りっきり…
ユリンは何だか意識してしまって、部屋に閉じこもって鍵を閉めた挙句に
ドアの前に椅子を置いたりして…それに気づいたゴンチャンは怒ったよ~
俺がお前に手を出すって?
違う違う、ユリンは自分がゴンチャンを襲っちゃうって…食べちゃうぞって

会長がすっかり良くなってしまって、主治医と何だか相談を…
今から日本のユリンを育ててくれたお父さんにご挨拶に行くって~
ユリンは慌ててゴンチャンに連絡するけど、昨日の今日で電話に出ない
どんどん空港に近づいてく~ユリンは必死にとめようとするけどうまくいかない
ゴンチャンに連絡がついたのは空港についてから!!
ゴンチャンが会長を止めようと、僕も一緒に行きたいよって言うんだけど
お前は後から来ればいいってどんどん電話を切っちゃって…
とうとうユリンは最後の手段に出たよ~階段からわざと落っこちて
ユリンが怪我をしたことを知ったゴンチャンは大慌てでユリンの病室へ
ゴンチャンの慌てようは尋常じゃなかった
ユリンにそこまでやれとは言ってない!!って責めるけど、ユリンには
ゴンチャンが後ろめたくて言っているとしか伝わらない
ゴンチャン自身もこの慌てように戸惑うけど、これはユリンに対して
後ろめたかったからだって思い込もうとしてる
病室に戻ったゴンチャンはユリンに触れようとして思いとどまるけど
           雪の女王でも同じようなシーンがあったわ~
ちょうどそのところをジョンウが目撃   ゴンチャンお前もか…
           ジョンウだって気づいているんだからもう認めた方が…
ひょんなことからゴンチャンとユリンは二人でチェジュ島に行くことに…
ユリンは大喜びで楽しみにしてる
空港で待ち合わせしてユリンがワクワクしながら待っていると、ゴンチャンから
いけないと連絡が…
ユリンは本当にがっかりしてしまって、空港で泣いてる
ジョンウがゴンチャンがセヒョンと取材に応じてると聞いて、ピンときた
ユリンのいる空港に行くと一人泣いているユリンを見つける
気合で乗り切るんじゃないのか?って言うジョンウに
愛に嘘は通じない…  ジョンウが哀れで
結局ユリンもチェジュ島に行かないで酔いつぶれていると、ゴンチャンが迎えに
来て、ユリンがゴンチャンに殴りかかるんだけど、弾みで二人はキス!!


* ************* 10話 ****************
気まずくなっちゃった二人だけど、結局忘れることにした
セヒョンとゴンチャンの事が世間に知れて、うれしいのはセヒョンだけ
ジョンウとユリンが歩いていると街頭のテレビでセヒョンの姿を見てユリンは
つらくなるけど、そんなユリンの気持ちを知ってるジョンウはユリンの
耳をふさいであげて…
           やっぱりジョンウのほうがいい男だ~
ある日、悪い事にユリンのお父さんがギャンブル好きで借金を抱えている
とんでもない人だってことがセヒョンの耳に入っちゃった
セヒョンとの事が世間に知れたことで、ゴンチャンがらみでユリンのことが
知られてしまう事を嫌った会長が、その前にユリンを会長の孫と言う事で
紹介をする事を決めちゃった
正確わる子ちゃんのセヒョンは会長にユリンがどんな父親に育てられたかを
言っちゃったんだけど、セヒョンの思惑とは違って
ユリンが苦労して育ってきたから、これからはもっと大切にしてあげよう
なんてなっちゃうし、ゴンチャンには恨まれるし、いい気味!!
セヒョンはユリンに八つ当たりして、嫌味を言うんだけど、そのおかげで
ユリンはゴンチャンが創立パーティーで紹介される前に自分に出て行ってほしい
と思っていると勘違いしてしまって…また涙ぐんで歩いているとジョンウが
通りかかって、ユリンを慰めるんだけど…
ユリンにはゴンチャンしか見えてないし、出て行く前にゴンチャンに
告白してみようかなんて言うユリンに、何を期待してるって言うのが精一杯

ゴンチャンのところにはユン秘書から本当の孫娘は死んでしまったと知らせが入り
いよいよゴンチャンは追い詰められた
ジョンウにだけには本当のことを言おうと思ったゴンチャンだけど、勘のいい
ジョンウはゴンチャンが言う前に、ユリンが好きだから行ってほしくない、
戻っていかないようにしてほしい…お前のいとこだろう?って念を押して…
結局ゴンチャンは何も言えなくなっちゃった
どうにもならなくなったゴンチャンはユリンにこう切り出した
ユリン…一生俺の側にいてくれないか?   俺の妹として…
しっかりユリンからもらった、嘘をつくのがつらいときに握るといいコインを
握って…

* ************* 11話 ***************
ユリンはゴンチャンに聞いた 
自分のことをいとことしてすっと生きていけるのか…って
ゴンチャンはあのコインを握ったまま、「ああ 」って言ったけど本当につらい
ジョンウはゴンチャンに、お前のいとこは俺が面倒を見ることになりそう…
なんて言っちゃうし、家に帰ればジョンウがユリンをかけて囲碁で
勝負しているし…
そんな生活のせいか、ゴンチャンが調子悪くなっちゃって、でも注射できないから
病院に行かない
そんなゴンチャンにユリンは針を刺してあげて…

ある日ホテルでジョンウの母親からジョンウに近づくなと言われてシュンと
なっているユリンのところに助けにはいるゴンチャン
ジョンウにも母親を説得しろ!!なんてユリンが傷つかないように考えてる
ジョンウも負けてない
母親を必ず説得して、ユリンにプロポーズするから待ってな!って言って

