12月≪ 2008年01月 ≫02月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.29 (Tue)

韓国ドラマ『魔王』(全26話)が 2/4からBS朝日で始まります



韓国ドラマ『魔王』(全26話)が 2/4からBS朝日で始まります

『危機の男』が最終回を2/1に控えていますが、その後同時間に『魔王』の放送が
始まります!オム・テウンとチュ・ジフンが共演した注目のドラマだそうです
2005年に放送されたミステリーだそうで、高視聴率ドラマではありませんが、ストーリーの面白さから大変注目されたドラマです

高校時代に自ら起こしてしまった事件を悔いて刑事になった男の役でオム・テウンが
登場し、その事件の為に自分の家族と人生がズタズタになり、その復讐のためだけに生  
きている弁護士の役でチュ・ジフンが登場しています
シン・ミナが演じているのはこの二人の男に深く関係してくる超能力者の役
タロットカードによってだんだん事件の本質と二人の男の人生が解き明かされていく
という本格的なミステリー

韓国ドラマ『魔王』1話「真実は友達を自由には出来ない」
2/4(月)から BS朝日 12:00~12:55 で放送します 
スポンサーサイト
EDIT  |  21:03  |  『魔王』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.29 (Tue)

韓国ドラマ『太王四神記』8話「張り巡らされた罠」 あらすじ




韓国ドラマ『太王四神記』8話「張り巡らされた罠」 あらすじ

流民の村から連れ戻されたキハは結局火天会(ファチョン会)で軟禁状態だった。
キハが戻った事を知ったヨン・ホゲは早速キハの元を訪れ戻ってきてくれた事がうれしいと、話しかけた
今回のキハの行動は幼なじみのタムドクに対する思いからだと理解していたホゲに
キハは残酷な事を話した
タムドクは私(キハ)が心からお慕いする人です
朱雀の神器の守り主は他の人を探してほしい
自分はホゲが高句麗チュシンの王として即位した後、タムドクのところに行く
ヨン・ホゲはキハの言葉に絶句し、朱雀の心臓の守り主には誰でもなれるのかと言うのが
やっとだった
キハはサリャンにヨン・ガリョの所で投獄されたままのスジニたちを助け出して、ほしいと頼んだ
サリャンは鍛冶職人のパソン(白虎の神器を守る)とチュムチの元を訪れ、スジニたちが処刑される前に助け出してほしいと金を渡した
パソンたちがヨン・ガリョの屋敷に向かった後、ヒョンゴとヒョンミョンがパソンも元に
現れ、サリャンと同じようにスジニたちの救出を頼んできた
パソンからサリャンとのやり取りを聞いたヒョンゴはそれが罠だと気がつき、パソンと共にヨン・ガリョの屋敷に向かった
そのころ、ヨン・ガリョの牢獄では一足先にサリャンが牢番らを皆殺しにして、それを絶奴族のしたことにするための画策をしていた
サリャンの手裏剣をスジニが防いだとき、チュムチが牢に到着し、やっとの思いで逃げだすことに成功した
しかし、サリャンの知らせに気づいた兵たちがスジニたちを取り囲まれてしまった
その時、ヒョンゴとパソンが現れて、皆を助け出す事に成功した
結果的に絶奴(チョルロ)族とスジニを逃がしてしまったサリャンは大長老から拷問を受けた
助け出されたチョルロ族(セドゥルたち)はタムドクがいる難民村へ向かった
スジニもチュムチが止めるのも聞かずタムドクの元へ向かった
パソンはセドゥルたちを城下から脱出させたとき、タムドクを狙っているのが自分の兄を殺した赤い兵隊たちを目撃する
その話を聞いたヒョンゴは火天会(ファチョン会)が今回の事に大きくかかわっていることに気がついた
タムドクのいる難民村に火天会(ファチョン会)の兵が流れ込み、村人にタムドクの居所を聞き出していた
タムドクは一人で火天会と戦い、窮地に陥ったとき助けに入ったのはセドゥル達だった
そのままタムドクたちは火天会に追いかけられ、追いつかれそうになったとき、スジニが現れスジニの放った矢で見事に撃退した
タムドクはそのままチョルロ族の領地に向かわず、捕らえられている3部族長の息子たちの救出に向かったが、一足遅く火天会のサリャンの手によって殺された後だった
タムドクの到着と同時に現場に現れた3部族の長たちと兵隊たちはタムドクが息子たちを
殺したと思い、タムドクを殺そうと攻撃してきた
その時、ヒョンミョンが辺りを煙で包み逃げ出す事に成功した
しかし、そのままチョルロ族の領地に向かう事が出来ないタムドクは(ヤン王とキハの事が心配で)テジャ城にいる精鋭軍の力を借りようとテジャ城へ向かった
そのころ国内城(クンネ城)ではタムドクたちを取り逃がした3部族長が兵を挙げて宮殿を取り囲んでいた
テジャ城にたどり着いタムドクは、いつもと様子が違っている事に気がつく

                    9話「玄武の目覚め」へつづく
EDIT  |  16:45  |  『太王四神記』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.26 (Sat)

韓国ドラマ『春のワルツ』までパチンコ台になるんですね




韓国ドラマ『春のワルツ』までパチンコ台になるんですね

今朝、懐かしい音楽が…と思ってTVを見たら…あの『春のワルツ』がパチンコ台に
なるって 『冬のソナタ』が登場したときにとても驚きました
ユン・ソクホ監督がよく許したな~って…
あの『冬のソナタ』がパチンコですから でも、そのおかげで韓国ドラマに出会って
はまる事になったんですけど…
『冬ソナ』見たさに打ちに行ったこともありました
今は、プレステ2でゲームが出て時々見る程度ですけど…
この冬は『冬のソナタ』も第2弾が登場するし、『春のワルツ』も登場するし…
おば様を逃がさない作戦でしょうか?
『春のワルツ』もとてもいいお話でどっぷり浸かりましたから・・・興味はありますけどね
『冬のソナタ』の台みたいに、イメージを崩さない韓流ファンから認められるものに
なっていることを祈ってます
『冬のソナタ』みたいに多くのファンができるといいですね~
EDIT  |  22:12  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.26 (Sat)

韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』2話 あらすじ




韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』2話 あらすじ

この『コーヒープリンス1号店は』1話・2話って言わないで「1杯目・2杯目…」って
続いていくんですね~とてもかわいい感じです
やっぱり コン・ユ いいですね~ これも『私の名前はキムサムスン』や
『タルジャの春』と同じく恋愛契約ものですね でも、それぞれ面白いです
韓国ドラマってラブコメディがいいですね~ でもでも『雪の女王』が最高です!!

* ********* 2杯目「お見合い破談大作戦」 あらすじ *********
とにかくお金がほしいコ・ウンチャン(ユン・ウネ)はチェ・ハンギョル(コン・ユ)に
親を侮辱した事を謝らせてハンギョルの恋人の振りをする仕事を引き受けた
偶然、チェ・ハンソン(ハンギョルのいとこ)と再会したウンチャンは改めて挨拶をし、
お金とプライドの話しをする ハンソンはウンチャンには心を開いているようで、自分の話を(とは言っても友達の話としてしているけど…)始めた
ある日突然自分の元から他の男の元へ去っていった彼女が、またしても突然彼の前に
現れ、よりを戻そうか迷っている…
そんな話しをして別れたハンソンが家に戻るとハンギョルとユジュ(自分を振って去っていった彼女)が家の前で待っていた
複雑な気持ちながらハンギョル(ユジュが初恋の相手でまだ未練たっぷり)はユジュを
ハンソンに引き合わせたのだ
ハンソンとやり直したいと言ったユジュを家の前に置き去りにして帰ってしまったハンソン…しかし、ユジュのことが忘れられなかったハンソンは結局ユジュを家に入れ…
翌朝ハンソンはユジュを冷たく突き放した
悶々とした気持ちで夜を過ごしたハンギョル
翌日、作戦に使うためウンチャンの衣装を買い揃えたハンギョル
いよいよ お見合い破談大作戦の幕開けとなった
結果は見事大成功!!ハンギョルは浮かれた拍子にウンチャンにキス
ウンチャンのものすごい拒否反応にハンギョルは一言…自分も男には初めてだ!

王子コーヒー事業計画書を険しい表情で見ているハンギョルの祖母
どうやらコーヒー店のホン社長(キム・チャンワン)が店を建て直すために資金提供を
願い出たようだ ホン社長はかつてハンギョルの祖母の援助で5年も留学し、トンイン食品(ハンギョルが後継者となっている会社)で働いていたのにもかかわらず、10歳年下の女性と駆け落ちし、現在に至る
ハンギョルの祖母はホン社長に3ヶ月後王子コーヒーの売り上げを3倍にするよう命じ、
ホン社長と同じようなフヌケを店に送るから2人でがんばれ…最後のチャンスだと言った

全てのお見合いを破談にした二人は食事をしながら報酬の話しをし始めた
スキンシップ代…頭2万・顔9万・背中10万・肩くみ12万・キスは…特価の15万
        手首2万・胸ぐら5万
そんな事を言いながら食事をしていたが、ハンギョルが水と間違えてお酒を一気飲みしてしまった!ワイン1杯が精一杯のハンギョルは酔いつぶれてしまい…
結局ウンチャンがハンギョルを担いでウンチャンの道場に泊まる事になった
翌朝ウンチャンは妹の学校から呼び出しを受け、妹が学校で金貸しをやっていることを
知らされた 彼女は自分が歌手になりたくてその為に必要なお金を工面したかったのだが
ウンチャンにはどうする事も出来ない
妹は今度は学校にバレないようにする…と全く反省していない様子
道場ではハンギョルが子供たちのおもちゃになっていた
そこへウンチャンが戻り、テコンドーのレッスンが始まった
ウンチャンの部屋で着替えたハンギョルはそこでウンチャンの1日のスケジュールを見て
驚いた ウンチャンはいくつも仕事を掛け持ちし、働き通しだったからだ
ハンギョルはウンチャンにメッセージと時計(ウンチャンがほしがっていた)を置いて
帰っていった
メッセージには500万ウォンの振込みをすると書いてあった

