09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.07 (Thu)

韓国ドラマ『魔王』3話「全ての要素は 1つの全体をなす」 あらすじ



韓国ドラマはラブコメディが面白いと思ってきましたが、この『魔王』面白いです
元々韓国ドラマにはまる前は2時間ドラマや連続ドラマでも事件物(?)が好きで
見ていたんです!!韓国ドラマばかり見てしまっていますが…


韓国ドラマ『魔王』3話「全ての要素は 1つの全体をなす」 あらすじ

カン・オス刑事(オム・テウン)は自分の親族特に父親の関係でトラブルなど抱えて
いないかどうかカン・ヒス(兄)に会いに行った
ホテル経営において何のトラブルも抱えていないし、チョ・ドンソプも聞いた事がないと
兄は答えた
しかし、事件の夜会食中にかかってきた電話によって気分が沈んだようで、電話から30分くらいで帰っていったと答えた
その時オ・スンハの証言と違う点に気づいたカン・オス
スンハは会食中だから10時過ぎにかけなおしてくれと言ったと証言したが、兄からは
そのような答えは得られなかった
スンハに対して疑念を持ち始めるカン・オス
結局親族とチョ・ドンソプつなぐものは見つからなかった
ヘインは母親と共に教会の奉仕活動に参加して、そこで偶然オ・スンハ弁護士と出会った
そこで初めて自分の名前をスンハに教えた(ヘインはうれしそう…)
ヘインが去った後にスンハの前に現れたのはチョ・ドンソプだった
あの日スンハはドンソプを助けていたようだった
スンハなドンソプに何も聞かなかったが、彼の方から言ってくれるのを待っているようだ
ある日スンハの出勤時間にカン・オスが現れ、以前に失礼を言ってしまった事を心から
謝った オスは言葉を選びながら一生懸命謝り、ヘインに許してもらった

ソラという少女が一人で遊んでいると、一人の男がぬいぐるみを渡した
ぬいぐるみが君のお友達だよ…そう言って男は帰っていった

カン・オスが捜査に出ようと警察署を出たところに悪友(?)のユン・デソクが誰かの
借金返済を迫っていた
相手は女性のようだった この様子を見てカン・オスは声をかけた
今度こんなことがあったら警察としてお前に会うぞ!!
どうもカン・オスの友人たちはまともな人があまりいないようだ

ある日オ・スンハ弁護士事務所にチョ・ドンソプが訪れオ・スンハにあることを告白した
その頃へインの図書館を訪れたカン・オス ヘインは捜査協力を受けてくれたようだった
同じ頃カン・オスの元にまた小包が届いていた
ヘインは図書館が閉館した後、事件現場にあった凶器のナイフに触れ、残像を探った
ヘインには事件の状況が見えた オスに頼んで事件現場に足を踏み入れた
ヘインはチョ・ドンソプが犯人だと断言した
その時、警察から自分のところに小包が届いた事を知らされた
中に入っていたのはまた一枚のタロットカードとメッセージだった
メッセージには
全ての要素は 1つの全体をなす 一つ一つが密接につながって動く
と書いてあった
前回の事件はタロットカードが届いたその晩に起こったにもかかわらず今回は
何も起こっていないことから、今回はいたずらなのでは…?と話していたとき
警察にチョ・ドンソプが自首してきたとの知らせが入った
急いで戻るとそこにドンソプの姿があったが、何を話しかけても全く答えなかった
そこへドンソプの代理人としてオ・スンハが入ってきた
オ・スンハの立会いでドンソプの事情聴取が行われた
尋問しているのはカン・オス刑事だったがスンハのことが気になって仕方がない様子
ドンソプはスンハが来た途端に事件の話しを始めたが、カン・オスは納得できない
タロットカードを送った人間の存在や、カードキーをおいた人間がいるはずだと
ドンソプを責めるが、スンハに止められてしまった
ドンソプの部屋から事件の日ポケットに入れていたテープに犯行時の声が録音されていて
事件の起こった様子はわかったが、共犯者の存在は全く出てこなかった
(ドンソプの部屋の捜索でチーム長が足を引きずっていた様に見えたのは気のせい?)
ドンソプも自分だけで行動していてカードのことは全く知らないとの一点張りだった
罪のない人が死んだんです…被害者には妻と結婚を控えた息子がいた
これから生まれてくるであろう孫との時間を夢見ていた彼の人生を奪った…
それがあなたの依頼人です 
カン・オスの言葉にスンハが反応した
罪があってもなくても裕福でも貧しくても人は誰かの大切な存在です
特に家族にとっては命よりも大切な存在でしょう
私は依頼者の為にここにいます
カン・オスは
自分は被害者の為にここにいる

図書館に現れたオ・スンハはヘインに借りたい本がないと話しかけた
本を探すヘインをほほえましく見ている様子のオ・スンハ
よろけた所をスンハに支えられたとき、彼女の脳裏に一人の女性がはっきり見えた
カン・オスがおいていった水仙の花を見て話すうちにさっき見えた女性がスンハの
母親である事に気づいた

カン・オスはオ・スンハから言われた言葉が気になっていた

             4話「神は運命を予言するが、人は運命を変える」へ続く
関連記事
EDIT  |  00:43  |  『魔王』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。