05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.04 (Tue)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』第33話 あらすじ




韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』が週一回のBSでの放送になり、悶々としていましたが、
ラッキーなことに韓国ドラマを愛する知り合いの知り合いから81話までお借りすることができ
最終話まで見ることができました
とても疲れましたが最後まで中だるみすることなく楽しむことができました
今、BSでは『ミスターQ』とか『バリでの出来事』『ブルーフィッシュ』『銭の戦争』など
たくさんの韓国ドラマが放送されていて、見るのが大変です
本当は『朱蒙(チュモン)』と『マイ・ガール』の更新をどんどんしたいのですが
『太王四神記』も始まって、いっぱいいっぱいです!!

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』第33話 あらすじ

かつてタムル軍が用いた消炭を使った火攻めの攻撃は成功し、漢軍は夫余軍に
完全に攻め込まれてしまった
戦いの途中でチョンドン(一番若い兵士)が鉄騎軍にやられてしまい、チュモンに
自分の両親の敵を討ってほしいと言い残して死んでしまう
その怒りを漢軍にぶつけ、真番(チンボン)の太守を殺害したチュモン
その戦いの最中、自ら先頭に立って戦っていたクムワに敵の矢が当たり負傷して
しまったが、誰にも分からないように隠した
太守の死を知ったヤンジョンは退却命令を出した
夜が明け、夫余の勝利を宣言するチュモンたち
チュモンはテソ達にお疲れ様でしたと声をかけ、火攻めに使った消炭の秘密を
明かした
チュモンは撤収の作業の最中にオイ・マリ・ヒョッポに追撃の準備をさせた
チョンドンの亡骸を見て流民軍は悲しんだ
必ず敵を討つと誓ったチュモンの前にマンホからイムドゥンの太守が漢軍を
離れたという情報が入り、チョンドンの敵を討つために少人数の流民の兵士を
連れてイムドゥンの太守を討ちに向かった
チュモンたちの動きを察知したナロはすぐにテソに報告した
テソはナロにこのことをヤンジョンに伝えるように命じるがナロは一瞬ためらった
そんなナロに戦争は夫余の勝利に終わったのだから、後はヤンジョンに任せればいい
と説得をし、ヤンジョンの元へ向かわせた
ナロからの情報を聞いたヤンジョンは鉄騎軍をチュモンのところへ向かわせた

チュモン率いる夫余軍が漢軍に勝利したことを知ったソソノ達ヨンタバル商団は
喜びにあふれていた
一方本陣ではクムワが傷を隠して、兵士たちを労うために準備をしていたが
ついに倒れてしまい、テソ達に傷を負ったことが知られてしまった
クムワ王は深手を負い、チュモンは追撃で不在…
ヨミウルのそばにいるピョリハは不吉な夢を見た
チュモンの象徴である三足烏が姿を消してしまったのだ
これはチュモンに災いが起こる前触れと判断したヨミウルは本陣に使いを出した

夫余では残る王妃とユファたちが祭事を行い、祈りをささげていたが、
巫女マウリョンは王妃にテソ王子にいいことが起こると予言した
ユファは祭事の最中ずっと不安を感じていた
夫余の本陣に、追撃に行った流民兵が一人で戻ってきた
たった一人で戻ってきたマンホは、イムドゥンの太守を殺し本陣に戻る途中で
鉄騎軍の襲撃に遭い、流民軍すべてが死んでしまいチュモンの安否も分からないと
涙ながらに報告した
テソはチュモンの安否の確認を命じた
オイ・マリ・ヒョッポの元にも情報が入り愕然とした
ソソノ耳にも入り、チュモンの死を信じることができなかったソソノは
チュモンを見つけるために飛び出していった
本陣ではテソに運命が託された
チュモンは矢を受け崖から落ちて死んだ…クムワの身に何かが起こったらしいとの
情報にヤンジョン率いる漢軍は反撃体制に入った
チュモンの死体は川に流されたようだとのフクチからの知らせで、
テソはヤンジョンに直接会うことを決断する
テソはチンドンとイムドゥンをこれ以上攻撃しない代わりに戦争を終わらせることを
約束させた
ヤンジョンには今まで協力してきたこと、このままクムワがこの世を去れば夫余の
王になること、その際にはヤンソルランを王妃として迎えることを約束した

テソは本陣に意識が戻らないまま寝ているクムワ王の枕元で、一番かわいがっていた
チュモンが安否不明であること、自分がこれから夫余の全てを握り今まで積もり
積もった恨みを一つ一つ晴らしていく…とささやいた
テソは憔悴しきったソソノの前に姿を現し、今回のヨンタバル商団の活躍をたたえ
安否不明(死んだと言いたい)チュモンのことを引きずるなと言うと、
チュモンは必ず生きて戻ると言って飛び出していった

夫余の鉄器工場では何も知らないモパルモが漢の鋼鉄剣より強い鋼鉄剣作りに
成功し、戦場にいるチュモンに届けようとしていた
夫余軍が戻りユファとモパルモにもチュモンとクムワの様子が知らされた
激しく動揺するモパルモ…絶対にそんなことは無いといいながら涙を流した
商団に戻ったソソノ一行は悲しみに包まれていた
宮殿ではテソが王妃に今までの恨みを全て晴らす…と誓っていた

                     『朱蒙(チュモン)』34話に続く



関連記事
EDIT  |  23:06  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。