09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.25 (Sat)

韓国ドラマ『ありがとうございます』 見ました






韓国ドラマ『ありがとうございます』 見ました

この『ありがとうございます』を見るまでチャン・ヒョクという人を知りませんでした。
と言うか、全く目に留まらなかったといった方がいいですね。
でも、韓国映画『僕の彼女を紹介します』で出演していたんですね
見たんですけど、ピンと来なかったんです。
でも、この『ありがとうございます』のチャン・ヒョクはとても良かったです。
兵役を終えて最初の作品ということでしたが、兵役を終えた方が俳優として
とてもいい感じになったのではないでしょうか。
ちょっと悪そうな感じのチャン・ヒョクが演じたミン・ギソは、彼の雰囲気そのまんま
人間不信になったような医者で…かれの雰囲気にぴったりです
その彼の最愛の彼女が末期がんになってしまったことからはじまります
彼女は手術を拒み、自分が過去に犯してしまった過ちを謝りに行きたいとある島に
渡ろうとします 
その過去の過ちとは…幼い少女に輸血した血液のせいでHIVに感染させてしまったと
いうものだった
死ぬ前に感染させてしまった少女に一言謝りたいと、その少女が住んでいる
プルン島に渡る途中で彼女は死んでしまった
彼女の思いを伝えるべく島に渡ったキソ(チャン・ヒョク)だったが…
伝える気持ちがあったのかどうか分かりませんが、その少女とその家族にで出会い
ミン・ギソが段々変わってきます。
少女がHIVに感染したことを知った村人の反応は…それを見たギソはどのように対処
していくのか
ヨンシンとの関係は…?
日本で言う『Dr.コトー診療所』のような雰囲気もあるし、ホームドラマが強く出ている
感じもあるし…とにかくすごくいいドラマだったんです
その少女の家族は、いつも感謝の気持ちを忘れずに『ありがとうございます』を口にする
人たち…
母子家庭で女で一つでHIVの少女をけなげに育てる女性ヨンシン(コン・ヒョンジン)と
まだ自分の病気を知らない少女ボム(ソ・シネ)、さらに認知症を患っている祖父との
3人暮らし
その家庭に入り込んだことからミン・ギソは人間らしい心を取り戻していく

最後まで見たとき名残惜しかったです…まだ続きがあってもいいかな~と思えます
私は心に残るドラマに出会うと必ずサウンドトラックも手に入れます
この『ありがとうございます』ももちろん買いましたよ~
ドラマで使われている音楽がとても心地よいので1日聞いていても全く飽きません

韓国ドラマ『ありがとうございます』サウンドトラック
     
     1 ありがとうございます 挿入歌
     2 ありがとうございます
     3 愛してる
     4 リコーダーのテーマ
     5 風の吹く日
     6 傷跡
     7 回想(君を偲んで)
     8 切ない恋
     9 アコーディオンのテーマ
    10 悲しい思い出
    11 プルン島の朝
    12 犠牲
    13 天使
    14 別れ
    15 ギソのテーマ
    16 時が流れれば
    17 約束
    18 ありがとうございます

EDIT  |  18:31  |  『ありがとうございます』  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。