05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.11.25 (Sun)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』32話 あらすじ




韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』32話 あらすじ

ソンヤンの本陣に奇襲をかけたチュモンだったが、盗聴されていたらしく
次々とやられていく仲間たち…退却を余儀なくされるチュモンだったが…

ヨンタバルからの反応が無くソソノを殺そうとするソンヤンの元に
ヨミウルが現れた
自分の目にはソンヤンの運命が見える…そう言いソソノを開放するように説得するが
ソンヤンは聞かなかった
ソソノの運命は天地神明に任せるしかない…

まさにソソノがソンヤンに殺されようとしていたとき、助けに入ったのは
チュモンだった
ソソノは自分の失態でチュモンの計画がすべて水の泡になってしまうのではないかと
気が気でなかった…と涙を流した
ソソノの商団が無事に夫余に戻ったと聞き、テソはナロがうまく助け出してくれたと
意気揚々と迎えに出た
しかしそこに現れたのはチュモンと一緒のソソノだった
テソはナロを問い詰め、王妃とヨンポによってソソノ救出を止められたことを知り
王妃を責めるが王妃はソソノとの悪縁は切らなければならないと言い張った

ヨンタバルは今回のことでソソノを女としてではなく商団の跡取りとして
育ててきたことや、ケルの君長の跡取りとして重荷を背負わせてしまった事を
悔いていたが、ソソノは今回の戦争が卒本を統一する土台になると言い、
チュモンと共に戦地に行くことを承諾させた

宮中に戻ったチュモンにユファは、ヘモスと同じように出兵したまま
戻らないことにならないように…と静かに言った

テソは前回と同じく書簡をヒョント城へ届けようとするが、オイ・マリ・ヒョッポに
止められ、そこで奪った書簡を持ってチュモンはテソの部屋を訪れた
今回の自分(チュモンの別働隊)の活躍は、テソとヤンジョンが内通していた
おかげで得た成果だったことを告げ、次に同じようなことがあればテソを
漢の間諜として罰すると釘を刺した
その足でトチの元を訪れたチュモンは、闇取り引きした商品をすべて没収した
翌日チュモンたちは出兵した

補給物資を絶たれ先制攻撃を計画する漢軍に対し、迎え撃つ夫余軍
漢軍の挑発には乗らず、持久戦に持ち込もうとしていた矢先、西南夷での
戦争に勝った遼東軍が漢の援軍として向かっている事を知った
援軍が到着する前に戦争を終えなければならなくなった夫余軍
臣下たちは戦争をやめるようにクムワに言うが引き下がらない
速戦速決で…とチュモンは言うが策はまだ無かった
そんな時、昔タムル軍で戦っていた一人が、当時相手を火責めにするときに
使っていた消炭を焚き火にくべていたのを見てある作戦を思いついた
作った消炭を敵陣に気づかれること無く落とす方法をサヨンが思いつき、
その作戦が成功し、敵陣が火の海になって攻め込んだチュモンたちは…

                 33話へ続く
関連記事
EDIT  |  19:58  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。