09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.04 (Mon)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』46話 あらすじ




韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』46話 あらすじ

タムル軍の砦では兵士の育成の為に訓練を続け、最初にハンベク族を討つことにした
イェソヤの懐妊の知らせはクムワの耳にも入り、クムワはテソにイェソヤの開放を頼んだ
チュモンを捕まえるまで牢から出さないと言うテソに、自分がチュモンにした仕打ちを
忘れたか…と問いかけた
チュモンの父(ヘモス)を殺し、その首を敵国に差し出したではないか
それでもチュモンはお前に尽くすと思うのか?
夫余の権力はお前の手にあるのに何を恐れているのか
チュモンもヨンポもいなくなったのに…慈悲を見せよ
懐妊しているイェソヤを投獄するなんて人間のすることではない
イェソヤは牢から出る事が出来た
タムル軍の砦ではモパルモの鋼鉄剣が出来上がり、ハンベク族攻撃のため
出兵の準備を始めた
ハンベク族に乗り込んだチュモンはソルタクを探した
逃げ出したソルタクを追撃するチュモン 
追い詰められたソルタクはチュモンに命乞いをするが、イェソヤとイェソヤの父の
敵であるソルタクを許さなかった
残ったハンベク族の民にチュモンが言った
私はイェチョン族長(イェソヤの父)に命を助けられたチュモンである
夫余の王子であったが漢と抗戦するためにタムル軍の大将になった
前族長の娘イェソヤと婚姻しソルタクを討った
タムル軍に加わるか漢の属国になるかはあなたたちの自由…
チュモンの言葉にハンベク族はタムル軍に加わる事を選んだ
タムル軍の砦に戻ったチュモンをヨミウルが待っていた
ヨミウルはタムル軍の砦に自分たちを置いてほしいと願い出て、チュモンが建てる国の
民になりたい、チュモンを助ける事でヘモスへの罪滅ぼしがしたいと言った
その頃ピリュのソンヤンはケルを武力で抑えるために兵を集め始めた
ソソノはヨミウルの言葉を思い出していた
ソンヤンを討つのは時期尚早…ケルの試練はまだ始まったばかり
チュモンとソソノは結ばれる事はなかったが、それは天の定め…
二人が協力して大業を成すときがきっと来る 
それまでどんな苦境にも耐えなければ…
ソソノは自らピリュへ向かいケルの民を守るためソンヤンの望みどおりにすることを
約束した ソンヤンの前で跪き、全てを差し出した
そしてチャンスが君長をなり、自由に兵を動かせなくなった

ヤンジョンの使いが夫余へ来てチュモンの行動を知らせた
ハンベク族を討った事でチュモンの居場所が判明したのだ
チュモンのいるポンゲ山はヒョント城の近くにあるためヤン・ソルランはテソに
鉄騎軍の要請をしてみては…?と提案した
テソは騎馬軍を率い、鉄騎軍と共にチュモンのいるポンゲ山へ向かった
チュモンの元にはたくさんの流民が押し寄せていた
砦では限界が迫っていた ヨミウルはチュモンには新たな臣下が必要だと
毛屯谷へ行かせた
そこで出会ったのがチェサ・ムゴル・ムッコだった
武芸で対決した結果、チュモンの臣下になることを承諾し、ポンゲ山に向かった
そしてポンゲ山に着いたとき、テソの動きを知ったチュモンはポンゲ山の入り口の
渓谷でテソ一行を待ち伏せし、奇襲する作戦に出た
                           47話へ続く…



関連記事
EDIT  |  16:21  |  朱蒙(チュモン)36話~46話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。