複雑な4人が食事をする事になって、緊迫ムード
思わずユリンが席を立ってジョンウが送る事にするんだけど、そこで
ジョンウがついにはっきりユリンに自分の気持ちをぶつけた
ついでに?ジョンウは会長の本当の孫娘は死んでしまったから、
うそをつき続けなければいけないんだって言ってしまって…
で、ついにゴンチャンもセヒョンにもう愛せそうに無いって言っちゃった
ユリンはもう限界!!ゴンチャンに前のように自由に行きたいって
訴えるんだけど、ゴンチャンも自分に気持ちをユリンにぶつけた
お前がいとこなんて耐えられない!!一日中考えてるんだ!
気がおかしくなりそうだ!! ってユリンに言ってこれからどうなるって
期待してたら…会長が倒れたって連絡が入って…
二人が病院に駆けつけると会長が大変な事になっていて…
ゴンチャンに会長がユリンのことを託すから、ゴンチャンますます苦しくなって
会長が倒れたのはジョンウママが会長に、ジョンウの相手には
ユリンはふさわしくないって言っちゃったものだから…?
ジョンウママは自分せいで会長が倒れたみたいで気がとがめているんだけど、
ジョンウも今度ユリンの事をそんなふうに言ったら息子をなくすかもよって
強い口調で宣言したよ~これにはジョンウママうなづくしかない

ユリンは本当につらくなってしまって、でも遠くに行けないから63ビルに一人
昇ってゴンチャンに電話した
本当のいとこが見つかるまで、いとこをやるからってお金の交渉をしたり
するんだけど何だか切ない…電話を切った後 愛してますって言うんだ~
つらいときに高いところに昇るんだって言ったユリンの言葉を思い出していたのか
ゴンチャンも63ビルに向かっていて…でも会えなかったんだよ~
すぐ側にいるのに…
EDIT  |  23:11  |  『マイガール』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.07 (Fri)

韓国ドラマ『マイガール』 6話~8話 あらすじ



韓国ドラマ『マイガール』6話~8話 あらすじ

* ************* 6話 **************

ユリンのゴンチャンに対する気持ちを知ったジョンウ
ジョンウはユリンの嘘(会長の孫娘ではないこと)も知っていると明かした
ジョンウはユリンにゴンチャンを好きになっても傷つく…と言いつつも、
ゴンチャンにユリンを送れって言ってあげて…
                絶対ジョンウのほうがいいんだけど!!
ユリンを送る事にした時、偶然雪が降ってゴンチャンはユリンに聞いた
雪が降ったな…お誕生日おめでとう、何かほしいものは?
ゴンチャンの言葉にユリンはついこんな事を
これ以上やさしくしないで!好きになったらどうするの?
思いもよらない言葉にゴンチャンはビックリ
ゴンチャンの反応を見て、何も考えないで口走ってしまった言葉にユリンはとっさに
兄として…と やっとの思いで付け加えた
すぐにセヒョンが現れてユリンは一人で帰る事に
翌日からユリンの様子がおかしい…
あからさまにゴンチャンを避けてる…かわいい
でも、ゴンチャンはそんなユリンのことが気になって仕方が無い
そんなゴンチャンの様子にセヒョンも気がついてる
お互いにかみ合わない考えかたしているけど、結構笑える…
結局ユリンはゴンチャンに仕事だから距離を保って…っていう風にごまかした
セヒョンはゴンチャンの心ここにあらずの様子にすっかりあせってしまい
恋人の存在を自分からばらしてしまった
セヒョンとしては記者会見して世間にゴンチャンとの関係を明かしたいんだけど
ゴンチャンがごねて…

ユリンは嘘をつき続けることにも疲れたし、ゴンチャンに対する気持ちも苦しくて
ゴンチャンに出て行きたいと言った
ゴンチャンは何だか出て行ってほしくなさそう…
理由を聞かれたユリンは、父親から連絡があったから と答えた
どのドラマにもどういようもないお父さんが出てくるけど、ユリンのお父さんが
本当にダメ親父!!今回はお父さんが悪いのかは知らないけど警察に捕まって
ユリンが示談金を支払わないといけなくなった
ユリンは必死にお金を集めようとするけど、全然足りなくて…
ジョンウにはからかわれるし(いつものユリンの反応じゃなかったから
                          ジョンウも戸惑って)
結局ユリンが大切にしていた、みんなからの誕生日プレゼントを質入れして
お金を作ってお父さんを出してあげた
でも、何も事情を知らない脳天気なお父さんは、ユリンの部屋に電話してしまい…
それをゴンチャンがとって…ユリンのことをすっかり誤解しちゃった
ゴンチャンはユリンを責めて、結局ユリンは会長宅から出て行くことに
お友達の家で布団をかぶって泣くユリン
親友がユリンのお父さんを責めたから、お父さんもすっかり落ち込んでしまって
置手紙を残して出て行ってしまった
必死になってお父さんの行方を捜すユリン
一方ゴンチャンは、秘書からユリンのお父さんの保釈金をユリンが払った事を
聞いてピンときたみたい…
車でユリンを探しながら、ユリンに言ってしまったことを後悔している様子


* **************** 7話 ***************

ユリンはお父さんを見つけられず、ゴンチャンはユリンを慰める
ユリンはゴンチャン別れた後一人飲んで荒れた!!
迎えに来たジョンウの前でユリンが残酷な事を言う…ジョンウ…かわいそう
ゴンチャンが好きなの。好きになってごめんなさい…って本当に残酷
ジョンウは自分が送る事をやめて、店の人に行ってゴンチャンに連絡させた
ゴンチャンが迎えに来るとユリンは酔いつぶれていて、ゴンチャンが会計をして
いる間にユリンがふらふら出て行ってしまい…
慌ててゴンチャンはユリンを探すけど、本人は酔っ払ってクリスマスツリーの
てっぺんの大きい星をはしごに登って取っている最中
はしごから落ちたユリンをゴンチャンが受け止めて…
ユリンを友達の家まで送り届けて帰ろうとするけど、ユリンの親友が泊まりで
その弟とユリンが二人っきりで過ごす事を知ったゴンチャンは心配で
そこに泊まることにする…ゴンチャンユリンのこと好き?

