09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.12 (Sat)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』42話 あらすじ

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』42話 あらすじ

韓国ドラマって長編のものも結構あるんですね~
日本だったら考えられないですよね?
連続で81話なんて…まだ半分ですよ~
でも、全く飽きないんですよね! 見ていて辛い事もたくさんあるけど、
やっぱり韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』は面白い!!

* ***************あらすじ******************
自分を殺そうとしたヨンポに剣を向けるテソ
王妃をはじめ家臣の前で罪を認めたヨンポ ヨンポたちの目の前でトチとハンダンは
テソに処刑された
テソはトチとハンダンを処刑した剣をそのままヨンポに向け、切ろうとした時
王妃がテソの前に立ちはだかり、命だけは助けてほしいと懇願した
結局ヨンポは投獄されてしまった

テソを殺す絶好のチャンスをケルを助けるために逃してしまったチュモンの気持ちを
考えるオイ・マリ・ヒョッポ
しかし、ヨンポの画策が成功しても失敗してもケルのせいにされてしまう事になって
しまうため、テソを救うしかなかったのだ
チュモンを部屋に呼んだテソはチュモンに心を開き、今までヨンポにどれだけ自分が
苦しめられてきたのかを語り始めた
ヨンポの命だけは助けてほしいとチュモンは頼んだが、今回だけは許せないと
考えを変えなかった
そしてチュモンには命の恩人を長安に行かせることにためらいを見せながらも
準備をしておくようにと話した

クムワは部屋で酒を飲み少し酔っているようだった
ユファに仙台のヘブル王が死ぬまでクムワに王位を渡さなかった話を静かに語り始めた
父子の絆でさえ権力の為に揺らいでしまう…自分の育て方が悪かったために、息子たちが
骨肉の争いをしてしまった すべての責任は自分にある…
そう言って涙を流した
王妃はヨンポの命を助ける方法を探していた
テソの部屋に入ったソルランはヨンポを始末するようにテソに言った
商人と結託し、テソを殺そうとしたヨンポを生かしておけば夫余の民に示しがつかない
ソルランの言う事に間違いはないが、言い方が気に入らなかったのか日ごろの不満が
爆発したのか、テソはソルランに激怒した

牢に姿を現した王妃に命乞いをしたヨンポ 

サヨンがソソノに夫余での出来事を話して聞かせた チュモンがテソを助けたのは
刺客がケルの兵を装っていたから… ケルを守るためにテソを助けたのだ
ソソノの元にもう一つ情報が入った ヨンチェリョンがソンヤンと内通しているとの
知らせにあることを画策した
ソンヤンに刺客を送る動きをヨンチェリョンに見せ、内通している証拠を押さえようと
したのだった
まんまと策にはまったヨンチェリョンはソンヤンにケルの動きを伝えようと使いを出した
先回りしていたウテは間諜を殺し、ヨンチェリョンが書いた書簡を奪った
書簡を持ってヨンチェリョンの部屋を訪れたソソノは今回の事は父(ヨンタバル)の
ために黙っているが、次は絶対に許さない…と強い口調で言った
ヨンチェリョンの部屋をでた後腹の痛みで倒れてしまったソソノだったが、ヨミウルの
診断で懐妊していることがわかって、喜びに包まれた

ヤンジョンはついに夫余からチュモンを連れてくるように使いを出した
漢からの使者が夫余についたことを知らされたチュモンはオイ・マリ・ヒョッポを部屋に
呼び、別れの挨拶をするが3人は長安についていくと言ってきかなかった
3人を連れモパルモの鉄器工場に行ったチュモンはモパルモと別れを告げようとする
モパルモも長安に一緒に行くと言って泣いたが、試練に耐えると思って耐えてほしい
自分が帰ってくるまで生き続け、より良い鋼鉄剣を作ってほしいと説得した

ユファはチュモンに長安に出発する前にイェソヤと婚礼を挙げ、長安に一緒に
言ってほしいと頼んだ
すれ違った縁は元には戻せない…ソソノの言葉を思い出しイェソヤとの婚礼を
考え始めるチュモン
そのころ街に出ていたイェソヤはソンタクの手下に見つけられ拉致されてしまった
オイ・マリ・ヒョッポと共にイェソヤを無事救出したチュモンはその夜、
イェソヤに自分と婚礼を挙げ、共に長安に行ってほしいと話した
そんな資格はないと断ったイェソヤに、チュモンはソソノに対する気持ちを正直に
話し、叶わない思いだと割り切ってイェソヤと婚礼を挙げたい…

ヨンポのことで思い悩む王妃の部屋にクドゥクプルが現れた
クドゥクプルはクムワからヨンポの命を助けるために働きかけてほしいと頼まれていた
王妃にチュモンの代わりにヨンポを長安に行かせる条件で命乞いを…と話し
王妃はテソの前でひざまずき、ヨンポを人質に出して命だけは助けてほしい
ヨンポが死んだら自分も死ぬ…
結局テソはヨンポを処刑せず、チュモンの代わりに長安に人質に出す事に決めた
テソはチュモンを部屋に呼び、ヨンポが長安に行く事になったことを告げ、
チュモンに借りを返せた事に満足していた
さらに長安行きを素直に引き受けたチュモンをこれから信用し、夫余の軍隊の全権を
チュモンに与え、イェソヤとの婚礼も盛大に行い、自分の右腕として協力してほしい
と頼んだ

                              43話へ…
関連記事
EDIT  |  23:49  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。