ユジュから呼び出されていたハンソンは悩みながら結局ユジュの元に来てしまった
ハンソンはユジュとの思い出を考えずにいられなかった
自分はどうしてもユジュが許せない 傷つけたいのにお前は平気な顔をして
仕事をしている…

王子コーヒーを訪れたハンギョルとハンギョルの祖母
店内の有様に愕然とする祖母はホン社長を叱り飛ばした
ハンギョルに ここがお前の会社だ!お前の師匠(ホン社長)に挨拶しなさい
       師匠のホン社長と事業計画を練りなさい
その頃ウンチャンは道場がもぬけの殻になっていることを知った
給料未払いのまま…

              韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』 3杯目「残酷な習慣」へつづく
EDIT  |  21:28  |  『コーヒープリンス1号店』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.26 (Sat)

韓国ドラマ『エアシティ』3話 あらすじ



韓国ドラマ『エアシティ』3話 あらすじ

2話を見逃したせいか…
何だかピンと来なかった
やはり吹き替えでない放送が見たいです 

* ******* 3話 「国境を守れ」 あらすじ ***************

裸足のドギョンと向かい合ったジソンはドギョン(チェ・ジウ)の協力があったら
先端技術の研究員が殺される事はなかったかも…と言い、その事で言い合いに
なってしまった 
ジソンはそのまま空港勤務になった
空港勤務になったことはジソンには全く理解できなかった
自分は同僚を殺した犯人(先端技術の流出にからむ)を捕まえる事に専念したいと局長に
願い出るが聞き入れられなかった
結局空港の見取り図を覚えるために、空港内を見てまわる事になった

ある日ドギョンの歓迎会が開かれた夜、ジソンも空港勤務の警察関係者の歓迎会に参加していた ドギョンはひどく酔っ払ってしまい、外でふらふらしているとそこにジソンが
通りかかり、お酒が入っていたせいか二人で話し込む事に…
二人が笑顔で話している様子をドギョンを探しにきたハジュンがみて動揺する
ハジュンは自分はドギョンと小学校の同級生だなんて言ってジソンに敵意を見せた
ジソンは車で寝泊りをしているようだ
寝ていても殺された同僚の事が頭から離れない
空港の職員の会議(空港運営と警察関係合同)でジソンの配属が知らされた
ジソンは局長が止めたのにもかかわらず空港の保安レベルを2段階上げることを提案するが、ドギョンの強い反対によって叶わなかった
ドギョンは確実な情報がない状態では対処にしようがないと反発した
しかし結局国家権力(NIS)のほうが強く、保安レベルを上げることになった
保安レベルを上げるということは、空港の大混乱を招く事になる…その言葉どおり
空港は大混乱になり、ジソンに対して冷たい視線が突き刺さった
ジソンは黙ってそれに耐えていたが、最後に怪しい人物が引っかかった
取調室でその人物が首にかけていたペンダントを見つけた
同僚を殺した犯人がつけていたものと同じペンダントをしていたのだ
その男の持ち物を調べ、釜山に仲間がいる可能性が出てきた
ジソンは釜山に向かう事になったが、ドギョンがジソンを捕まえて釜山に行くなら
この空港の保安レベルを元に戻してからに…と訴えるがジソンは取り合わなかった
怒りが頂点に達したドギョンは 自分がヒーローになれればいいのか?と攻め立てるが
ジソンはドギョンにはっきりと言った
自分の目の前で同僚が殺されたんだ
ヒーローを気取ってるんじゃない!!ただ犯人を捕まえたいだけなんだ
このペンダントのヤツを世界の果てまで追いかける 
ジソンの言葉と表情を見て動揺するドギョン
ジソンはヘリコプターで釜山に向かった
ヘリの中でソ・ミョンウ(ジソンのかつての恋人)から連絡があったと聞かされた

ソ・ミョンウは病院勤務をしている医者だった
ある日自分の前を通りかかった男がジソンに見え、慌てて追いかけたが別人だった
そんな時、ミョンウが空港勤務を言い渡された

空港では目だった動きがなく焦りが出てきたとき、拘束された男(ペンダントをしていた)が、ネットカフェでアラブの武器商人と連絡を取っていたことを突き止め、拘束された男
に成りすまして、コンタクトをとろうと画策した
ジソンの目論みどおり、マフィアはアラブの武器商人だと思って返信してきた
ジソンはマフィアを仁川国際空港に誘き出す作戦に出た

ドギョンはジソンに言ってしまった事を後悔しているようだった
そこにハジュンが尋ねてきてドギョンに妹の連絡先を渡した
早速そこに連絡してみたが留守電だった
忙しい日が終わって一人ジムで汗を流していると、飛行機の中でお隣さんだった男が
トレーニングしていた
ドギョンが話しかけようと近づいたとき、目に映ったのはジソンガ持っていたのと同じ
ペンダントだった
息を殺してロッカールームに戻り、ジソンに連絡したドギョン
その男は危険だから気をつけろ!!そう言って走り出したジソン

                         4話へつづく
EDIT  |  00:11  |  『エアシティ』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.25 (Fri)

韓国ドラマ『タルジャの春』2話 あらすじ

韓国ドラマ『タルジャの春』2話 あらすじ

『タルジャの春』初回から面白いですね~
特にタルジャの妄想シーンが… 『私の名前はキムサムスン』を思い出しました!
恋愛契約をするところもとても似ていると思いますが、きっと楽しめるでしょう

* ******* 第2話 「恋愛も代行可能ですか?」************
やっぱり妄想シーンから始まった!!
タルジャ(チェリム)はカン・テボンが言った意味だ解からなかった
テボンを連れ出し、酔った自分に何かしたのではないかと問い詰めるタルジャ
テボン(イ・ミンギ)はクリスマスの夜の事を話すとタルジャの記憶がだんだん
戻ってきた どうもシン・セド(コン・ヒョンジン)に復讐するためにテボンと1ヶ月間
恋人同士の振りをする契約をしたようだった
1か月分の報酬をすでに振り込んでいた!!タルジャは酔っていたから契約は無効だと
テボンに返金を要求するが、返金はしないと約束していたタルジャ
1ヶ月間恋人の振りをする 300万ウォンで…
1日3時間で10万ウォン まとめて使ってもOK
手を握るのは料金内 
その先のスキンシップは追加料金が発生(『私の名前はキムサムスン』みたい)
デート代はタルジャ持ち
報酬は一括前払い
結局その場はテボンと喧嘩別れ…じっくり考えてから連絡するという事になった
偶然同じエレベーターに乗り合わせたタルジャとセド
タルジャは心の中でセドにひどい言葉を投げかけていた
この最低男 浮気者 スケベ ナンパ男 
セドがタルジャに言った
年下が好みだったとは知らなかった 
キスしただけで結婚を迫る重い女だと思っていたけど、違ったみたい
もっと分かり合えるまで付き合うべきだった 少し後悔してる…
セドの「後悔してる…」の言葉にタルジャは反応した 思い知らせてやる…
結局タルジャはテボンを偽の恋人にして、シン・セドに復讐する事にした
テボンを呼び出し、偽の履歴書(高学歴で高収入…)を作り、その通りにしろ命じた
早速履歴書どおりに見えるように服装から変えていくタルジャ
とても高い買い物だったが復讐のためと言って我慢した
それを着てタルジャの会社の忘年会に参加するように…
テボンはタルジャに こんな大金をつぎ込んで復讐する価値がある男?って聞いたけど
タルジャは自分のプライドの問題なんだとテボンに言った
でもテボンはタルジャから買ってもらった洋服を古着屋に売ってしまった!
そして報酬の300万ウォンをそのまま チェ・ヒヨン 宛に送金してしまった
会社ではタルジャの株が急上昇!シン・セドはタルジャのことが気になって
仕方がない様子…社内で皆がタルジャの気遣いを褒めた(シン・セドの前で)
タルジャは心の中で言った もっと言って!!
忘年会の席に現れたテボンはタルジャの買った洋服を着ていなかった
料理もガツガツ手を出して、タルジャは恥ずかしかったし、再就職に向けて骨休め中
なんて言ってタルジャと打ち合わせした事とはほど遠い内容だった
トイレに連れ出してテボンを責めるタルジャ
勝手に話しを作って、あの二人の前で惨めな思いをさせて…
そう言うタルジャに
シン・セドを本気で愛していたのか?愛していなかったのなら復讐なんて不要
愛していたのなら止めたほうがいい
その言葉にタルジャは答える
本気だったらこんなに惨めな思いはしてない
私は愛よりプライドが大事 
今まで一人でがんばってこられたのはプライドがあったから
テボンに 本当のプライドが何か分かってない って言われたけど、テボンを殴って
トイレを出たタルジャ
でも、そこにはもう一人いたのでした ウィ・ソンジュです…