翌日ゴンチャンを迎えに来た秘書に親友の弟はひとめぼれ!!判りやすい
ユリンの記憶は全くなく、ゴンチャンも責めなかった

慣れないところで寝たせいかゴンチャンは風邪をひいてしまって…
ユリンは日本で飲んだ玉子酒をゴンチャンに作ってあげた
注射嫌いのゴンチャンが早く治るように
また風邪ひいたら…ユリンは言いかけるけど、私は出て行くんだ…と思いとどまる
でもゴンチャンは、知ってか知らずか また頼む…なんて言うからユリンが…
なかなか渡せなかったユリンへの誕生日プレゼントをやっと渡せたゴンチャン
ユリンの喜ぶ姿に満足げだけど、ついにユリンがゴンチャンにはっきり言った
嘘をつき続けるのがつらいから出て行く
やっぱりゴンチャンは完全にユリンのことを思ってるよ!!
自分だけが気づいてないんじゃないかな~
ユリンを手放す事がいやなゴンチャンは、あと三ヶ月いてくれたらあの別荘をあげる
ゴンチャンの言葉におおいに揺れるユリン でも出て行くって気持ちは変わらない
そんな時ユリンの存在がマスコミにばれそうになって、孫娘の存在を知られたくない
ゴンチャンとセヒョンがちょっと気まずい雰囲気に…
怒りが収まらないセヒョンはユリンを呼び出して露骨に嫌味を言った
ユリンはもうすぐ出て行くって言ったんだけど…ユリンかわいそうだわ~
ユリンが泣いているところにジョンウが現れて…ジョンウのほうがいいって!!
ジョンウはユリンを泣ける場所に(ジョンウが泣きたいときに一人で来ている場所)
ユリンを連れて行って一人にしてあげた
      冬ソナのユジンにミニョンさんが教えてあげたシーンを思い出したわ~

ゴンチャンはユリンを行かせたくないんだけど、ユリンを目の前にしたら違う事を
言っちゃった! 
出て行きたいんならそうしろ!って…
             さっきまで行かせたくないって言ってたじゃん
でも携帯の待ち受けをユリンにしている時点で…ねえ きまりでしょ?

* ************ 8話 *************

ユリンとゴンチャンはゆっくり話す事になって、ゴンチャンに嫌われていると言う
ユリンに嫌いじゃないってはっきり答えた
ユリンは出て行くことにしているんだけど、タイミングが悪くて、ユリンも
ゴンチャンも言い出せなかった 言い出さなかった!(ゴンチャンはうれしそう)
ゴンチャンの叔母さんとチャン先生?のごたごたに巻き込まれ、ユリンがキューピット
役で結婚する事になってしまったから、二人から結婚式に出てくれって頼まれちゃった

ユリンさんは結婚式が終わったら日本に帰るのね?嫌味いっぱいのジョンウの母
セヒョンの目も冷たかったけど、良くしてくれた人の為に恩返しのつもりで
結婚式までと決めたみたい
ユリンに全く相手にされていないジョンウ
気を利かせたジョンウの友人がユリンを呼び出し、二人でデート!!
これがかわいい!! やっぱりジョンウがいい…

セヒョンはなかなか出て行かないユリンにいらいら
つい口が滑ってユリンのことを嘘つきって言っちゃったものから
ゴンチャンの怒り爆発!!記者発表しないのは二人の問題だってセヒョンに言っちゃった
セヒョンはゴンチャンの気持ちをつなぎとめるために必死!!
偶然にセヒョンとゴンチャンが抱き合っているとところにタイミング悪く
ユリンと叔母さんが…

何だか会長がすごい事を考えた
ユリンとジョンウをくっつけちゃおうとしてる
ゴンチャンは何とかそうならないようにするんだけど、会長は強引だから…
ジョンウとユリンをデートさせようと計画していて、ユリンをかわいく着飾って
そんなユリンをジョンウに~て感じかな
ユリンはゴンチャンと観劇に行くと思って、気を利かせてそのチケットをセヒョンに…
結局ジョンウはセヒョンと観劇、ゴンチャンとユリンは63ビルに行くことに
はしゃぐユリン ゴンチャンもうれしそう…
ユリンの話に全部騙されて…素直なゴンチャン
エレベーターで下につくまで息を止めて願い事をすると叶う?
横断歩道の白ばかりふんで歩くと幸運が訪れる?
5つ数えて目をあけたとき目の前に現れた人が運命の人?
ゴンチャン素直に5つ数えたよ~
  1 2 3 4 … 5って目を開けたらそこにいたのは 微笑むユリン!

