07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.28 (Fri)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』55話 あらすじ




韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』55話 あらすじ

今回もまたまた長いです…
どうにかして簡潔にといつも思っているのですが、割愛できないストーリーなので…

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』55話 あらすじ

投獄されたチュモン一行は、脱出する手立てを考えていた
俺が判断を誤った…今のクムワ王には全ての権限はなく、プドゥクプルが全てを握っている事を
見抜けなかった自分の責任だ
武器を全て取り上げられていたチュモン達だったが、ムッコが隠し持っていた毒針を使って
脱出することを考えた  まずは状況を判断してから…
チュモンの投獄は王妃にとって喜ばしいことなのか、王妃はクムワの本心が読めず
どう動いたらよいか分からなかった
プドゥクプルと接触してみては?との兄の助言にプドゥクプルに対し嫌悪感を抱いていた王妃は
断固拒否した
そこへプドゥクプルが入ってきて、自分は二股(テソとクムワ)をかけたのではなく
夫余の為にしたことだ 裏切ったのはテソ王子と王妃だ
テソの手腕を信じたのに、テソはチュモンに執着し国力を浪費し、漢との関係を悪化させ
さらに殺戮まで行った
そう言うプドゥクプルに、テソの行いを防げなかったプドゥクプルにも責任があるのでは?と王妃
王妃の言葉には反応せず、クムワが王妃と王妃の兄の軟禁を解いたことを知らせた
しかし、宮中の混乱が沈静化しクムワがテソを許すまで自粛するように…と釘を刺した
王妃はテソが復権したときにはプドゥクプルから断罪してやる…と心に誓った
軟禁を解かれた王妃は早速テソの牢獄に赴き、涙の再会を果たした
今の自分の屈辱は私の将来にとって薬になるから心配要りません
と話したテソ

ケルに戻ったソソノ一行はケルで待っていたヨン・チェリョンの怒りを買った
ヨンチェリョンはソソノを殴り、ヨンタバルを監禁した
権力に目がくらんで兄妹の道理さえ踏みにじっても、私は心の中でお前を許してきたが
この瞬間から私達が兄妹であったことを忘れよう
覚えておけ 権力とは砂のようなものだ 強く握ると指の間からこぼれていく
私には見える お前の手から絶え間なく砂がこぼれていくのを…
手に何もなくなったお前がどんな面を下げているか楽しみだ
そう言ってヨンタバルは笑った
ヨンチェリョンはまたこのようなことがあったら許さないとソソノにきつく言い、これからの
ソソノの遠行にはヤンタク行首の部下が付き添い、何もかも管理すると言い渡した
チャンス(ヨンチェリョンの息子)だけはソソノに頭を下げ、自分の母親の無礼を詫びた
部屋に帰ったソソノにウテ父が、夫余にいるチュモンの力を借りて現状を何とかしようと
持ちかけたが、サヨンが今のチュモンの立場を話しチュモンも自分達も風前の灯火だ…と嘆いた
ソソノは宮殿建設をサヨンに託し、必ずやり遂げるように命じた

クムワはチュモンを投獄はしたが、チュモンの言葉に胸を痛めていた
陛下の同士だったタムル軍を見捨てないでください
タムル軍を解散せず新しい国を作ることは反逆だと言うクムワに
漢を討つことは反逆行為にはならないはず ヘモスが聞いたら嘆き悲しみます
チュモンの言葉がクムワを悩ませていた
そこへユファとイェソヤが面会に訪れたが、クムワは面会を拒否した
信じていた陛下に裏切られた気分はどうだ? そう言う王妃にユファは
陛下は懸命な方です…と答えるのが精一杯だった
勝ち誇った表情で王妃はユファに
今回ばかりはクムワはチュモンを許さないはず
テソはヘモスを殺し、その首を漢に渡したのにクムワは罰しなかった
今もテソが殺されずにいるのは 血筋への愛着があるからだ
クムワはチュモンでなくテソを選ぶはず
そういい残して去っていった
王妃の言うとおりになってしまったらどうしよう…不安を抱くイェソヤ

ヨミウルの一大事を知らせるために夫余に来たムソンとモパルモはチュモンの窮地を知って驚いた
ムソンは夫余兵のふりをしてチュモンのいる牢へ侵入した
ヨミウルが行方不明になっていることを知ったチュモンは夫余の仕業に違いないと悟った
チュモンはモパルモとムソンに砦の強化の為にポンゲ山に戻るように命じた
その頃ヨンポは自分の立場を良くする為にチュモンを漢に引き渡すことをクムワに提案したが
お前は漢の人間か!!と怒りを買ってしまった
ヨンポと一緒に漢から来たチン大人はクムワに、漢への朝貢とチュモンの移送を要求したが
夫余は漢の属国ではないから朝貢は必要ないし、チュモンについても漢に干渉される筋合いはない
今すぐ漢に帰れ!!と剣を向けた
ヨンポは今回の失態の罰として軍馬の訓練所で馬糞の片づけを命じられた