外でタクシーを待っていたタルジャにソンジュが話しかけた
ソンジュはタルジャに事はお見通しだったようだ 分かりやすい女…だって
そこへスタッフから事故の連絡が入った
年末の特番のスタッフ全員が事故にあってスタジオに行けない と
すかさずソンジュがタクシーを止めてタルジャを乗せ、忘年会に参加しているほかの
スタッフに事情を説明した
結局タルジャたちが変わりに特番を仕切る事に…シン・セド ソンジュの「任せて」の
一言がタルジャにはうれしかった この難局を乗り越えたタルジャたち
タルジャは会社で33歳になった
ようやく番組が終わって会社を出ると、シン・セドがタルジャを待っていた
初日の出を一緒に見に行こうと言うシン・セドを見て、タルジャは思った
ついに待っていた瞬間が来た ここでセドを振ってしまえば私の復習が終わる
タルジャはセドに友達でいよう…ってセドを振った
買っておいたクリスマスプレゼントをセドに渡して、友よ…って言って別れた
タルジャはすがすがしい気持ちだった
タクシー待ちをしているときテボンから携帯に連絡が入ったがタルジャは無視した
テボンはタルジャの前に良い格好をして現れたが、タルジャはもう偽恋人は必要ないと
テボンに伝えた 
恋人がいなくても負け犬じゃない 胸を張って生きていく…
だから偽の恋人は必要ない
でも、テボンはこれから恋愛の練習をしようと言って聞かなかった
結局その日は二人でデートする事になったが、以前テボンを追いかけていたヤツらが
追いかけてきて、二人は必死に逃げた
細い路地に逃げ込んだ二人は笑いが止まらなかった
タルジャはどの動悸がどこから来ているのか気になっていた
本気で走ったから…?それとも…?
そんなタルジャを見てテボンがからかった
言い争う二人
それを見て一人の男が声をかけた
タルジャはその男を見て思った 完璧な男が現れた
                     3話「運命の出会いはあるのか?」へ
EDIT  |  22:24  |  『タルジャの春』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.24 (Thu)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』44話 あらすじ



韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』44話 あらすじ

流民の収容所に向かったチュモンたちはマンホ(かつてタムル軍でヘモスと共に戦った)
が危篤状態にあることを知る
マンホはチュモンの気持ちを察する事が出来ず恨んでしまった事を許してほしい…
タムル軍の栄光を…との言葉を残して息を引き取った
その頃夫余の巫女マウリョンは王妃の命により三足烏の力を抑えようとしたが、失敗に
終わり落胆していた 三足烏の邪気が強まってきている…三足烏の化身であるチュモンを
排除するしかない 三足烏が飛び立てばテソの前途を阻んでしまう そうマウリョンから
言われた王妃は悩んでいた テソはチュモンのことを完全に信じているからだ

一方ユファはチュモンに、共に夫余を去る事は出来ないと伝えた
チュモンはモパルモとムソンと密かに会い、夫余を去る相談をしていたがその姿を見た
ヤンソルランの護衛兵はその事を報告した
ヤンソルランは引き続きチュモンを監視するように命じ、チュモンを尾行し始めた
その尾行に気づいたチュモンは護衛兵に剣を突きつけた
ヤンソルランに自分を尾行させるとは無礼だと責め、理由を聞いた
ヤンソルランは何も答えなかったが、チュモンが去った後細心の注意をして尾行するよう
命じた チュモンはオイ・マリ・ヒョッポにソルランが疑いを持っていることを伝え、注意しながら夫余を出た後の行き先(ポンゲ山)で砦を築くのに最適な場所を
探すよう命じた 
王妃はチュモンを信用する事が出来ず、テソに三足烏の話をするがチュモンを信用しているテソはそれを聞き入れなかった
ユファはイェソヤを自分の部屋に呼び、自分はチュモンと共に夫余を出て行かないことを
話した チュモンが流民を連れて出て行くのは新しい国を建てて朝鮮の栄光をよみがえらせ、失われた土地を回復させるためなのだ…とチュモンが成すべき大業を話し、イェソヤにチュモンを支えるように命じた
チュモンはヨミウルから渡された三足烏の旗を見ながらヨミウルの言葉を思い出していた
三足烏は夫余にはとどまれない鳥…夫余の陽を飛び出し、さらに広い世界に羽ばたいて
行かなければならない 三足烏が巣を作るところがチュモンが新たに建てる場所
そこにこの旗を立ててください…
その時テソが部屋に入ってきて、流民の漢への移送をナロにさせると言ってきた
その場は素直に従ったチュモンだったが、このままでは計画が実行できない
チュモンはこのことをクムワ王に伝えた

その頃ヨンポが長安に着き、人質生活が始まった

ピリュのソンヤンから無理難題を押し付けられたソソノは問題の解決策を考えていた
今のケルの状況からはとても用意できない量の朝貢品を夫余に納めなければならなかった
ソソノは塩を取り引きつかうことを考えていた ソソノはヘンイン国のペマンに会い、
夫余との塩の取り引きを止めさせた
ウテはチュモンに会いに行き、コサン国の塩でケルの危機を逃れようとしている事を話し
かつてチュモンと一緒に塩を捜しに行き、チュモンの縁で得た塩の権利を切り札として
使う事に許しを得た
ある時ヨンタバルはヨミウルに天地神明はケルを守ってくれるかと尋ねた
ケルを守るのは天地神明ではなくソソノだ ソソノはケルを守るだけでなく
将来卒本(チョルボン)より大きな国を建てるだろう
ヨミウルは自分たちがケルを去る日が近づいている事をヨンタバルに話した
夫余を飛び立った三足烏が巣をかける場所に行かなければならない

ウテの話を聞いたチュモンは、流民の移送を自分が出来るように画策した
チュモンの計画に協力しているクムワは、テソを自分の部屋に呼び、ユファが病にかかり
温泉治療が必要になったと伝えた
温泉治療で外に出るクムワとユファの動きを監視するために、テソはナロを護衛武官を
同行させる事にした(実はこれがチュモンの狙いだった)
温泉治療に出る事になったユファ チュモンとはここで別れを告げなければならない…
夫余を出たら振り向かず、夫余での思い出も、母も陛下の事も忘れなさい
大業を成す事だけを考えて突き進む事が母への親孝行だと思いなさい
クムワにユファを託し誰にも心中を悟られないよう必死で我慢するチュモンとユファ
いよいよ出発のときが近づいた オイ・マリ・ヒョッポ・モパルモ・ムソンとチュモンが
相談しているところをソルランの護衛兵に目撃され、ソルランの耳に入った
ソルランは何のために集まっているのか解からず、さらに尾行を続けるように命じた

その夜チュモンはイェソヤに出発する準備をするように話した
後からモパルモと共にポンゲ山に来るように…

翌日テソにコサン国から夫余に向かっていた塩が匪賊に襲われとの知らせが入った
テソはチュモンに塩を取り戻すために兵を出させた(これもチュモンの計画通り)
チュモンに夫余をでるチャンスが与えられたのだ
兵と共に夫余を出たチュモンたちは塩を取り戻しには行かずに流民の収容所に向かい、
ナロの代わりに流民の移送を頼まれたと嘘を言い流民を連れ出そうとするが、
責任者がテソに確認すると言い出した
すかさず剣で切りつけるチュモン
  今から漢へ移送する!!
                         45話へつづく
EDIT  |  22:36  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.23 (Wed)

ヒョンビンのファンミーティングのDVDが発売に!!




やっとヒョンビンのファンミーティングのDVDの受付が開始されました!!
ずーっと待っていたんです
やっとです!!2007年10月20日、東京国際フォーラムで行われた
「HYUN-BIN Birthday&Fanclub Open Event」のDVDが発売になります!!
あの日はお昼の部と夜の部の両方に行く事が出来たんですが、本当に感動しました
何よりヒョンビンの歌唱力にびっくりです
二度聞けたことはラッキーですが、やはり何度も聞きたいですよね?
今からでもヒョンビンのファンクラブに入れば、先行予約ができて、さらに会員限定の
プレゼントの抽選対象にもなれそうですよ
DVDは当日の様子はもちろん、リハーサル風景も収録されているとの事!!
本当に楽しみにしています
最近ヒョンビンを見る機会がなかなかないので寂しかったのですが、
このDVDを見ながらヒョンビンの新しい活躍を待ちたいです


ヒョンビンの出演作品
 <ドラマ>
     『ボディーガード』(03)
     『ノンストップ4』(03)
     『アイルランド』(04)
     『私の名前はキム・サムスン』(05)
     『雪の女王』(06)
 <映画>
     『回し蹴り』(04)
     『ふたつの恋と砂時計』(04) 
     『百万長者の初恋』(06)




EDIT  |  20:42  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.22 (Tue)

韓国ドラマ『太王四神記』7話「都を追われて」 あらすじ



韓国ドラマ『太王四神記』7話「都を追われて」 あらすじ

この『太王四神記』が日本でこんなに早く放送されるのもびっくりなのに、総合テレビでも
放送がされるんですね!
吹き替えなのが少し残念ですが・・・

   2008年4月、毎週土曜夜11時10分より「太王四神記」(日本語吹き替え版)
   総合テレビで放送スタート!!


