09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.15 (Mon)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』24話あらすじ



地上波の『朱蒙(チュモン)』の放送後
  毎日やっていた『朱蒙(チュモン)』…24話であっけなく放送が中断し、
  毎週水曜日のBSフジの放送のみになってしまいました
  25話が待ち遠しくて待ち遠しくて…
  10月10日にやっと25話が放送されました
  忘れかけた24話からあらすじをかこうと思います
  
* ***********24話あらすじ*********************

朱蒙(チュモン)は、母からもらった指輪(ヘモスからユファへ渡された指輪)を
ついにソソノに渡した 自分の心の半分をここに残していきます…
との言葉を残して、わけを話す事もなく朱蒙(チュモン)は扶余を離れていった
母ユファには父親ヘモスがどうしてこのような過酷な人生を選ばなければならなかった
のか父親の人生をたどりたいと手紙を託し、ヨンタバルにはヘモスのことについて
知っていることを聞き、オイ・マリ・ヒョッポと共に旅立った
一方、扶余の国王クムワは、朱蒙(チュモン)が皇太子争いから身を引いたとき
朱蒙(チュモン)にわけを聞かずに責めてしまったが、そんな時夢にヘモスが出てきた
事で、もしかしたら朱蒙(チュモン)に出生の秘密が知れたのではないかと気づき、
ユファに確認した
朱蒙(チュモン)の苦しみを察し、ヘモスのことを話そうとするが、朱蒙(チュモン)
はもう旅立ったあとだった
朱蒙(チュモン)が皇太子争いから身を引いたことは残った二人の皇太子候補
テソとヨンポにとって喜ばしいことだが、クムワは皇太子を決定することはしなかった

チュモンは3人の仲間と共に、タムル軍の生き残りを尋ねてヘモス将軍のことについて
知ろうとしていた
チュモンはヒョッポの父(元タムル軍)と共に戦ったかつての仲間を訪ねてヘモス将軍と
タムル軍について話を聞くうちに、今もいる流民の状況を知りたいと強く思うようになる

その頃、扶余の各地で奇怪な現象が起こっていた(井戸水が血の色に変わったり…)
国民は、ヨミウルがいなくなったことで、扶余を守る力が弱くなり、これから災難が
起こるのではないかと不安に思っていた

朱蒙(チュモン)たちは旅の途中で逃げている流民に出会う
チュモンたちは彼らを助けようとするが、流民たちは誰も信用できないと拒否をする
チュモンが扶余のクムワなら…と流民たちに提案するが、クムワは自分たちを捨てた
張本人だとチュモンに告げた
チュモンは自分たちの乗っていた馬を彼らに渡し流民たちと別れるが、しばらく行くと
漢の鉄騎軍が流民のほうへ向かっていることに気づき、あわてて鉄騎軍を追いかける
流民たちは捕まり、つれて行かれるが朱蒙(チュモン)たちは果敢に助けようとする
チュモンが放った矢は…無情にも鉄騎軍の鎧に跳ね返されてしまう


                        25話へ…
関連記事
EDIT  |  00:30  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。