ソル・ゴンチャン どうかしてる…ってついにきた~!!!!!!
EDIT  |  22:35  |  『マイガール』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.07 (Fri)

韓国ドラマ『マイガール』3話~5話 あらすじ



韓国ドラマ『マイ・ガール』
  韓国のラブコメディーって最初は笑えるんだけど、二人がお互いの気持ちに気づいた
途端にコメディーじゃなくなってしまうんですね~
そういうところが大好きなんですけど…
『マイ・ガール』も楽な気持ちで見始めたらここのところでどんどんはまっちゃって…
最近テレビで次々に韓国ドラマが始まって、見るのはいいんだけど精神的に
疲れちゃう日々が続いています
コメディーって内容を書くのが難しいですね~


『マイ・ガール』3話から5話のあらすじ

* ******** 3話 **********
ゴンチャンからの頼みをユリンは断ったが、借金取りに追いかけられる生活から脱出
するためにとうとうゴンチャンのいとこの役を引き受ける事にしてしまった

ホテルで偶然ジョンウとであったがこのとき一緒にいたマダムに奥様~って…
駆け寄って言った様子を見てユリンはすっかりジョンウの事を
誤解(するよ…あれじゃ)
ジョンウはユリンに興味があって連絡を取りたいために自分の携帯をユリンに
渡して…ユリンからの連絡を待ったけど、ジョンウのことをすっかり誤解していた
ユリンは連絡しなかった
痺れを切らしてジョンウは母親(さっきのは母親だったの…)の携帯電話を借りて
ユリンに渡した携帯に電話を入れるんだけど…
何とかユリンと会うことだ出来ることになったジョンウ
そこでユリンに携帯電話のプレゼント…大喜びのユリン
ジョンウはユリンのことがすごく気に入っているみたい
ジョンウと会っている途中でゴンチャンから会長が危篤状態に…との連絡が…
慌ててジョンウと別れ病院に向かうユリン  

ユリンは病院にいって初めておじいさんがホテルの会長だと知る
家族を騙すなんて…と戸惑ってしまいその場を離れてしまうが結局ゴンチャンの
死ぬ前に生き別れた孫娘にひと目会わせてあげたいという言葉を思い出し
決心して病室に戻ったユリン
会長は孫娘に会うことが出来たと喜びながら…ついに目を閉じて…
ゴンチャンは会長が死んでしまったと号泣!
あれ?会長はすっかり安心して寝ていただけ…ここのところはやっぱりコメディー

うまくいってホッとしたのもつかの間、ジョンウとジョンウの母親にはちあわせ!
ユリンはとっさの嘘で逃げ切れると思った瞬間おじいさんが起きちゃった…
みんなの前で「わしの孫娘~」って言ってしまったから、うそを続けなければ
ならなくなってしまった
ゴンチャンからは孫娘として給料と有給休暇、ボーナス…なんて話が出て
結局ユリンは会長の孫娘を演じることになってしまった
会長の家で(ゴンチャンも一緒)暮らす事になったユリン…かわいいお部屋に
おおはしゃぎのユリン
でもみんながみんなユリンのことを信じたわけではなかった

就職祝いにユリンと食事に出たゴンチャンの携帯にゴンチャンの恋人(セヒョン)
から何度も連絡が入る 食事中も何も知らないユリンがセヒョンのことを話題に
するけど、触れてはいけない様子…実は二人2年前に別れた…?
ゴンチャンが捨てられた…?何回ものお誘いに断りきれなくなったゴンチャンは
ユリンを車に残したままセヒョンに会うことに…二人が離れていた二年間は
セヒョンにとってはゴンチャンに会うため…
ゴンチャンにとってはセヒョンを忘れるための時間だった
セヒョンは謝りながらゴンチャンに寄り添うがちょうどそこをユリンが目撃して…

* ************* 4話 **************

寄り添うセヒョンに自分を捨てていったくせに…離れた気持ちは戻らない…
ユリンがさっき話題にしたセヒョンが捨てていった彼…そうゴンチャンのことだった
気まずい二人…

新しい部屋でおおはしゃぎのユリンはお風呂で大失敗!
お風呂でどうなったかは知らないけど、とにかくゴンチャンに助けられる羽目に
ユリンははずかしさでいっぱい  ゴンチャンもうそをつけない人だから
見た?とユリンが聞くと  見た…とはっきり答えるし

ゴンチャンとユリンは63ビルに行くことに
ユリンには特別な思いがあるらしい(分からないけど)
63ビルに昇ろうとしたらセヒョンが酔いつぶれたとの連絡が入り、ユリンをそこに
残したままセヒョンの元に向かったゴンチャン
ゴンチャンはすぐにユリンの元に戻るつもりだったが、セヒョンの様子を見て
戻れなくなってしまい、結局ユリンは一人っきり…
しかも63ビルにも昇ることが出来ず、がっかりしているところにジョンウからの電話
ジョンウが夜景のきれいな場所に連れて行ってくれたけど…
              私はジョンウのほうがいいけどな~
ゴンチャンとセヒョンのいきさつ
  ゴンチャンの両親は2年前に突然の事故でこの世を去ったんだけど、
  悪い事におじいさんも倒れ、会社がとても大変なときにセヒョンは一緒に
  いる事は無くテニスを極めるためにゴンチャンから去っていった
セヒョンはゴンチャンの事だけを考えていたけど、ゴンチャンには伝わらず
また海外に行こうとするけど、囲まれたファンの中でネックレスを拾おうとして
怪我をしてしまった(テニスが出来なくなるわけでななかったです)

ゴンチャンとユリンは山奥に入り込んでしまい、道が分からなくなってしまった
ユリンの人柄?のおかげで一晩泊まらせてくれる事になって楽しく過ごした二人
でも夜遅くになって調子が悪くなって…どうなっちゃうんだろうと心配したら
ただの食べすぎだったって…
無事に朝を迎えて帰りながら、ユリンがいけなかった修学旅行を今からやろう
と言う事になって63ビルに向かう二人
ユリンは大喜びだったが、途中で寄ったサービスエリア?でセヒョンの病状を
知らせる記事を見て動揺するゴンチャン
二人は63ビルでなくセヒョンが入院する病院に向かったけど、中に入ろうとしない
ゴンチャン…迷っている間に偶然セヒョンがタクシーに乗り込もうとして…
その時ゴンチャンの気持ちを察したユリンは…
ユリンが鳴らしたゴンチャンの車のクラクションに気づいたセヒョン…
ユリンのおかげでゴンチャンとセヒョンは…
でもユリンはすっきりしない…「私の心も消化不良になったみたい」だって…
ユリンはゴンチャンのことが…?


