05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.04.04 (Wed)

韓国ドラマ 『春のワルツ』 音楽

 


春のワルツの主題歌「Flower」には
   主人公チェハ役のソ・ドヨンが歌う「Flower-M]
   YUNAが歌う「Flower-F]
  2つのパターンがあり、

   「Flower-M」はチェハの心情

   「Flower-F」はウニョンの心情

  をあらわしています。

 日本で放映される春のワルツには「Flower-M]が流れていま
 す。歌詞は日本版用に書き下ろされたものになっています。

 ユン・ソクホ監督の提案でソ・ドヨンさんが歌うことになったそう
   「春のワルツはチェハの物語で、チェハの心を一番理解している
    のはドヨン君だから・・」
 だそうです。


 挿入歌「クレメンタイン」
   これを聴いて・・ん?・・山?・・「雪山賛歌」ですよね
   でも韓国の人は、これを聞くと「海」を思い浮かべるそう・・
   韓国では、漁師が島を去った娘を懐かしむ歌詞なんだそうです
   主役二人の幼い頃の「思い出の曲」として流れます
   韓国版の歌詞・・知りたいなあ


 そうそう劇中音楽と言えば・・・
   「冬のソナタ」と「夏の香り」を見てびっくりしたんですけど
   同じ曲を劇中で使ってますよね?
   寂しい・悲しいシーンだったか・・・
   一瞬どっちのドラマ見てるか分からなくなってしまった
   韓国のドラマってこういうことよくあるんですかね?
   
 
関連記事
EDIT  |  01:03  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。