09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.04.08 (Tue)

韓国ドラマ『タルジャの春』12話「ロマンが美しい理由」 あらすじ

韓国ドラマ『タルジャの春』12話「ロマンが美しい理由」 あらすじ

テボンの前でキジュンの車に乗ったタルジャ
そのままキジュンと食事をしたがタルジャの様子がおかしい
タルジャがテボンのことを気にしていることに気づいたキジュンはタルジャに自分の気持ちを
正直に話した
自分もテボンのことが気になってはいるが、かといってタルジャのことを諦められない
キジュンの告白にタルジャが答えた
出会った頃はキジュンのことを運命の人だと思っていたけど、その後いろいろあって
自分がキジュンに惹かれていたのは条件が良かったからだと気づいた
一種の保険のようになっていて…
タルジャの言葉に、それでもかまわない…条件でも気に入ってもらえてうれしいと答えた
キジュン キジュンの堂々とした答えに自分が卑怯なもののように感じてしまったタルジャは
キジュンに送ってもらうのを辞めて一人でバスに乗ったタルジャは少し寂しかった
もう、ロマンティックな愛は終わったのかしら…?
タルジャがふと外に目をやるとある病院の前でテボンの姿を見かけた
慌ててバスを降りたタルジャは病院の中を探し、テボンとヒヨンの姿を見た
ヒヨンは長い髪に清純そうな顔立ちで年齢も23・24歳くらいの若々しさ…
結局病院に来ていたことがテボンにバレて話をすることに…
ヒヨンのことを聞きたいタルジャだったが素直になれず、知る必要がないから話さなくて
いいってテボンに強く言ってしまい
それを聞いたテボンは、他の男の間で揺れたり、両天秤にかけて比較する女に教える必要なし…と
きっぱり言った
会社では相変わらず新人ホン・ジヒがソンジュの邪魔をしていた
その新人が会社の重役の誰かのコネで入って生きたことを知り、カンチーフ(魔女ガガメル)に
怒りをぶつけたタルジャ
部下より上司の評価が大切なんですね?カンチーフとはいろいろぶつかってきたけど
信念は尊敬してきたのに…失望しました
って思いっきり言っちゃった

誰もいない部屋に戻ったタルジャ でも、テボンの幻覚をみてしまって動揺してしまい
しっかりしなくちゃ…と気合を入れなおすタルジャ
落ち込んだタルジャは母親の店に行った
店内に入るとそこでテボンと鉢合わせ…テボンがタルジャの母親の店で働いていて祖母や母と
すっかり打ち解けていたことにびっくりしてしまった
帰りのバスで2人は離れて座り、険悪な雰囲気に…でも、そのバスが故障で止まった事で
2人はゆっくり話すことが出来た
そこでテボンはタルジャにある告白をした
自分は人を殺してしまった
法律事務所に勤めていた頃、工場を手放したくないと言うある夫婦に工場の閉鎖を言い渡した
為に、その夫婦はそれを苦にして死を選んでしまった
その結果残された娘がヒヨンだと
死ぬ直前その夫婦はテボンの事務所に手作りの心のこもった弁当を届けていた
社長はテボンが味気ない食事をしているのを見て、温かいご飯を食べて心の通った仕事を
してほしいと願ってのことだった
そのお弁当は本当においしくて、人の心を温かくする弁当屋を作ることがテボンの夢になった
その話を聞いてタルジャもテボンに正直に話し始めた
テボンとキジュンを両天秤にかけたのではなく、突然テボンに近づいてこられて
戸惑ってしまった事 今までの自分が経験してきた恋愛パターンとあまりに違っていて…
ヒヨンは若くて美しい人 それが気になって…と話すとありのままのタルジャが好きなんだと
答えたテボン

ある日、ソンジュの通販番組でソンジュの忠告を聞かなかった新人ホン・ジヒが放送中に
大失態をしてしまう 機転を利かせてフォローしたソンジュは見事だった
そのことで仲直りできたソンジュとセド
タルジャは社内の廊下で常務と出会い、そこでタルジャをMDチームに戻したのはカンチーフで
あることを知らされた ホン・ジヒをMDチームで使うことを条件にタルジャを戻したのだと…
タルジャはすぐにカンチーフに謝りに行った からかいがあるから戻したのだと言ったカンチーフ
だったが、タルジャの差し入れをうれしそうに食べていた

ヒヨンの病室を訪れたタルジャ ヒヨンと楽しそうに話しているタルジャを見てホッとしたテボン
その夜タルジャが家に帰ると、入り口にテボンが待っていて…タルジャはまた幻覚を見たと
思って一度目を閉じた 今度は幻覚でなく本物のテボンだった
タルジャはテボンに部屋の合鍵を渡した

テボンの母はテボン父がテボンの職場に顔を出したことを知って、場所を教えろと騒いだ
テボン父はそれをやめさせるために初めて妻に大声をあげた
そんなことにメゲないテボン母はタルジャのほうから突き止めることにした
ある日出社したタルジャがエレベーターのボタンを押し、扉が開くとそこに2人の女性が…
一人は知らない女性(テボン母)、もう一人はキジュンの元妻だった
なぜ、この女はまたやってきたの?
私は33歳 私はこの瞬間人生で一番厄介な2人にはさまれていた…

                         

               13話「ハッピー・バレンタイン・トゥー・ユー」へつづく
関連記事
EDIT  |  00:00  |  『タルジャの春』 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。