* ************ 5話 ***********

ユリンのおかげ?でゴンチャンとセヒョンは元の鞘におさまちゃった
ユリンは何だか気になっているみたいだけど…
ジョンウはセヒョンのことが気に入らないみたいだし

ユリンのことが気になるジョンウはゴンチャンとの食事にユリンを呼び出して
何だか分からないけどビリヤードをやる事になって
それでどうしてか分からないけど、ユリンのビリヤードに二人は歯が立たなくて…
       ラブコメディーって話がころころ変わっちゃってついていけん!!
そのあとゴンチャンはセヒョンのところに行ってしまって、ユリンは少し寂しそう
ジョンウはユリンに好きな人がいるかストレートな質問!
ユリンは 雪だるま…って答えて…

すっかりユリンを自分の孫娘だと思いこんでいるかわいい会長さんは
いきなりユリンの育ての親に連絡したいと言い出して
ごまかしきれなかったゴンチャンはユリンに突然電話をかける
ユリンのお父さんの所にかけるふりをして…
突然の電話に慌てるユリン!結局 1話のツアーでバスの運転手をやっていた?
かわいい男の子にユリンの父親の役を(すごい無理のある…)やらせて
何とかなった?

ユリンの(会長の孫娘の)誕生日の食事の席でみんなから祝ってもらっている時
突然セヒョンが訪ねてくる
会長はセヒョンのことを快く思っていないみたいで、家に入れるのを渋ったけど
ユリンが機転を利かせ会長を説得、家に入れてあげる事が出来た
セヒョンが家に入って何だか重苦しい雰囲気になったけど、会長さんのお言葉で
なぜか三人(ゴンチャン・セヒョン・ユリン)で食事に行くことに
出かけていった焼肉やさんで、有名人のセヒョンがファンに取り囲まれてしまって
騒がれる事を恐れたセヒョンの為にユリンが身代わりになって外に飛び出したけど
転んで怪我をしてしまった!!
何だか分からないけど、ゴンチャンは怒っちゃうんです~
ユリンがかわいそうだったな~
ユリンの為に雪だるまを用意していたジョンウはユリンにプレゼント!
            私はジョンウのほうが絶対にいいと思う!!
ジョンウはユリンにアプローチしてるんだけど、ユリンにはジョンウが全く
見えてないから、伝わらない

ゴンチャンもあの時はユリンを怒ってしまったけど、本当は心配だったみたいで
家に戻ると救急箱を持ってユリンの部屋に入ってきます
ゴンチャンはやさしくユリンを手当てするんだけどユリンはドキドキ…
ゴンチャンから本当の誕生日を聞かれ、雪の降る日が誕生日だと答えるユリン
ゴンチャンはちょっとユリンのことが気になり始めてる…?

偶然にユリンが偽者の孫だと言う事を知ってしまったジョンウは、会長に
本当のことを知らせようと会長宅に行くと、なんともかわいらしいユリンを見て
何にもいえなくなってしまった
セヒョンの主催するパーティーに連れて行ってほしいと会長に頼まれて
二人で出かけるジョンウとユリン
車の中で、君は操り人形なの? じゃ初めて会ったときと違うから…
ジョンウはちくりと言うけど、ユリンは何のことか分からなかったみたいで
パーティーに参加したユリンだったけど、ゴンチャンとセヒョンを見ていて
つらくなってしまい、帰ると言い出した
ジョンウはユリンの気持ちに気がついた…

                             6話へつづく

EDIT  |  00:06  |  『マイガール』 あらすじ 最終話まで  |  TB(1)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.05 (Wed)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』34話あらすじ




韓国ドラマ 『朱蒙(チュモン)』34話 あらすじ

夫余に戻ったクムワは治療を開始したが意識が戻ることは無かった
巫女マウリョンの神通力でもどうすることもできず、太医もあきらめかけていた
ユファは気力をなくし寝込んでいたが、クムワの病状を聞き看病を始める
陛下、早く目を覚まされないと夫余は崩壊してしまいます…
王妃は意識の戻らないクムワの病状を利用して、立太子に関係なくテソに国王の
職務の代行をさせようと考えていた
夫余の権力はテソの手中にある…思い通りに事を進めなさい
王妃の言葉とプドゥクプルの後押しもあり臣下たちはクムワ王の意識が
戻るまでの間テソを王の代行として認めた
護衛兵の前に姿を現したテソはナロを護衛総監に任命した
オイ・マリ・ヒョッポ他の護衛兵たちも不満があったが誰も逆らえなかった
ヨンポもテソが全権を委任されていることに不満はあったが、チュモンのように
テソに目をつけられたら…と思うと心配でたまらずテソに擦り寄った

オイ・マリ・ヒョッポはチュモンの失踪に絶望し、荒れていたがマリの一言で
心を入れ替える
 チュモンがいなくなっても自分たちには守る人(ユファ)がいる
ユファをテソ王子と王妃から守ろう…

ソソノも生きる気力を失い寝込む生活が続いていた
ウテの呼びかけにも答えずみな心配するが、ヨンタバルは自分の力で立ち直る
まで待っているつもりだった
そこへテソがクムワ王の代行をすると決まったとの情報が入り、ヨンタバル商団に
危機が迫る
チュモンとクムワの後ろ盾が無くなったヨンタバル商団はどうするべきか悩んだ