************* あらすじ ********************


各部族(絶奴:チョルロ族以外)長の息子たちを拉致し、部族長たちを自分の屋敷に
呼び寄せたヨン・ガリョ その前で朱雀の守り主であるキハが自らヨン・ホゲをチュシンの王と呼び挨拶をした キハの朱雀の威力に驚く皆の姿を見て不気味に微笑む火天会
(ファチョン会)の大長老
各部族のところに伝書鳥が現れ、それはコムル村にも現れた
南方の守護神 朱雀の神器がチュシンの王を迎えた 国内城(クンネ城)のヨン家で…
真のチュシンの王はヨン家のホゲであることがわかった…
しかし、コムル村では一つの疑問が生まれていた
朱雀の神器の守り主はコムル村のスジニのはずなのに、誰がチュシンの王を迎えたのか?
スジニの額に守り主の印が現れたのを村長(ヒョンゴ)も見たはず
ヒョンゴと共に国内城(クンネ城)に行っていたヒョンミョンが言った
守り主らしき女がヨン家に入っていくのを見た 
その女と同行していたのは火天会の大長老だった
ヒョンゴは考えていた 朱雀の守り主は火天会の烙印が押され、操られているのかも…
その頃火天会(ファチョン会)にいたキハは自分の肩にある烙印に剣を突き立てようと
するが怪しい力に阻まれてしまった 部屋で一人泣き崩れるキハ

翌朝、タムドクのいる霊廟にカクタンが現れ、自分が高句麗の新王として即位する事を
知らされる ヤン王に事実を確認するタムドク
チュシンの星が輝いたときに生まれたホゲを差し置いて自分を王にするのか…?
そう言うタムドクに、ヤン王は静かに言った
お前の母はチュシンの星が輝く夜、一人で山へ行き星が一番明るく輝いたときに
お前を産んだのだ その3日後山小屋で息を引き取った 母の願いを聞き入れ
その日をタムドクの誕生日とした 誕生日をずらしたのはタムドクをチュシンの王と
信じ、周りの敵から守るためだった 天のお告げどおりにしてきたのだ
母親が命がけで守ったタムドクを私(ヤン王)が王にしてみせる…
それが今日なのだ
自分が王になれば多くの人が血を流し、国が分裂してしまう…タムドクの言い分にも全く
耳を貸さず部屋を出て行ってしまった
しかし、新王即位式に出席するために神殿に集まっていたのは絶奴族のみ
他の部族たちはみなヨン家の言いなりになっていた しかもヨン・ガリョは部族長の
息子を拉致した罪を太子になすりつけていた
全部の部族長が神殿に集まらなければ王の即位式は出来ない
天地神堂の大神官が部族長を呼びに行くが、みな言う事を聞かなかった

その頃何も知らないホゲはキハの部屋を訪れていた
自分の父と大長老が仕組んだ事を知っていますか?というホゲの問いに、
一緒に計画したのでは?と聞き返すキハ
キハの言葉にショックを受けたホゲは言い返した
そんなふうに軽蔑しながら私を王と呼んだのですか?
ホゲの言葉にキハは愕然とした 私がホゲを王と呼んだ…?
タムドクを助けられなければ、私は生きていられません
キハはホゲにあるお願いをした

各部族長のおかれた状況を知ったタムドクは、ヤン王に罪を着せられることを恐れ
自ら部族長の息子の救出に向かう ヤン王ぼ護衛をカクタンに託し、キハと騎馬隊を
連れて国内城を出た
神殿にいるヤン王の元に伝令が来て各部族が国内城に向かってきている事を知り、
東西南門を封鎖したヤン王
拉致された部族長の息子の居場所に着いたタムドクは騎馬隊長に偵察を命じるが、
ここで思わぬ言葉を投げかけられる
太子様、高句麗の為に自害していただけますか?
朱雀の神器の守り神であるキハがホゲに挨拶したところを目撃していた騎馬隊長は
ホゲが真のチュシンの王だと思って言った言葉だった

神殿にいるヤン王にカクタンから知らせが入った
タムドクが国内城を出て拉致された部族長の息子の救出に向かった と…
それを知ったヤン王は城外の東西南北のうち一つだけでもタムドクが身を隠せるところを
確保しようと危険を承知で絶奴族を領地に帰らせた
そしてタムドクの新王即位式は無期延期になった 
ヨン・ガリョは王にメッセージを残した
王の座に戻りたければ3部族の息子を返せ!

タムドクに自害を迫る騎馬隊長からタムドクを守ろうとするキハ
タムドクは騎馬隊長に静かに問いかけた
自分が死ねば内乱は起きず、国内城は平和になる
チュシンの王が王家を継ぐのは解かっている…しかし、この事はチュシンの王が望んだ
ことなのか?ヤン王に人さらいの罪を着せ、内乱を招き、兵を挙げて都を脅し、
太子の死を望む…チュシンの星の元に生まれたヨン・ホゲがそれを命じたのか?
そこへヨン・ホゲが現れた
チュシンの星が輝く日に生まれたのはあなたも同じ…この言葉に驚くキハ
しかし、高句麗の王は一人ですから二人は必要ない
その言葉に殺気立つ騎馬隊…キハはタムドクの前に立ちはだかり、タムドクに
麻酔針を刺し眠らせた
キハはホゲと明日の夜明けまでに戻る事を約束し、ホゲは眠るタムドクに
二度と国内城に戻たないように伝え、帰っていった
 今回の汚い陰謀は自分(ホゲ)とは全く関係ない
 王になるなら正々堂々となります それでこそ真の王と認められる…
ホゲは騎馬隊の皆に聞こえるように言った
太子(タムドク)を生きたまま逃がしたことを知ってヨン・ガリョは怒りを爆発
させた 太子が生きている事で高句麗の兵士が血を流す事になる
その責任はタムドクを殺さなかったお前にあるのだ

深い眠りから覚めたタムドクはその村の飢えている状況を見て愕然とした
タムドクはキハに尋ねた
 今の自分に何が出来るのか…国の重臣たちは自分を殺そうとして別の王を
 立てようとし、護衛兵には自害しろと言われ、信頼していた女性(キハ)は
 別の者(ホゲ)を王だと信じている…
それを聞いたキハは 私は憎いですか…?と言って涙を流した
夜明けとともにキハは一人馬を走らせていた
絶奴族と連絡を取ろうとしたのか…?しかし行く手を阻んだのは火天会の
大長老だった
 夜明けまでにホゲの元に戻るはず 迎えに来ました
 以前警告したはずです あの方(タムドク)と呼ぶ者の身に何かあったら
 それはキハ様のせいだ

その頃コムル村から国内城に戻る途中のヒョンゴとヒョンミョンは、朱雀の
守り主について話していた
ヒョンゴはスジニとあの女(キハ)の二人が朱雀の守り主なのだと考えていた
2000年前火の力を持っていた虎族のカジンから取り上げた力を熊族のセオに
授けた…二人とも生まれ変わっていたら…
早くスジニを助けなければ

キハはタムドクに手紙を残していた
国内城の東西南門が封鎖され、ヤン王を守っていた絶奴族も自分たちの領地に
帰り、ヤン王が危険です ヤン王を助けてから戻ります 太子と私が頼れるのは
 絶奴族だけです 絶奴部族までの案内人を連れて戻ります
 天罰を受けることは覚悟できています タムドク太子と共に生きた後
 天罰を受けます すぐに戻ります

                       8話「張り巡らされた罠」へ続く
EDIT  |  23:02  |  『太王四神記』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.22 (Tue)

韓国ドラマ『エアシティ』 2話見逃しました!!

韓国ドラマ『エアシティ』2話 見逃しました

毎週木曜日 TV東京で12時半から韓国ドラマ『エアシティ』が始まっています
ところが先週の第2話を見逃してしまいました!!
うちのDVDレコーダーが故障していて修理に出していたのをすっかり忘れてしまって
残念です
お友達の話では泣けた…って聞いていますが、泣けるお話だったのでしょうか?
教えてほしいです
明後日には3話の放送がありますから、今度こを見逃さないようにします
まだ、年末に集中放送した『ガラスの華』も今放送中の『ブルーフィッシュ』や
『天国の扉』も見る時間がなくて見てません
知り合いから『ガラスの靴』を借りていますが、これも手付かずで…
韓国ドラマファンの皆さん…いつ見てます?これでも睡眠時間を削って
みているんですけど…
寝なくてもいい身体になりたい!!
EDIT  |  13:33  |  『エアシティ』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.22 (Tue)

韓国ドラマ『危機の男』見ていますが・・・

韓国ドラマ『危機の男』見てますが…

韓国ドラマの中には、日本の昼ドラっていう感じのドラマもあるんですね~
今年に入って『危機の男』という韓国ドラマが毎日12時からBS朝日で放送中ですが、
これはまさに昼ドラです…四角関係でドロドロでグチャグチャ…それでも見てしまっていますがね~泥沼の一途ですよ…優柔不断の夫についていけない強気の妻、夫には未練を
残しながら別れた昔の彼女が現れて抑えきれないし、妻の方は生活のために働き始めた
会社の社長に惹かれてしまって、これからその社長の妻に気がつかれてしまうんでしょうね~本人たちも大変でしょうけど、三人の子供たちがかわいそうでかわいそうで…
どっちに転んでも元のように幸せに…って訳にはいかないんでしょうね
でも、社長がかっこいいんです 一途でね~
妻に何の相談もなしに(夫曰く妻が聞いてくれなかったって)突然退社して田舎で農業を
始めるってものすごい田舎に行ってしまったら…
そのころ昔の女に再会して、ちゃっかり不倫に走っていたら…
自分(夫)のことは棚に上げて妻を責めたら…私だったら離婚だけどこの妻は絶対離婚しないって言ってます(今のところ)そんなときに魅力的な男性が目の前に現れて自分のことを思っている事が判ったら…メチャクチャですよ~
もし、『危機の男』が日本のドラマだったら見ないんだけど、何で韓国ドラマだと見てしまうんでしょう…

『危機の男』キャスト
  昔の女が忘れられないまま、結婚して結局不倫に走ってしまった夫…イ・ドンジュ(キム・ヨンチョル)
  気の強い女性で、夫の不倫で深く傷つくが生活の為に働きだす  …イ・グムヒ(ファン・シネ)

  その会社の社長に惹かれてしまう女性                                                   
  久しぶりに会った昔の男とやり直そうとしてしまう女       …キム・ヨンジ(ペ・ジュンオク)
  グムヒの勤め先の社長 グムヒにどんどん惹かれてしまう     …カン・ジュンハ(シン・ソンウ)
  わがままでグムヒのことが気に入らない社長夫人          …ユン・ナミ (ビョン・ジョンス)

EDIT  |  00:16  |  危機の男  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.20 (Sun)

韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』1話 あらすじ



韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』がBSジャパンで始まりました

2008年1月18日から毎週金曜日 BSジャパンで『コーヒープリンス1号店』が
見られます。
韓国では高視聴率が続き、27・8%の高視聴率で最終回まで人気があったドラマです
今日1話を見た感じでは、『私の名前はキムサムスン』みたいな感じかな~と思いました
以前キム・ソナと共演した『恋の潜伏調査』でとてもかっこよかったコン・ユが出ているので、とても見たかったドラマの一つです

   コ・ウンチャン(ユン・ウネ) 
     女ながらいつも男みたいな格好で過ごしていて、テコンドーを小学生に
     教えながらいろいろなアルバイト(朝は牛乳配達・夜は出前など)をしながら  
     生活をしている 男に間違われる事もしばしば…
   チェ・ハンギョル(コン・ユ)
     韓国で有名な食品会社の後継者ではあるが、継ぐ気は全くなく自由に過ごして  
     いる 父親とうまくいっていないようだ ユジュ(かつてハンソンの恋人)に
     片思いをしている
   チェ・ハンソン(イ・ソンギュン)
     ハンギョルとはいとこ同士で音楽に興味がある ウンチャンが牛乳を配達して
     いて仲良くなった犬の飼い主 3年前にユジュに失恋してからまだ立ち直って
     いない


* **************1話 あらすじ ***************

ベリーショートで服装は綺麗とはいえないTシャツ姿で周りの人にも男と勘違いされる
コ・ウンチャン(ユン・ウネ)。アルバイトをいくつも掛け持ちして日々生活をしていた。一方チェ・ハンギョル(コン・ユ)はアメリカ留学から帰国し、働く事もなく自由な生活を送っていた。ある日偶然ハンギョルの注文で出前を届け、ウンチャンと出会う。
ある時、ウンチャンはユジュをスリから助けたにもかかわらず、ちょっとした誤解からウンチャンはハンギョルからスリの仲間だと間違われ、修理代がほしかったら本当の事
を言えといって名刺を渡され、バイト先にはスリから助けた際に壊れてしまったスクーターの責任を取らされてクビになってしまい…それでも仕事をしなければならないウンチャンにウェイトレスの仕事が舞い込んで店に向かって着替えてみると…深~くスリットが入ったロングスカートで…その姿はまさに女性だったけどその姿で会ったのは牛乳配達でいつもモップ犬と呼んでいるテリーの飼い主でハンギョル(コン・ユ)のいとこのチェ・ハンソンだった。 仕事がなくなって困ってしまったウンチャンはプライドを捨てハンギョルに電話するとホテルまで金を取りに来いってまたひどい仕打ち…でもお金の為にハンギョルの部屋に行ったウンチャンに親の事をひどく言われ怒りがおさまらない!!ハンギョルが6人の女性とお見合いするときも、片時も側から離れず、その姿は笑えます。全く見合い相手に興味を示さないハンギョルに思わずゲイ?って話しかけるウンチャン。その時ハンギョルがあることを思いつく。ウンチャンにハンギョルが言った 俺と付き合わない…?
              韓国ドラマ『コーヒープリンス1号店』2杯目「お見合い破談大作戦」へ続く…
EDIT  |  22:00  |  『コーヒープリンス1号店』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.19 (Sat)

韓国ドラマ『タルジャの春』1話「彼女を悩ますもの」 あらすじ




韓国ドラマ『タルジャの春』が始まりました!!
2005年から2007年2月まで韓国国内で放送された韓国ドラマの視聴率
ランキング ベスト48に入っていました
『タルジャの春』の視聴率は17.3%で、『悲しき恋歌』や『君はどの星から来たの』
『白い巨塔』『復活』『ワンダフルライフ』より視聴率が良かったドラマです。
私は『ワンダフルライフ』が大好きなので、それより視聴率を稼いだドラマと言う事で
とても楽しみにしています。

 チェリム   (オ・タルジャ)
 イ・ミンギ  (カン・テボン)
 イ・ヘヨン  (ウィ・ソンジュ)
 コン・ヒョンジン(シン・セド)
イ・ヒョヌ  (オム・キジュン)

韓国ドラマ『タルジャの春』1話 あらすじ *****************

タルジャは33歳のキャリアウーマン
賃貸だけど独立して暮らし、それなりに経験も積んで働いていた
ちょっとやそっとの事には動ぜず、その場をやり過ごす姿はベテランそのもの…
優しくされて恋に落ちた20代と違い、優しさを愛と勘違いしないはずのタルジャが
シン・セドと恋に落ちた
でも、タルジャは恋愛ベタ…シン・セドの発するシグナルに全く気がつかず、
タルジャの知らぬ間に心が離れてしまっていた
何も気がついていないタルジャは、クリスマスイブにシン・セドと会おうと携帯に
メッセージを送った
イブの日タルジャが一人で歩いている所にある男(追いかけられて)がぶつかってきた
落っこちて携帯が壊れた事に起こったタルジャはその男たちを追いかけた
タルジャにぶつかった男(カン・テボン)はタルジャを彼を追いかける男の仲間と
勘違いしたが、名刺を差し出し誤解が解けた
               タルジャの妄想がおもしろい…
カン・テボンはタルジャに自分の名刺を差し出し、いつでも必要なときは電話を
ください…と言った  名刺には「恋人代行会社」って書いてある
突然怖い目に遭ったタルジャは、いつ何時どんな事が起こるかわからない
悔いを残したくない と思ってシン・セドの携帯に 今夜は一緒にいたいと
メッセージを残し、ホテルのバーで一人待っていた
そこに現れたシン・セド  予約の確認をしているようだ
シン・セドはタルジャを見てひどく驚いた様子だ
シン・セドの後から現れたのはウィ・ソンジュだった
まさか彼を待っていたの?とウィ・ソンジュに聞かれたタルジャは思わず
他の人と約束があって…と答えてしまった それを聞いて安心するシン・セド
タルジャに最初のデートで合わないと思っていた…と告白し、笑って去っていった
同じフロアで飲んでいるために、約束の相手が来ないタルジャは恥ずかしくて
店から出て行けず、かばんの中を探すとさっきもらったカン・テボンの名刺が出てきた
セドとソンジュの二人の前でカン・テボンが登場し、部屋に向かう振りをした
タルジャとテボンが料金の事でもめている所にセドとソンジュが現れ、結局同じ階の
部屋に泊まることに…
深く傷ついたタルジャは、テボンと二人で部屋に入って自分は部屋にあるお酒を
がぶ飲みした

翌朝何とか会社に出勤したタルジャ
タルジャのこと(セドに失恋した事)が社内でうわさになっていて、タルジャのことを 
負け犬と言っていたが、ソンジュがみんなの前でタルジャには年下の恋人がいる…と
ばらしてしまった
誰も信用しなかったがそこへカン・テボンが現れて、タルジャの彼氏のカン・テボン
だと宣言し、タルジャがどうしてここに…?と尋ねると
あの夜の事覚えてないの?
全然覚えてない…いったい何のこと? おかしくなりそうって頭を抱えて…

                   2話「恋も代行可能ですか?」へつづく…
EDIT  |  23:16  |  『タルジャの春』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.15 (Tue)

韓国ドラマ『太王四神記』6話「陰謀の序曲」 あらすじ






韓国ドラマ『太王四神記』6話「陰謀の序曲」 あらすじ

韓国ドラマ『太王四神記』って面白いんだけど、登場人物がたくさんいて難しい…
神話の時代からの因縁が続いているからゴチャゴチャしていて…
『朱蒙(チュモン)』でチュモンが高句麗を建国してから後のお話のはずなのに、
『太王四神記』の方が遠い昔のお話に感じてしまうのは、ファンタジーの部分が
たくさん登場しているからなのでしょう
ついていかなくては!!

* **************** あらすじ *****************

近衛隊のカクタンとの勝負に勝ち、霊廟から抜け出したタムドクは、スジニと黒軍が
ヨン家の牢獄にいることを聞き、ヨン・ガリョの屋敷を訪れた
タムドクはヨン・ガリョに 
  10歳で宮殿に来てから太子の座がずっと重荷だった
  ホゲが生まれた日、チュシンの星が輝き天が真の王と証明しているのなら
  ヤン王を殺して王の座を奪う事を考えずに待っていてほしい
  自分がヨン・ホゲに王の座を譲るまで待っていてほしい…
夜、神殿を抜けだしたところを大神官に見つかってしまったキハは取調べを受けていた
何も答えなかったキハは神殿に閉じ込めらてしまったが、そこへヨン家の使者が
やってきてキハはヨン家に行く事になった

タムドクの言葉を聞いた火天会(ファチョン会)の大長老は自分の思惑と違うと動揺する
ヨン・ホゲが簡単に王の座を手に入れては火天会(ファチョン会)の居場所がなくなって
しまう…大長老はホゲを王にした後、ヨン家を意のままに動かしたいと思っていたのだ
ホゲを王にするために火天会の力が必要だと思わせる為に、高句麗を混乱に陥れる
手伝いをしてほしいとキハに頼んだ
今こそ朱雀の本領を発揮してほしい…そしてホゲの気を引いてほしい

タムドクがヨン家で約束してきた事を知ったヤン王は驚愕した
愛する人と静かに幸せに暮らしたい 周りに敵ばかりで王は幸せですかと言うタムドクに
自分(タムドク)がどれだけ民から待ち望まれてきたのかを知らないのだ…
しかしそれ以上のことは話さなかった
ヨン家に呼ばれたキハは火を操る姿をホゲに見せ、ホゲの気を引いた
その頃別室にいたヨン・ガリョと大長老の前で、朱雀の心臓は激しく輝いた
その様子を見た大長老はヨン・ホゲが真のチュシンの王だと確信した
同じとき、ヨン家の牢獄で眠りについていたスジニは一瞬昔の記憶が思い出され
(セオによって黒朱雀が目覚める場面)恐怖を感じていた

