07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.14 (Fri)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 35話 あらすじ




韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』35話 あらすじ

軟禁されたユファは何も出来なくなってしまった
王妃はテソの行動を注意したが全く気にする様子はなかった
クムワ側の人物を容赦なく排除するという意思表示のためだろうと
ヨミウルは考えていた
ヨンタバル商団にも何らかの影響は避けられないはず…と注意を促した
漢より夫余を選んだ事が立場を悪くしていてケルへ戻る事も難しく、
また、テソ王子から逃げるように戻ればテソを刺激する事になってしまうと
考え、そのまま夫余にとどまる事に決めた
神女マウリョンはヨミウルが夫余に戻った事を察知し、王妃に報告した
チョンゴ(王妃のお世話係)にヨンポを連れてこさせ、ヨミウルを片付けるよう
命じた
鉄器工場に戻ったモパルモは鋼鉄剣を作るつもりは無かった
5日間で鋼鉄剣を作る事を言い渡されていたが、モパルモはチュモン以外には
作るつもりが無く、死を覚悟していた
王妃にヨミウル殺害を命じられたヨンポはトチに命じてヨンタバル商団の動きを
監視させていた
商団の屋敷を出たところでヨミウル一行を襲ったトチだったが、中にいたのは
サヨンでその隙にヨミウルは宮殿に向かった
宮殿の入り口にはオイ・マリ・ヒョッポが待っていて、宮殿の中に引き入れ、
ソンジュ(クムワ王の護衛総監)の助けもあって無事にクムワの部屋に入ることが出来た
治療を終えたヨミウルが部屋を出たところでヨンポに見つかり殺されそうになるが、
テソがそれを阻み命拾いをした
テソは以前ヘモスと戦って負傷したときにヨミウルに助けられた借りを返したのだった

ナロがヨンタバル商団を訪れ、君長をソソノを宮殿のテソ王子の元に連れて行った
テソはヤンジョンの娘ソルランとの婚礼を控えているが、ソソノを夫人として
迎えたいと言い、さらにこの申し出を断れば商団への配慮を全てやめ、夫余の
交易権を剥奪しケルの鍛冶職人を引き上げさせる…と脅してきた

ソソノはモパルモを守るためにケルへ逃がした
オイ・マリ・ヒョッポはユファ夫人を守るために夫余に残ったが、モパルモが
いなくなった事に気がついたナロは三人を疑った
しかし、ソンジュの助け(三人はずっと門番を離れなかった)によって難を逃れた
ソソノはある重大な決断をする
ウテに自分を嫁にもらってほしいと願い出たのだ
テソがヒョント城に行っている間に自分が人妻になれば文句を言うまい…
自分の気持ちの中には朱蒙王子がいるが時がたてば忘れるだろう…
ヨンタバル君長たちにもソソノの決意を話すが一度は反対した
しかし、何とか説得し、ソソノとウテは婚礼を挙げる事を承諾させた
サヨンはウテを哀れんだ
チュモンを思い続けるソソノを妻に迎えるウテの運命を…
そんなサヨンにソソノはチュモン王子を忘れ、ウテを慕ってみせると誓った
ケルに戻っていたヨミウルの元にもソソノの婚礼の知らせが入ったが
ソリョンはウテに死の影が近づいているとソソノの前途多難な運命を哀れんだ
夫余の宮殿にソルランを連れてテソが戻ってきた
テソとヤンソルランはすぐに神殿で婚礼を挙げたが、プドゥクプルはこれを期に
ユファの軟禁を解くようにテソを説得した
ナロからソソノの婚礼の事を聞いたテソはヨンタバル商団を訪れた
怒りに任せ、自分を避けるための猿芝居だとののしり、自噴に対する侮辱が
どんな結果を生むか見せ付けてやる…と言い残して去っていった
軟禁を解かれたユファはすぐにクムワの元を訪れ看病をすると、ついにクムワが
目を覚ました
クムワの覚醒の知らせに素直に喜んだのはヨンポだけだった
その頃ケルのピョリハが三足烏の姿を見つけヨミウルに報告した
チュモンがどこかで生きている…

                         36話へ…
関連記事
EDIT  |  23:23  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。