宮殿では王妃が自分や四出道(サチュルト)を牽制した者を殺し
テソの権力を確かなものにするようテソに入れ知恵していた
次々とクムワに従った者を集め、殺したり投獄しているテソを見て一部の臣下が
プドゥクプルの元に行きテソの残酷さを訴えるが、反対に制止されてしまう
テソ自身も王妃の言うとおりにしてきたが心に迷いがあった
プドゥクプルに相談するが、気を確かに持つように言われ次は夫余の民心を
つかむために神殿を利用するよう指南を受ける
テソはマウリョン神女の元を訪れ、クムワ王のように神殿をないがしろにはせず
大切にしていくことを誓い、マウリョンもテソに協力することを約束した

ケルにいるヨミウルの元にクムワ王の病状が知らされると、危険を承知で
夫余に戻ることを決意する
ピョリハに何度も三足烏の姿を尋ねるが、まだ見つけられない
宮殿ではユファがクムワに寄り添って看病していたが意識が戻りそうに無かった

テソの元にヤンジョンから書簡が届いた
テソとヤンジョンの娘ヤンソルランとの婚礼の件だ
王妃は反対するが、漢との戦争を避けるためには仕方が無いのだと王妃を説得した
テソは臣下の前でヒョント城にいる遼東軍との戦いを避けるためにヤンジョンの
娘と結婚すると宣言した
ほとんどの臣下たちは反対したが、プドゥクプルはテソの決断は 夫余の安泰を願い
自分を犠牲にして苦渋の決断をしたのだと褒め称えた

チュモンの失踪後毎日酒びたりで過ごしているモパルモのところにテソの婚礼の
知らせが入った  絶望するモパルモ
宮殿では鍛冶職人の一人を呼び寄せ、モパルモが漢の鋼鉄剣より強い剣を作った
事を知る
テソはモパルモに直接尋ねるが、モパルモはできていないと答えた
モパルモの嘘に気づいているテソはモパルモを捕らえ、拷問して聞きだそうとした
しかしモパルモはどんなに責められても出来ていないと言い続けた

夫余のヨンタバル商団にヨミウルが訪ねてきた
クムワ王を助けるために力を貸してほしいと頼みに来たのだ
ソソノはユファの元を訪れ、ヨミウルのことを話し、何とかクムワ王の部屋に
入れるように画策する
その帰りテソがソソノを見つける
全て自分の計算どおりに事が運んでいる…チュモンの事はお前の記憶から消せ
と言うテソに
この眼で死を確かめるまで待ち続ける
仮にチュモンが亡くなってもテソ王子様はお断りです
ソソノははっきりとテソに言った

オイ・マリ・ヒョッポはヨミウルをクムワ王の元へ連れて行った
クムワの姿を見て涙を流すヨミウル
全身全霊をかけてクムワに気を送った
テソはユファがクムワから離れない事を快く思っていなかったが、クムワが死ぬまでの
辛抱…死んだら八つ裂きにしてやる…それまでは放っておけとテソ命じた

モパルモはナロの拷問に耐え全く口を割らなかった
テソは5日間で鋼鉄剣を作らなければ殺すと脅し、鉄器工場へ戻した
その足でクムワの元を訪れるが、ヨミウルがいることを知られてはいけないと
ユファは必死でテソを追い払う
ヨミウルの必死の治療で一瞬クムワの意識が戻ったが、すぐに元に戻ってしまった
チュモンが生きていると信じているユファにヨミウルは三足烏の姿が見えなくなった
事を伝える事が出来なかった
クムワの部屋に入れなかったテソは怒りが収まらず、またクムワに部屋に行きそこに
いたユファを軟禁した

                             35話につづく…
EDIT  |  22:41  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.04 (Tue)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』第33話 あらすじ




韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』が週一回のBSでの放送になり、悶々としていましたが、
ラッキーなことに韓国ドラマを愛する知り合いの知り合いから81話までお借りすることができ
最終話まで見ることができました
とても疲れましたが最後まで中だるみすることなく楽しむことができました
今、BSでは『ミスターQ』とか『バリでの出来事』『ブルーフィッシュ』『銭の戦争』など
たくさんの韓国ドラマが放送されていて、見るのが大変です
本当は『朱蒙(チュモン)』と『マイ・ガール』の更新をどんどんしたいのですが
『太王四神記』も始まって、いっぱいいっぱいです!!

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』第33話 あらすじ

かつてタムル軍が用いた消炭を使った火攻めの攻撃は成功し、漢軍は夫余軍に
完全に攻め込まれてしまった
戦いの途中でチョンドン(一番若い兵士)が鉄騎軍にやられてしまい、チュモンに
自分の両親の敵を討ってほしいと言い残して死んでしまう
その怒りを漢軍にぶつけ、真番(チンボン)の太守を殺害したチュモン
その戦いの最中、自ら先頭に立って戦っていたクムワに敵の矢が当たり負傷して
しまったが、誰にも分からないように隠した
太守の死を知ったヤンジョンは退却命令を出した
夜が明け、夫余の勝利を宣言するチュモンたち
チュモンはテソ達にお疲れ様でしたと声をかけ、火攻めに使った消炭の秘密を
明かした
チュモンは撤収の作業の最中にオイ・マリ・ヒョッポに追撃の準備をさせた
チョンドンの亡骸を見て流民軍は悲しんだ
必ず敵を討つと誓ったチュモンの前にマンホからイムドゥンの太守が漢軍を
離れたという情報が入り、チョンドンの敵を討つために少人数の流民の兵士を
連れてイムドゥンの太守を討ちに向かった
チュモンたちの動きを察知したナロはすぐにテソに報告した
テソはナロにこのことをヤンジョンに伝えるように命じるがナロは一瞬ためらった
そんなナロに戦争は夫余の勝利に終わったのだから、後はヤンジョンに任せればいい
と説得をし、ヤンジョンの元へ向かわせた
ナロからの情報を聞いたヤンジョンは鉄騎軍をチュモンのところへ向かわせた