翌日キハに話しかけるヨン・ホゲにヨン家の吉凶を占い、天のご加護を祈るために
しばらくヨン家にいる事を伝えるとヨン・ホゲは喜びを隠せなかった
翌日宮殿で開かれた貴族会議ではタムドク太子に対する批判で始まった
タムドクを次の王と認めるものは誰もいない!貴族会議は絶奴(チョルロ)部族を
締め出したまま開かれ、タムドクについて不利な証言が続きタムドク太子の廃位と
新しい太子の擁立を望むたくさんの嘆願書をちらつかせる重臣はチュシンの星が
輝いた日に生まれた者を新しい太子とするべきだと強く迫った
その時、天地神堂の大神官が会場に現れ、重要な証言をした
天地神堂がチュシンの星が輝いた日に生まれた者として証言できるのは
タムドク一人だけだ 
その場にいた貴族や重臣たちに激震が走った
大神官の証言を聞き、天の意志に従ってタムドクに王の座を譲る
明日タムドクの新王即位式を行う事を宣言したヤン王

ヒョンゴの耳にもタムドクのことが届いたが、今までヨン・ホゲがチュシンの王であると
思ってきたヒョンゴは、コムル村へ真実を調べに向かった
一方タムドクの新王即位が許せないヨン・ガリョは明日の即位式を邪魔しようと画策する

17年前の大神官の言葉に背き、貴族たちの前で真実を明かしてしまったことに不安を
覚えた大神官はタムドクに危険が及ぶのではと心配していた
   他のどの星とも違う星が 他のどの王とも違う王が生まれる時 輝くだろう
   王が自ら王だと悟らなければ 風に揺れる葉と同じ その方が王であると
   聞いた者も 王である事を見た者も その方が自ら悟るまで
   全てを隠し通すよう気をつけるのだ

本来はタムドク自身が自分の存在意義について悟るまで秘密にしておかなければ
いけなかったが、タムドクがチュシンの星が輝いた日に生まれたホゲに王の座を譲ると
ヨン・ガリョと約束してしまった事を知り、それを阻止するために仕方がなかったのだ
真実が明らかになったことでタムドクが命を落としたら、それは真の王でなかった
ということ…ヤン王は息子を守ってきたのではなく、チュシンの民として
チュシンの王を守ってきたのだと大神官に話した

霊廟にいるタムドクはチュモ王の神剣に静かに話しかける
   自分が太子を譲る事で国内城での争い事はなくなる 安心してください
   宮中でただ一人自分と友達になってくれたホゲの母親を殺してしまった
   ホゲはきっと良い王になります

貴族会議に締め出されていた絶奴族(チョルロ族)の族長を引き入れたヤン王に
全ての怒りをぶつける族長フッケ
他の部族を敵に回しても王の味方になっていてほしい…ヤン王の頼みに
命令すれば良いこと!と力強く引き受けた

その頃ヨン・ガリョとホゲは火天会(ファチョン会)に向かっていた
道すがらヨン・ガリョは朱雀の心臓が輝いたときの話を聞かせ、ホゲがチュシンの王
なのだと強く言って聞かせた 大神官が嘘をついているのだと…
ヨン・ガリョは大長老にチュシンの王の為に何でもするというのは偽りではない事を
確認し、自分の息子(ホゲ)を高句麗の王にするために力を貸してほしいと頼んだ
大長老にキハはタムドクは王になるつもりはないのだから、殺す必要はない と
説得しようとするが、キハのタムドクに対する気持ちを見抜いていた大長老は
一人の男性への思いの為に、何千年も前から守ってきた火天会(ファチョン会)を
つぶすのか ファヌンに心を奪われたカジンの末路を思い出せ

高句麗王の即位式を阻止するため各部族の族長の息子を拉致し、即位式に出席
させないようにした上でヨン家に絶奴(チョルロ族)族以外の族長らを呼びつけ
そこにキハが現れ、朱雀の心臓の守り神として力を見せ付けた上でホゲに挨拶をした
周りのみなの反応を見て勝ち誇った表情の大長老は…

                      7話「都を追われて」へつづく
EDIT  |  10:38  |  『太王四神記』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.14 (Mon)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』43話 あらすじ

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』43話 あらすじ

ケルに夫余からチュモンの婚礼の招待状が届いた
ソソノの気持ちを考え身重を理由に欠席させることを考えるが、ソソノはチュモンへの
思いを断ち切るために出席する事を決意した
政治的に利用された婚礼ではあるが、大志を成すために二人で力を合わせて生きて行く
ように…ユファはチュモンとイェソヤ言葉をかけた
クムワの元を訪れたチュモンに、婚礼が終わったらチョンム山に行くように言われる
そこにヘモスが眠っている事を初めて聞かされたのだ
翌日チュモンをイェソヤの婚礼の儀式が盛大に行われた
ソソノの悲痛な表情を見てほくそえむテソ、チュモンを涙をこらえて見送るソソノ
ソソノの様子を見守るウテ、チュモンを見守り、また耐えるソソノを見つめるユファ…
それぞれの気持ちが複雑に絡み合う婚礼の儀式だった
婚礼後の家臣たちの宴の中でオイ・マリ・ヒョッポは素直に喜べないでいた

婚礼の後チュモンはソンジュを呼び、ヘモスの眠る場所へ案内を頼むと、突然チュモンの
前にひざまづき驚くチュモンにある告白をする
夫余が漢と塩の取引のことでもめたとき、テソがヘモスの首級(戦争で勝ち取った敵の首)
をヤンジョンに渡し、それと引き換えに塩を得たのだった
ソンジュの告白はあまりにも残酷だった
チュモンは一人でチョンム山に向かい、ヘモスの亡骸があったであろう場所にたたずみ
涙を流した
テソの部屋でヤンジョンから真番(チンボン)・臨屯(イムドゥン)郡が廃止され、
楽浪郡に統合される事を聞かされる
それは夫余との戦争での影響がいまだに続いている事を示し、ヤンジョンがその責任を
逃れるためにはチュモンが助けて夫余で暮らしている流民を奴隷として長安に送る事が
必要だと言われ、テソは悩んだ
ヤンジョンとソルランの二人の会話…
ソルランはテソに従っているチュモンがいまだに信用できない事
チュモンはクムワの実子ではなく、ヘモスの子であることをヤンジョンに教えた
ヤンジョンの命に背けなかったテソはチュモンを部屋に呼び、漢との戦争を避けるために
夫余にいる流民を探し出して奴隷として漢へ送る事を命じた
チュモンは怒りを心の奥底におさめ、テソの命令を遂行しようとしていた
このことはすぐにユファとクムワの耳にも入り、二人は愕然とする
ユファはチュモンの真意を確かめようとするが、自分を信じていてほしいと
言うだけだった
オイ・マリ・ヒョッポはどうしても納得ができず、本当に命令に従うのかと詰め寄るが
チュモンの答えは変わらず、自分に仕えなくても良い…と言うだけだった
モパルモはオイ・マリ・ヒョッポの言葉を聞き、チュモンが引き受けた理由が必ず
あるはず…とチュモンを信じ続けた
結局オイ・マリ・ヒョッポはチュモンと決別した
それからチュモンの流民探しが始まった
心を鬼にして流民たちを連行するチュモン

ヒョッポはケルのサヨンの元を訪れ、チュモンの現状を伝えケルで働くようになる
サヨンからチュモンの様子を聞いたソソノはヨミウルの元を訪れ、信じられないと語った
ヨミウルはチュンモンが夫余から出て行く日が近づいている事を告げ、ヘモス将軍の
血を受け継いでいるチュモンが漢に流民を送るはずがない…
他に何か考えがあっての行動のはずだと言い切った
かつてチュモンが助け出した流民の一人がチュモンに言った
ヘモス将軍が知ったら慟哭されるだろう…
涙ながらに言う流民の言葉を黙って聞いていたチュモン
しかし王妃はチュモンの変わりように疑いを持っているようだった
テソはチュモンを信頼し、疑う余地はないと王妃を説得した
クムワの元を訪れたチュモンは流民を連れて夫余を出ていく準備が出来つつあることを
伝えた
ユファにも自分と一緒に夫余を出て行く準備をしてほしいと言ったが、ユファは
クムワを一人置いてはいけないと、夫余に残ると言い出した
イェソヤにも夫余を出る準備を…と言うがユファ同様うかない表情だった
チュモンと決別してから街で荒れた生活をしているオイ・マリにチュモンは
流民を集めた本当の理由を話し、オイ・マリはチュモンに心から詫びた
オイ・マリはこれからチュモンに協力する事を誓った
その夜チュモンはクムワに、ユファがクムワに別れを告げられないだろうと言い
その言葉の意味を汲み取ったクムワはチュモンにユファを連れて夫余を出るように
と言った クムワはユファを部屋に呼び、チュモンと一緒に夫余を離れるように
説得するが、ユファはクムワを一人夫余に残しては行けないと、クムワの言う事を
聞かなかった

その頃ケルではソンヤンから難題を課せられていた
今のヨンタバル商団ではとても用意できないような量の朝貢を押し付けられたのだ

夫余の宮中ではソルラン(テソの夫人)がチュモンの心中を探ろうとしていた
ハウチョン(ソルランの付き人)にチュモンの監視をさせていた
チュモンはテソの部屋へ行き、自分に流民を届けさせてほしいと願い出た

                               44話へ
EDIT  |  18:16  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.12 (Sat)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』42話 あらすじ

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』42話 あらすじ

韓国ドラマって長編のものも結構あるんですね~
日本だったら考えられないですよね?
連続で81話なんて…まだ半分ですよ~
でも、全く飽きないんですよね! 見ていて辛い事もたくさんあるけど、
やっぱり韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』は面白い!!

