07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.05.06 (Sun)

韓国ドラマ 春のワルツ 第5話『ピンクトラック』あらすじ

 大渋滞に巻き込まれることもなく、こちらに戻ってきました
 皆さんは昨日のうちに帰ってきて、今日はゆっくり過ごして
 いたのでしょうね・・・

 第5話の『ピンクトラック』 私は段々この 「春のワルツ」に
 はまってきているのですが、私の周りの人々は、ゆっくりの展開に
 どうも困惑気味・・・特に今回の5話はお話としてはあまり
 進まなかったという感じでしょうか
 でも、幼い頃の二人の様子や、今の二人がお互いどのように感じ、
 日々を過ごしているかなど、細かく描かれていて、ユン・ソクホ
 監督がどんなにこのドラマを大切にしているか伝わるような気が
 します。
 今回はストーリーに沿って書くより、人物ごとに書いたほうが
 判りやすそうなので、そのようにします
 私がそのほうがわかりやすい・・・

第5話 『ピンクトラック』

  イナ    韓国に帰国するユン・ジェハを心躍らせて
        迎えに行くが、出ていたのはフィリップだけ・・・
        韓国で自分より先に会いたい人がいたことにショック
        を受ける
        チェハの韓国での記者会見に臨み、その場で
        チェハの恋人?気取り・・・一生懸命にチェハの韓国での環境を整えるが
        チェハの行動が気になる様子

  フィリップ ウニョンのことが忘れられないフィリップは
        韓国でどうしてもウニョンに会いたかった
        クリスタルコンテストに優勝したボーナス
        旅行だったことを思い出し、コンテストの主催者に
        ウニョンの居場所を聞き、ウニョンの店である
        ピンクトラックを見つけ大喜び

  ウニョン  韓国に帰ってきてから、職場の同僚に話すのは
        あのチェハのことばかり・・・ ウニョンはピンクトラックで店を開きながら
        母親の店を手伝っていた
        そこには弟も・・・?
        ある日、海苔巻きを注文したお客が忘れ物をし、
        追いかけると、あのチェハが・・・
        フィリップにチェハが韓国に来ているのか
        確認したかったがなかなか口に出せずにいた

  チェハ   韓国に帰国してからまず彼がとった行動は・・?
        昔一緒にいたウニョンの生存確認だった
        ザルツブルクのウニョンとあのウニョンが
        同一人物かどうか確認したかったのだった
        確認できないまま思い出の街を歩いていると
        ピンクトラックに乗り込むウニョンを見かけ
        思わずそのピンクトラックを追いかけるが
        見失ってしまう
        後日ピンクトラックを見かけた場所に来てみると
        あのウニョンを見つけた!
        彼女の後を遠くから見ながら、後をつける
        彼女が手伝っているらしい一軒の店に入り
        海苔巻きを注文し、新聞で顔を隠しながら
        彼女の様子を見ていると、ウニョンの弟と母親が
        現れる!
あのウニョンは母一人子一人で
        交通事故で母親は亡くなっているはず!!

        じゃあ目の前のウニョンは別人だったのか
        混乱するチェハはウニョンの店を飛び出してしまう
        やはり 『ウニョンは手術が失敗して死んでいた』
        絶望感がチェハを襲う
関連記事
EDIT  |  22:09  |  『春のワルツ』 あらすじ 最終話まで  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。