チュモン率いる夫余軍が漢軍に勝利したことを知ったソソノ達ヨンタバル商団は
喜びにあふれていた
一方本陣ではクムワが傷を隠して、兵士たちを労うために準備をしていたが
ついに倒れてしまい、テソ達に傷を負ったことが知られてしまった
クムワ王は深手を負い、チュモンは追撃で不在…
ヨミウルのそばにいるピョリハは不吉な夢を見た
チュモンの象徴である三足烏が姿を消してしまったのだ
これはチュモンに災いが起こる前触れと判断したヨミウルは本陣に使いを出した

夫余では残る王妃とユファたちが祭事を行い、祈りをささげていたが、
巫女マウリョンは王妃にテソ王子にいいことが起こると予言した
ユファは祭事の最中ずっと不安を感じていた
夫余の本陣に、追撃に行った流民兵が一人で戻ってきた
たった一人で戻ってきたマンホは、イムドゥンの太守を殺し本陣に戻る途中で
鉄騎軍の襲撃に遭い、流民軍すべてが死んでしまいチュモンの安否も分からないと
涙ながらに報告した
テソはチュモンの安否の確認を命じた
オイ・マリ・ヒョッポの元にも情報が入り愕然とした
ソソノ耳にも入り、チュモンの死を信じることができなかったソソノは
チュモンを見つけるために飛び出していった
本陣ではテソに運命が託された
チュモンは矢を受け崖から落ちて死んだ…クムワの身に何かが起こったらしいとの
情報にヤンジョン率いる漢軍は反撃体制に入った
チュモンの死体は川に流されたようだとのフクチからの知らせで、
テソはヤンジョンに直接会うことを決断する
テソはチンドンとイムドゥンをこれ以上攻撃しない代わりに戦争を終わらせることを
約束させた
ヤンジョンには今まで協力してきたこと、このままクムワがこの世を去れば夫余の
王になること、その際にはヤンソルランを王妃として迎えることを約束した

テソは本陣に意識が戻らないまま寝ているクムワ王の枕元で、一番かわいがっていた
チュモンが安否不明であること、自分がこれから夫余の全てを握り今まで積もり
積もった恨みを一つ一つ晴らしていく…とささやいた
テソは憔悴しきったソソノの前に姿を現し、今回のヨンタバル商団の活躍をたたえ
安否不明(死んだと言いたい)チュモンのことを引きずるなと言うと、
チュモンは必ず生きて戻ると言って飛び出していった

夫余の鉄器工場では何も知らないモパルモが漢の鋼鉄剣より強い鋼鉄剣作りに
成功し、戦場にいるチュモンに届けようとしていた
夫余軍が戻りユファとモパルモにもチュモンとクムワの様子が知らされた
激しく動揺するモパルモ…絶対にそんなことは無いといいながら涙を流した
商団に戻ったソソノ一行は悲しみに包まれていた
宮殿ではテソが王妃に今までの恨みを全て晴らす…と誓っていた

                     『朱蒙(チュモン)』34話に続く



EDIT  |  23:06  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.04 (Tue)

韓国ドラマ『太王四神記』第1話「神の子ファヌン」あらすじ



ついに始まりました!!ペ・ヨンジュン主演の韓国ドラマ『太王四神記』
ずーっと待っていました!!
ファンタジーですからどんなことになるのかとワクワク・ドキドキでした
とにかくCGがすごかったですね~
話の内容がとても難しいし、映像がすごくて、終わってから
もう一度見直しました
これから毎週月曜日『太王四神記』見ますよ~

出演者***
   神の子ファヌン   ペ・ヨンジュン
   カジン       ムン・ソリ
   セオ        イ・ジア
   ヒョンゴ      オ・グァンノク
   火天会大長老    チュ・ミンス



韓国ドラマ『太王四神記』1話 「神の子ファヌン」あらすじ

384年 高句麗コムル村に伝書鳥が来たことから物語は始まる
コムル村は2000年の間「玄武」の志を受け継いでチュシンの王を待ち続けた村
村長ヒョンスは病の為に死期が迫っており次の村長を決めるべくファヌンと共に
やってきた天の力「雨師(ウサ)」に新しいコムル村の守り主を示させた
雨師(ウサ)によって72代目のコムル村の村長になったヒョンゴはヒョンス
(前村長)から高句麗のクンネ城に行きヨン家のホゲを見守るように命じられる
ホゲが本当のチュシンの王ならば、守らなければならない
それがコムル村の村長であり玄武の守り主がすべき一番の使命なのだと…
さらにもしスジニ(ヒョンゴを師匠と仰ぐ少女)が黒朱雀に変わろうとしたら
ヒョンゴの手でこの世界の為に消さなければならない…必ず…そういい残して
ヒョンスはこの世を去った
ある日村長となったヒョンゴとスジニはヒョンスの言い残したとおり
クンネ城を目指しコムル村を出発した
道中スジニはヒョンゴにあることを尋ねた
どうしてコムル村の人はみんな私に天の神のことを話してくれないんだろう
どうして私にだけ…そう言うスジニにヒョンゴは静かに話し始めた