* ***************あらすじ******************
自分を殺そうとしたヨンポに剣を向けるテソ
王妃をはじめ家臣の前で罪を認めたヨンポ ヨンポたちの目の前でトチとハンダンは
テソに処刑された
テソはトチとハンダンを処刑した剣をそのままヨンポに向け、切ろうとした時
王妃がテソの前に立ちはだかり、命だけは助けてほしいと懇願した
結局ヨンポは投獄されてしまった

テソを殺す絶好のチャンスをケルを助けるために逃してしまったチュモンの気持ちを
考えるオイ・マリ・ヒョッポ
しかし、ヨンポの画策が成功しても失敗してもケルのせいにされてしまう事になって
しまうため、テソを救うしかなかったのだ
チュモンを部屋に呼んだテソはチュモンに心を開き、今までヨンポにどれだけ自分が
苦しめられてきたのかを語り始めた
ヨンポの命だけは助けてほしいとチュモンは頼んだが、今回だけは許せないと
考えを変えなかった
そしてチュモンには命の恩人を長安に行かせることにためらいを見せながらも
準備をしておくようにと話した

クムワは部屋で酒を飲み少し酔っているようだった
ユファに仙台のヘブル王が死ぬまでクムワに王位を渡さなかった話を静かに語り始めた
父子の絆でさえ権力の為に揺らいでしまう…自分の育て方が悪かったために、息子たちが
骨肉の争いをしてしまった すべての責任は自分にある…
そう言って涙を流した
王妃はヨンポの命を助ける方法を探していた
テソの部屋に入ったソルランはヨンポを始末するようにテソに言った
商人と結託し、テソを殺そうとしたヨンポを生かしておけば夫余の民に示しがつかない
ソルランの言う事に間違いはないが、言い方が気に入らなかったのか日ごろの不満が
爆発したのか、テソはソルランに激怒した

牢に姿を現した王妃に命乞いをしたヨンポ 

サヨンがソソノに夫余での出来事を話して聞かせた チュモンがテソを助けたのは
刺客がケルの兵を装っていたから… ケルを守るためにテソを助けたのだ
ソソノの元にもう一つ情報が入った ヨンチェリョンがソンヤンと内通しているとの
知らせにあることを画策した
ソンヤンに刺客を送る動きをヨンチェリョンに見せ、内通している証拠を押さえようと
したのだった
まんまと策にはまったヨンチェリョンはソンヤンにケルの動きを伝えようと使いを出した
先回りしていたウテは間諜を殺し、ヨンチェリョンが書いた書簡を奪った
書簡を持ってヨンチェリョンの部屋を訪れたソソノは今回の事は父(ヨンタバル)の
ために黙っているが、次は絶対に許さない…と強い口調で言った
ヨンチェリョンの部屋をでた後腹の痛みで倒れてしまったソソノだったが、ヨミウルの
診断で懐妊していることがわかって、喜びに包まれた

ヤンジョンはついに夫余からチュモンを連れてくるように使いを出した
漢からの使者が夫余についたことを知らされたチュモンはオイ・マリ・ヒョッポを部屋に
呼び、別れの挨拶をするが3人は長安についていくと言ってきかなかった
3人を連れモパルモの鉄器工場に行ったチュモンはモパルモと別れを告げようとする
モパルモも長安に一緒に行くと言って泣いたが、試練に耐えると思って耐えてほしい
自分が帰ってくるまで生き続け、より良い鋼鉄剣を作ってほしいと説得した

ユファはチュモンに長安に出発する前にイェソヤと婚礼を挙げ、長安に一緒に
言ってほしいと頼んだ
すれ違った縁は元には戻せない…ソソノの言葉を思い出しイェソヤとの婚礼を
考え始めるチュモン
そのころ街に出ていたイェソヤはソンタクの手下に見つけられ拉致されてしまった
オイ・マリ・ヒョッポと共にイェソヤを無事救出したチュモンはその夜、
イェソヤに自分と婚礼を挙げ、共に長安に行ってほしいと話した
そんな資格はないと断ったイェソヤに、チュモンはソソノに対する気持ちを正直に
話し、叶わない思いだと割り切ってイェソヤと婚礼を挙げたい…

ヨンポのことで思い悩む王妃の部屋にクドゥクプルが現れた
クドゥクプルはクムワからヨンポの命を助けるために働きかけてほしいと頼まれていた
王妃にチュモンの代わりにヨンポを長安に行かせる条件で命乞いを…と話し
王妃はテソの前でひざまずき、ヨンポを人質に出して命だけは助けてほしい
ヨンポが死んだら自分も死ぬ…
結局テソはヨンポを処刑せず、チュモンの代わりに長安に人質に出す事に決めた
テソはチュモンを部屋に呼び、ヨンポが長安に行く事になったことを告げ、
チュモンに借りを返せた事に満足していた
さらに長安行きを素直に引き受けたチュモンをこれから信用し、夫余の軍隊の全権を
チュモンに与え、イェソヤとの婚礼も盛大に行い、自分の右腕として協力してほしい
と頼んだ

                              43話へ…
EDIT  |  23:49  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.11 (Fri)

韓国ドラマ『エアシティ』1話「旅の始まり」 あらすじ

韓国ドラマ『エアシティ』1話「旅の始まり」 あらすじ

韓国ドラマ『エアシティ』ついに始まりましたね~
どのドラマもそうだと思いますが、1話って内容がなかなかわかりにくいですね~
『エアシティ』って唐突に始まって、展開が早そうですね
『冬のソナタ』のユジンのイメージが強く残っていたので、強い女のチェ・ジウに
慣れるのが大変そうです!!
1話には私が今まで見た数少ない韓国ドラマに出演していた見覚えのあるお顔が…
ハン・ドギョン(チェ・ジウ)の同僚のミン・ビョンガン役で出ていたクウォン・ヘヒョ
『冬ソナ』のキム次長だし、『私の名前はキムサムスン』で料理長だし、『ミスターQ』
でも上司?だし…どれ見てもいますね~
そうそう、ちょっとイジワルそうなチャン・ナニョン役のパク・タミさんは
チュモンでこれまたイジワルなテソ夫人ヤン・ソルランでお目にかかりました!



* ******************あらすじ*****************
仁川国際空港運営本部の新しい室長として社長から内々に任命されたハン・ドギョン
(チェ・ジウ)は、フランスから新勤務地に向かっていた
大韓民国国家情報院の一員であるキム・ジソン(イ・ジョンジェ)は同僚を殺した犯人を
追って飛行機に乗り込んでいた
偶然同じ飛行機に乗り合わせた二人だったが、そこでキム・ジソンが目をつけていた
一人の男が突然機内で倒れ騒ぎになった
一方ハン・ドギョンは誰にも知らせることなく、隠密に行動していたため、仁川国際空港
の運営本部から不審人物と目をつけられていた
ある男に目をつけたドギョンとジソンは逆に注意人物として捕らえられてしまった
誤解はすぐに解けたが、ジソンが自分の部屋に入り込んでいた事を知ったドギョンは
ジソンの部屋に押しかけた
ジソンの話を聞いたドギョンはジソンに協力をして怪しい犯人逮捕に協力するが
実は真犯人ではなかった
その事に気がついたジソンは飛行機の中で倒れた男の所に行くと、
もう姿を消した後だった
                                2話へ続く…
EDIT  |  21:25  |  『エアシティ』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.11 (Fri)

韓国ドラマ『エアシティ』 キャスト



韓国ドラマ『エアシティ』 キャスト


チェ・ジウ (ハン・ドギョン役)
       タレント、女優
       1975年 6月 11日生まれ
       174cm, 50kg
    趣味 ウインドウショッピング、エアロビクス、音楽鑑賞、モダンダンス
  出演作品…ドラマ…『戦争と愛』『一つ屋根の三家族』『その愛ひとつだけで』『初恋』
             『幸福はこの胸に』『真実』『新貴公子』『美しき日々』
             『冬のソナタ』『天国の階段』『輪舞曲-ロンド-』
       映画 … 『パク・ボンゴン家出事件』『オルガミ-罠-』『ファーストキス』   
             『情け容赦なし』『ピアノを弾く大統領』『誰にでも秘密がある』  
             『連理の枝』

  

イ・ジョンジェ (キム・ジソン役)
       タレント、俳優
       1973年 3月 15日生まれ
       180cm, 72kg
       趣味・・・水泳、ゴルフ、ジャズダンス、インテリアデザイン
       出演作品…ドラマ… 『恐竜先生』『砂時計』
              映画 … 『若い男』『火の鳥』『太陽はない』『イルマーレ』『黒水仙』
                    『オーバー・ザ・レインボー』『オー!ブラザーズ』
                     『タイフーン』



 イ・ジヌク (カン・ハジュン役)
      タレント、俳優
      1981年 9月 16日生まれ
      183cm, 68kg
   出演作品…ドラマ…『不良少女』『復活』『スマイル・アゲイン』『恋愛時代』
          映画 … 『総合病院The Movie 千日間』『マルチュク青春通り』
                『卑劣な街』



ムン・ジョンヒ(ソ・ミョンウ役)
      1976年1月12日生まれ
      164㎝、43㎏
       趣味・・・ テコンドー・絵鑑賞・サルサダンス・モダン舞踊・古典舞踊…
     出演作品…ドラマ…『恋愛時代』『独身天下』『幸せな女』
            映画 …『風の伝説』『美しき野獣』『強敵』
EDIT  |  21:00  |  『エアシティ』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.09 (Wed)

