07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.13 (Wed)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』47話 あらすじ

    
韓国ドラマ『朱蒙』は中盤に入り、チュモンが新たな国の建国に向けて突き進みますが
前途多難なようですね
でもこのドラマ何度見ても新鮮です
韓国ドラマって繰り返し見ても全く飽きないのが魅力!!
繰り返し見ることで新たな発見もあり、韓国ドラマ最高です



韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』47話 あらすじ

タムル軍の砦があるポンゲ山へ向かったテソ率いる夫余軍と鉄騎軍
ポンゲ山へ向かう一本道でチュモンたちの待ち伏せがないことをナロに確認させ
奇襲の心配はないと判断し、日没とともにチュモンたちを攻撃することに決めた
しかしチュモンはそんなテソの姿を息をひそめて見ていた
チュモンたちタムル軍は人数も兵力もまだ未熟のため、火攻めして敵の防御が
崩れた後に全面攻撃に出る作戦をとった
今回の攻撃に間に合うようにモパルモが全身全霊を注いで作った鋼鉄の矢じりは
鉄騎軍の鎧も貫く自信作だった
砦でヨミウルが天地神明に祈る中戦いの準備は進められた
そしてついにテソの軍がポンゲ山の一本道に入ってきた
チュモンたちは作戦通り最後尾が射程圏内に入るまでひきつけた後、前後を
挟み撃ちにしてテソ率いる軍を半減させることに成功した
テソは矢を受け一度退却したがまた翌朝再攻撃するつもりだった
チュモンたちは朝まで待たずにテソの本陣へ攻め込み、漢の鉄騎軍・夫余の騎馬軍を
全滅させた
テソは最強とされる漢の鉄騎軍を率いて行ったにもかかわらず、チュモンの未熟な
タムル軍に全滅させられたことでヒョント城のヤンジョンからあきれられ、テソの
メンツは丸つぶれになってしまった
テソのチュモンへの恨みはいっそう強いものとなり、チュモンを捕らえた暁には
骨を挽いて飲んでやる!!と心に誓い夫余に戻っていった

一方チュモンの砦ではテソとの戦いに勝利したものの食糧難をむかえていた
ヨミウルはヒョント城に出入りする漢の商団から食糧を奪うことを提案し、
タムル軍はそのチャンスを待っていた

テソが戻った夫余宮ではチュモンの仕打ちの腹いせにソルランがイェソヤを罵倒していた
ソルランの仕打ちがチュモンの活躍のせいであることを知ったイェソヤはどんなことが
あっても我慢できると力強くユファに語った

ケルではヨンタバル商団の内部で力関係が変動し、懐妊していたにもかかわらずソソノは
チェリョンからオクチョへの遠行を言い渡された
ソソノの決断はこの先に控えているまだやりたいことの為だと理解していたヨンタバルは
そのときが来るまでソソノを見守る決心をしていた
私たちは屈辱と試練に耐え、時機を待たなければならない…
そのときが来るまで力を蓄えていたい
自分たちが卒本(チョルボン)を統一するのに必要な財力を備えておくのだ
ソソノはその財力を蓄えるために遠行に出て行った

チュモンがポンゲ山にいる限り自分は攻撃のしようがない…そう思ったテソは
プドゥクプルに相談した
プドゥクプルはクムワの父ヘブル王の時にヘモスを誘い出すのに使った方法を
チュモンにも使うことを提案した
流民を助けたいというチュモンの気持ちを利用し、兵士を流民に変装させ
救出に来たところを捕らえる…
というものだった
夫余に偵察に行ったオイが戻り、夫余の現状がわかった
そこでイェソヤの軟禁と懐妊を知ったチュモンは母と夫人への思いを募らせていた
オイ・マリ・ヒョッポはユファとイェソヤの救出をチュモンに進言したが、
今の戦力では夫余を攻撃することは出来ず、逆にテソの策略に嵌ってしまい
タムル軍が危ないことを話し、救出を断念した
些細な感情で大業を仕損じてはならない…
自分に言い聞かせるように言った
心に迷いがあるチュモンはヨミウルにヘモスがかつて自分に告白したことを話した
一人との約束も守れずに多くの民は守れない
縁を結んだ女性を必ず守るように…
とヘモスから言われた言葉を聞いたヨミウルはチュモンの心を察しながら違う考えを
伝えた
ヘモスが大志を成せなかったのは人情に流されたから
建国という大志を抱くなら非常さが必要だ
多くの民を守る人が些細な感情で動じてはいけない 気を強く持つように…

そんな時、黄龍国(ファンリョン国)の朝貢が運ばれるルートが判明しチュモンは
それを奪うために出陣した
その帰りソソノの商団を見かけたチュモンはそのままソソノの商団を見送った

朝貢品がタムル軍によって奪われたことを知ったヤンジョンは夫余へ行き、チュモンを
野放しにしているテソを叱責した
皇室からの責任追及を恐れたヤンジョンはテソに協力し、プドゥクプルの助言どおり
チュモンに罠をかけることにした
テソの動きに気づいたクムワはこのことをチュモンに知らせようとするが失敗してしまう
そして夫余が流民を漢に移送するという嘘の情報がタムル軍に流れ、チュモンはタムル軍を召集し出陣した
そのすぐ後にヨミウルがそのことを知り、モパルモとムソンに攻撃は自分が行くまで待つように伝えに行かせた
                             48話へつづく
関連記事
EDIT  |  09:18  |  朱蒙(チュモン)47話~59話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。