今から2000年前の話  虎を崇める虎族の話だった
虎族には代々続く火の巫女がいてその火の力によって世界を支配していた
その巫女の中でカジンは最強の火の力を持っていたが、その力の為に
多くの人々が命を落としていた。剣と火が支配している世界を見て
ファヌンは降臨し太伯山(タイハク山)の神壇樹(シンダンズ)の下を
神市(シンシ)と名づけ世界を平和に治める方法を教えた
ファヌンは天から3つの守り神を連れてきた
3つの守り神とは、雲を呼ぶ「雲師(ウンサ)」風を吹かせる「風伯(プンベク)」
雨を降らせる「雨師(ウンサ)」で、その守護神により広大な土地には穀物が
育ち、豊かな世界となった
それがチュシン…ファヌンが建てたチュシンという国
チュシンの民 倍建族(ペタル族)の領土の東・北・西に各守護神を配置し
人々と共に生きるように命じた
ファヌンの築いた国には多くの民が集まったが、虎族はそれには加わらなかった
虎族は自分たちの領土を奪われたと思い、ファヌンの国の民と戦争をし始めた
残虐な殺戮を繰り返したカジンはあるとき深手を負ってしまう
そこへファヌンが現れその姿を見たカジンは震えが止まらなかった
ファヌンによって救われたカジンはファヌンに刃を向けることは無くなった
自身をなくしてしまったカジンだったが、他の虎族の民はあきらめていなかった
奪われた世界を取り戻すために虐殺を繰り返した
火の巫女カジンも気がすすまなかったが戦場に行くしかなかった
そのとき虎族を退けたのは熊族のセオという女だった
長く続いた虎族との戦争によって傷ついた民たちを見てセオは涙を流した
そのセオの姿を見てファヌンは戦争を終わらせようと決意し、ある夜
カジンの前に姿を現した。
私を殺してみろ!とファヌンに向かっていったカジンにファヌンは
人を殺しにきたのではなく、救いにきたのだと言いカジンから
火の力を奪い紅玉に封じ込めた
その紅玉に「朱雀の心臓」と名づけた
ヒョンゴは カジンは自ら火の力をファヌンに渡したのかもしれない…
この力が無ければファヌンと敵対しなくていいから
火の力をファヌンから奪い返すと言う虎族の長老たちをファヌンの為に
殺したカジンはファヌンの民になりたくて神壇樹に向かった

ファヌンの村ではファヌンがセオに「朱雀の心臓」を授け、南の地と民を
治めるように命じた
ファヌンはセオに南方の守護神は力が強すぎたために紅玉に封じ込めた
守護神 朱雀の気を使うときは片方の手を添えてセオの気を通して送るよう
教えた
朝日の前で自分が授けた火の力でセオが世界を包み人々を助け、そして
私(ファヌン)のそばで自分の子を産み、子に地の母となる…
その二人の姿を見ていたカジンは激しい嫉妬と怒りでいっぱいになった
セオが身ごもったことを知ったカジンはファヌンの最愛のものを
奪う決心をし、セオの村を攻撃した
カジンはこの世で結ばれないのなら来世へ共にいくと決めていた
戦争の中無事に出産したセオだったが、生まれたばかりの子供を
カジンに奪われてしまう
カジンは子供の父親(ファヌン)に子供を返してほしければ火の力と
一緒にノル山に来るように伝えさせた
子供を奪われたセオは怒りを抑えられなかった
襲ってきた虎族を皆殺しにしてカジンの元に向かった
わが子を抱くカジンを見てセオは子供を返してと繰り返し頼んだ
私の火を返して…カジンの言葉に それはできない…
この朱雀の心臓はあの人(ファヌン)が人々を守り助けるために授けられた物
そういうセオにカジンは襲いかかった
その時セオが持っている朱雀の心臓の封印が解けそうになる
その姿を見てカジンは、自分が産んでいたかもしれないあの人の子…
と言いながらセオの子供を崖から投げ落としてしまう
その時ついにファヌンの封印が解けてしまい…黒朱雀が姿を現した
黒朱雀は世界を火の海にしてしまう 
ファヌンは守護神の風伯(白虎)・雲師(青龍)・雨師(玄武)で黒朱雀を
殺そうとするがそれはできなかった
朱雀の命を絶てるのはセオに朱雀に心臓を与えたファヌンだけだった
世界の民を救うためファヌンはセオを射抜いた
どうしたら信じてくれる…?人々のために来たのだということを…
そう言うファヌンの前でカジンは自ら命を絶った
朱雀が放った火を消すために7日間雨が降り続いたが、そのために
世界中が海に沈んでしまった
ファヌンが助けた子供は朝鮮国を築いた壇君(ダンクン)となった
平和をもたらせという天命を果たせなかったファヌンは
青龍・白虎・玄武・朱雀の神器は地上に眠らせたまま天に帰っていった
いつの日か天から真の君主が送られたとき、4つの神器は眠りから覚め
新しい君主の訪れを告げる星もうかび、待っている者たちは気づくだろう

2000年後虎族の末裔 火天会(ファチョン会)は神壇樹にアブルランサ
という祭壇を作った
神壇樹のある地は本来ならコムル村が待つ「あの方」(チュシンの王)が
取り戻すべき場所だが、火天会(ファチョン会)もずっとチュシンの王の
誕生を待っていた
チュシンの王の誕生によって神器が眼を覚まし、王が神器を見つけ
神壇樹の封印を解けば天の力を手に入れることができる…

コムル村にはチュシンの王を助け、4つの神器を探すために2000年の間
玄武の神器を守ってきた

チュシンの星が輝いてから10年…

10年前の375年アブルランサ 火天会(ファチョン会)はチュシンの星が
輝いたとき、チュシンの王の誕生と共に神器も眠りから覚める
眠りから覚めた神器の光は天に届き、川に降り注ぐ 
その光の下に神器を探しに向かわせた

                           『太王四神記』2話へ続く
EDIT  |  16:47  |  『太王四神記』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。