ヨミウルの行方不明を知って夜になったら脱獄することを決意したチュモン
ちょうどその夜ポンゲ山から連れ出されたヨミウルは夫余の神殿に連れて来られていた
プドゥクプルと話し合いを始めていたフクチ将軍と臣下達
チュモンを早く始末した方が良いというほかの臣下達に、チュモンはクムワが一番大切にしてきた
王子だと反対したフクチ将軍
プドゥクプルはもう一度チュモンを説得し、それでも考えを変えなかったら殺すと言った
ヨミウルが神殿に到着したと知らせを受けたプドゥクプルはクムワを神殿に連れて行った
その際プドゥクプルはクムワに、チュモンはヨミウルの言いなりになっているだけだと吹き込んだ
クムワは神殿に行き、ヨミウルの説得を始めた
チュモンの運命はヨミウルが握っている…タムル軍を解散するようにチュモンを説得してほしい
夫余に戻ってきてくれれば全権をチュモンに渡す
クムワの言葉にヨミウルは顔色一つ変えず
もう自分を欺かないでください 陛下は命果てる日まで権力への執着を捨てられないはず
今は譲ると思っていても、そのときが来れば変わるだろう
ヘモスが死んだときも自分の保身に走ったクムワが、そのヘモスの息子に全権を与えるなんて
信じられない…チュモンはタムル軍と共に新しい国を建てます
それこそヘモス将軍の遺志であり、天がチュモンに与えた運命なのです
ヨミウルの言葉を聞いてチュモンを牢から呼んでくるように命じたプドゥクプル
クムワは再びヨミウルにチュモンを説得するよう命じた
説得しないとヨミウルもチュモンも命はない
連れてこられたチュモンはヨミウルと再会した
天に二つの陽は要らない 新しい国を建てるのは夫余への反逆の何物でもない
プドゥクプルのこの言葉に
意志を曲げてはいけません 日無光で夫余の陽は消えたのです
天はタムル軍を捨てません 脅迫や懐柔に屈してはいけません
必死になってチュモンの意志を曲げないように訴えるヨミウルに切りつけたプドゥクプル
その剣をチュモンに向けたプドゥクプルをクムワは制止し、チュモンはヨミウルに駆け寄った
やっとヘモス様にお詫びが出来ます…私の霊魂は大将の国に宿り、三足烏をお守りします…
チュモンにそう言ったヨミウルはクムワにも言葉を残し、息を引き取った
陛下…夫余を発っても心の片隅の残る陛下への愛憎だけは捨てることが出来ませんでした…
部屋に戻ったクムワにチュモンの処刑を迫る臣下達
夫余とチュモンが共存していく道はなく、陛下が出来ないようなら自分がチュモンを殺します
と言うプドゥクプル
一方牢に戻されたチュモンは脱出を決行した
同じときプドゥクプルはクムワの意志とは関係なく、フクチ将軍にチュモンの殺害を命じた
チュモンは脱獄に成功したが、外に出るとフクチ将軍率いる夫余軍に囲まれた
私は夫余の臣下です…お許しください
苦悶の表情で兵を向かわせたフクチ将軍
フクチ将軍とチュモンが剣を合わしたとき、クムワが止めに入った
チュモンを殺すのは自分を(クムワ)殺してからだ…といってフクチ将軍を引き下がらせた後
チュモンに夫余を去るように言った
今日でお前との縁は終わりだ…ユファ夫人とイェソヤはしかるべきときに送り届けよう
早く行け!!
クムワの背後で手を付いて別れの挨拶をしたチュモンはそのまま夫余を出た
振り返らず涙を流すクムワ
クムワはユファとイェソヤを部屋に呼び、チュモンは夫余を去り、自分とは縁が切れたことを伝えた
イェソヤにチュモンと夫余が破局へ向かうのを防いでほしいと頼み、時が来たらチュモンの元に
行くように…と言った

チュモンは夫余を出たことを知ったプドゥクプルはクムワの元を訪れてクムワを責めた
チュモンを殺すと約束した覚えはない!!プドゥクプルとの約束どおりチュモンとの
縁を切った これ以上チュモンに関する言及は慎め

いつか、必ずチュモンを殺さなかったことを後悔する日が来ます とプドゥクプル

ポンゲ山に無事に戻ってくることが出来たチュモンはヨミウルの為に天祭を行った

夫余宮ではテソとソルランにトンムン国境守備隊総監を命じ、辺境の地へ向かわせた
王妃は、この屈辱を忘れず復讐の心が研ぎ澄ましてきなさい…とテソを送り出した

ポンゲ山ではチュモンが皆に
ヨミウル亡き後、悲しみに浸ってばかりいられない
いかなる試練も我々の意志を曲げることは出来ない
気持ちを新たにして漢と夫余に従う部族を統合して行く
タムル軍と共に新たな国を作ることがヨミウル様の遺志だ
チュモンはタムル軍をより強くするために訓練を重ね戦いを繰り返した

                       韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』  56話へつづく
関連記事
EDIT  |  23:59  |  朱蒙(チュモン)47話~59話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。