韓国ドラマ『太王四神記』5話 「決勝戦の行方」 あらすじ


韓国ドラマ『太王四神記』5話 「決勝戦の行方」 あらすじ

ヤン王の言う事も聞かずタムドク(ペ・ヨンジュン)はスジニと共にキョック大会の
会場に姿を現した。
そこで黄軍の大将として活躍し、民衆の前で力を見せつけるヨン・ホゲ(ユン・テヨン)
ホゲ率いる黄軍が勝利をおさめたが、黄軍の用いた打球棒が他の軍の物と比べ
頑強である事に気づいたタムドク
その頃キョック大会会場でホゲの様子を見ていた火天会(ファチョン会)の大長老が
持っていた朱雀の心臓が赤く輝き始めた
大長老はヨン・ホゲがキハに近づいた事で輝いたのでは…?と思ったが、時を同じくして
大長老の前をタムドクが通り過ぎていた
ヨン・ホゲが真の王なのでは…と思い始めた大長老

空洞のはずの打球棒に鉄が仕込まれている事に気づいたスジニは、会場を飛び出し、
黄軍選手が休んでいるところに行き、そこでイルスを脅迫しようとした
そこへヨン・ホゲが姿を現し、事実が明らかになることを恐れたイルスはスジニに
濡れ衣を着せようとした
スジニが責められている所にタムドクが現れ、スジニを助ける事になったがその事で
タムドクの身分がスジニにバレてしまった
ホゲはタムドクに借りを作るのがイヤで、真実を告白し罰を受けるというが
タムドクはそれを止めた
タムドクとスジニが会話している事を見ていたキハは、タムドクがスジニの前で
明るい笑顔を見せていることに驚きショックを受ける
スジニはタムドクが不正を明らかにしなかったことに納得がいかなかったが、
タムドクはヨン・ホゲに借りを返したいとスジニに黙っているように命じた
スジニはヨン・ホゲに憧れの気持ちを抱いていたため、キョック大会の出来事には
すごく腹を立てていた しかし師匠のヒョンゴからヨン・ホゲの監視を命じられ、
ブツブツ文句を言いながら店の前で監視を続けた
いつもと違うスジニの様子にヒョンゴは全く的外れな想像をするが…
           『太王四神記』ってちょっと笑えるシーンもあるみたい
一方火天会(ファチョン会)では大長老がキハにキョック大会の会場で起こった
出来事を告げ、ヨン家に赴きホゲが真の王である事が判明したら高句麗の王にして
阿弗蘭寺(アブルランサ)の下にある神檀樹(シンダンス)の封印を解くために
残りの青龍・白虎・玄武 を探す…とキハに話した

その頃ヨン・ホゲはタムドクに国中の人を自分の味方にするために、明日のキョック大会
ではなりふりかまわず突き進む…と告げた
ヨン・ホゲを見張るスジニの前にタムドクが現れ、一緒に店の前に動きを監視した
店の中ではイルスを呼び出したホゲが今日の不正を責めたが、結局最後には
勝つための作戦が他にも…と新たな策を考えるように命じた
イルスが店先で手下たちと何か画策をしている様子を見ていたタムドクとスジニ
イルスに命ぜられた手下たちは明日戦う黒軍が集う酒場に姿を現し、選手たちに
大怪我を負わせた
一足遅れて酒場に姿を現したタムドクは黒軍の選手を医者に診せようとするが
怪我をしている事がバレるとキョック大会に出場できなくなると聞き、神殿から
キハを呼び寄せ黒軍の手当てをさせた
そこでキハとスジニは顔を合わせる 
スジニはキハとどこかで会っているような気がするが…
翌日怪我を隠したままキョック大会に出場したセドゥル率いる黒軍
(絶奴部族…チョルロ部族)は劣勢が続いていたがセドゥルが得点したのが
きっかけで、黄軍からもう攻撃を受けセドゥルたちは打ちのめされてしまった
ついに怪我を隠していた事を知られてしまった黒軍は選手を交代できなければ棄権する
ように迫られるが、その時二人の黒軍選手が現れた
黒軍に扮したタムドクとスジニだった
二人の活躍によって黒軍がリードするがタムドクの存在に気づいてヨン・ホゲは
タムドクの姿をヤン王と国民の前でさらしてしまう
太子が特定の部族に肩入れした事が知れてしまい、ヨン・ガリョはタムドクが他の
部族を軽んじているを責め立て、ヤン王は黒軍の不正を宣言し黒軍とタムドク・スジニの
投獄を命じた 
タムドクは霊廟(歴代の王の遺品が祭ってある所…って事は朱蒙も…)に謹慎となった

その頃ヨン家を訪れていた火天会(ファチョン会)の大長老は、ヨン・ガリョに
チュシンの王と四つの神器について話をするが全く相手にされなかった
しかし、神器の一つである朱雀の心臓があるという言葉に反応した
朱雀の心臓の前で守り主であるキハとホゲを会わせ、反応するか確かめたい…と

霊廟を守っている近衛隊のカクタンとの勝負に勝ち、霊廟から抜け出したタムドクは…

                             6話へ続く…
EDIT  |  14:16  |  『太王四神記』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2008.01.06 (Sun)

韓国ドラマ 『朱蒙(チュモン)』 41話 あらすじ




韓国ドラマ 『朱蒙(チュモン)』41話 あらすじ

テソから漢への人質を言い渡された朱蒙(チュモン)
テソはチュモンが不在の間ユファをはじめチュモンが目をかけた人たちの立場を
保証する事を誓った
漢に人質として行くのかと尋ねたイェソヤに、自分が行かなければユファやクムワや
イェソヤに迷惑がかかると答えた
そう言うチュモンにイェソヤは自分が夫余から離れるから…とチュモンに話すが
チュモンは宮中に安心していられる様にして行くとイェソヤに誓った
テソの人質の決定に臣下たちは納得がいかなかったが、承諾するしかなかった
しかしチュモンを人質に送る事は、目が届かなくなる事になり返って心配だと
大使者(クドゥクプル)に言われ、ヨンポ王子を人質にする事を考え始める
テソはヨンポに長安行きを言い渡すが、ヨンポは頑強に拒否し、王妃も反対した
怒りがおさまらないヨンポは大使者(クドゥクプル)の元を訪れ剣を向けた
自分をバカにしたらどうなるか覚えておけ…

ユファはクムワにチュモンの長安行き(人質)の件を伝えた
クムワはテソをすぐに呼び出し、重要な事をなぜ自分に相談しないのかと責めた
人質を出す事を決めたテソに、自尊心はないのかと責め立てるクムワ
漢の要求どおりにしていたら、お前は何もかも失う事になる…そう言うクムワに
テソは屈せずにチュモンを人質に差し出す事を告げた
ヨンポはトチを宮中に呼び、数日後のテソの外出に合わせてテソ暗殺を命じた
オイ・マリ・ヒョッポがこれに気づき…
長安に行ったらチュモンは戻っては来られない…今回の戦争を起こした張本人だと
漢の皇帝に伝えられ長安でどのような扱いを受けるか…全てはヤンソルランと
ヤンジョンの策略だった
ある夜、クムワはチュモンを部屋に呼び、長安に引き渡される前に夫余から
離れるように説得したが、チュモンは長安行きを断ればクムワ・ユファ・イェソヤに
影響が出る事、敵を知るために長安に行き、必ず夫余に戻って来ると誓った
その夜チュモンはテソに長安に行く事を承諾した
同時にクムワとユファを守ってほしい…イェソヤも自分の命の恩人だから宮中に
安心していられる様にしてほしいと頼んだ
テソはチュモンにイェソヤとの婚姻をすすめた

オイ・マリ・ヒョッポはヨンポ王子とトチの動きをチュモンに知らせた
チュモンはヨンポと話をしてヨンポの心中を探った

ヒョント城に来ているヨンタバル商団は、ヤンジョンの命で品物を全て取り上げられ
行首は捕らえられてしまった
その知らせはソソノの耳にも入り、ソソノは行首たちを集め ソンヤンを殺すと言った
チェリョンとヤンタクは反対したがそのほかの行首たちは刺客を送ってでもソンヤンを
殺そうと考えていたが、チェリョンがその情報をソンヤンに伝えてしまった
この状況は自分にはどうしようもないと考えたソソノはヨンタバルに助けを請うが
自分で何とかするようにと言われてしまった お前を信じている…
ソソノはヨミウルに呼ばれ、今はソンヤンを討つときではないと止められた
近いうちにチュモン王子が夫余を離れる 二人は結ばれる運命ではなかったが
協力をして大業を果たす火が必ず来る それまで耐えるように…

ヨンポとトチの計画を知ったチュモンたちは監視を強めていた
テソが卒本(チョルボン)を離れる時を利用して、暗殺計画をして手を下す手下に
ケルの兵の格好をさせ、万が一計画が失敗したときにケルの仕業と思わせるように
画策していた その事実を知ったチュモンは…

一方テソは卒本(チョルボン)を訪れ、守る代わりに朝貢を要求した
テソはソソノを呼び寄せ、チュモンの近況を教えた
チュモンが漢の人質として長安に行く事、行く前にイェソヤと婚姻する事
それを知ったお前は 私同様惨めだろう…
卒本からの帰り道、ヨンポの計画通り奇襲をかけた刺客たち
テソが劣勢のときチュモンたちが現れて敵を全滅させテソは助かった
ヨンポ側の失敗に終わり、画策したものも全てばれてしまい、
トチとハンダンは捕らえられた テソ暗殺計画の首謀者がヨンポであることも
テソに判ってしまった
宮殿に戻ったテソはヨンポに剣を突きつけ…

                       42話へつづく
EDIT  |  22:19  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。