09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.27 (Thu)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 37話 あらすじ



韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』 37話 あらすじ

夫余ではクムワの代理としてテソが国政を握る事になった
宮中に入れないままのフクチ将軍率いるクムワの兵とオイ・マリ・ヒョッポのもとに
テソの使いとしてナロがやってきて、クムワがテソの代理聴政を認めたことを伝え
宮中に戻りテソに使えるように命令した
宮中に戻った暁には今回の反乱の事は不問にするという約束で皆元の場所に戻った
オイ・マリ・ヒョッポはこの状況に落胆し宮中を飛び出すが、そこでムソンに会い
チュモンが生きているかもしれないと聞き、チュモン捜索にのり出した
代理聴政をするにあたりクドゥクプルはテソに、これまでの個人的な恨み消し去り、
全ての民から認められる王にならなければならない 夫余の安定と平和のために
尽くさなければならないと諭した

ヤンジョンの仲介でピリュのソンヤンはテソと和解し、ヨンタバル商団の立場が
ますます危うくなった
テソの命令でナロはヨンタバル君長を捕らえ、宮中に連れてきて民心を混乱させたと
罪をでっち上げ、さらにトチに嘘の証言をさせ投獄した
ヨンタバル君長はテソの仕打ちに対して、世の道理に背いていると言い残して
牢に入っていった
テソはヨンタバル率いるケルと決別し、ソンヤンと新たな関係を築こうとしていた

自らテソに謁見を求め、父(ヨンタバル)をお救いください とテソの前でひざまづく
ソソノを侮辱したソルラン
ヨンタバルを助ける事が出来なかったソソノは父のいる牢の前で涙を流すが
ヨンタバルは復讐するためには生きなければならない とソソノに声をかけた
結局テソは君長を殺す事はせず、ヨンタバル商団全員を夫余から追放し、ケルの人間は
夫余に足を踏み入れてはならないと命じた
テソから追放令を出された商団は夫余を出て行く準備を始めた

クムワは自ら起き上がり歩けるまでに回復したが、国政には戻っていなかった
報告に来たテソにも国事を相談する必要はないと干渉しない様子だった
国政に口出ししない代わりにユファ夫人を守ってほしいとテソに頼んだ

チュモンを探しに出たオイ・マリ・ヒョッポは途中で鉄騎軍に出くわしたことで
チュモンが本当に生きているのではないかとますます期待は高まった
鉄騎軍はハンベク族に捕らえられているチュモンが本物か確認に来たのだった
いよいよヒョント郡へ連れて行かれるチュモン
その様子をオイ・マリ・ヒョッポが目撃し、モパルモたちと共に救出へ向かう
山中で鉄騎軍を襲撃し、チュモン救出に成功した

                         38話へ…
関連記事
EDIT  |  00:00  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。