07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.17 (Wed)

韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』26話あらすじ



韓国ドラマ『朱蒙(チュモン)』26話あらすじ

オイ・マリ・ヒョッポに自分がタムル軍の大将『ヘモス』の息子であると
告白したチュモンは3人に自分と共にヘモスの果たせなかった大業を
果たしたいと話し、三人もついていく事を誓った

ヒョント郡から扶余に戻ったヨンタバル一行は、留守のうちにヨンポ王子に
商談の秘密の書簡を持ち去られたことを知り、ソソノがテソ王子にプレッシャーを
かけた

 チュモンは、父ヘモス代わり大業(漢を倒し、流民を助け古朝鮮を再興する)を
果たすため、あえて今は扶余の皇太子争いに戻った
母ユファのもとを訪れたチュモンは、これまでの旅で流民の悲惨な状況を見るうちに
父へモスと同じように流民を助けて古朝鮮を復活させたいと思うようになったと
話した。
育ての父クムワ王のもとを訪れたチュモンはクムワからヘモスとの経緯を聞いたが、
心は晴れなかった
「父ヘモスは、悲惨な末路を送ったが、そんなに扶余にとって悪いことをしたのか?
 自分はヘモスを殺した兄たちを決して許すことはできない…」
そう言って王の部屋を出た

一方、漢の鍛冶職人を流民だと偽って扶余に連れて来て、これまでとは比べられない
ほど頑丈な剣を作らせることに成功したテソ王子はクムワ王から感謝されていた
テソ王子がクムワの部屋に向かった時、チュモンが部屋から出てきた
皇太子争いに優位に立っているテソ王子はチュモンに、自分が皇太子になったら
好きにさせてやると言うがチュモンはそれをさらりと交わした
テソ王子がクムワに会おうとすると、クムワは頑強にそれを拒否した

サヨンからテソ王子が連れてきた鍛冶職人が今までの扶余の鉄器とは
比べ物にならないほどの頑丈な鉄器作りに成功したと聞き、ソソノはテソ王子が
ヒョント郡の太守ヤンジョンから、鉄器の作り方を教わる代わりに、何らかの
取引をしたに違いないとヒョント郡の商団に探りをいれた

クムワ王他、全ての家臣が集まる中、チュモンは宮殿に戻ってきたことを告白し、
これまでの身勝手な振る舞いを謝罪した
クムワ王はチュモンに王の警護や国の秘密も全て知る立場にある護衛総監の地位を
 与えた
 クムワはチュモンに兄たちへの怒りは自分に向け、兄弟間での争いは避けるように
 語ったが、チュモンはそれを黙って聞いていた

 チュモンの護衛総監就任に周りの家臣たちは驚き、
 特にテソ王子、大使者の動揺は激しかった
 「クムワ王のチュモンに対する思いがこれほどとは…」
 二人の焦りは相当なものだった
 王の護衛総監になったチュモンは、オイ・マリ・ヒョッポを護衛部隊に入れたが
 周りは納得していなかった
 チュモンは、オイとメンバーの一人と戦わせ実力を見せつけた後、
 武芸に長けていないものは、容赦なく首にすることを宣言し、厳しい訓練を始めた
 チュモンの指導の下、護衛部隊はみるみる実力をあげていった

  漢から来た鍛冶職人に鉄器工場を奪われ、完全に自信をなくしてしまったモパルモ
  酒びたりの毎日を送っていたが、チュモンからケルの鉄器工場へ行き、
  炒鋼法(良質の鉄を作る方法)の解明をしてほしいと頼んだ
  モパルモはヨンタバル商団を訪れ、チュモンのために炒鋼法の解明をすることを
  前提にケルの鉄器工場に行くことを宣言した
  モパルモはソソノとムソン(渋々行く)と共にケルに向かった
  ケルに集まった卒本の君長たちは、なかなか帰ってこないヨンタバルに不満があり、
  ソソノに対し怒りをあらわにするが、ソソノは負けることなく、
  ヨンタバル商団が扶余の宮殿と商取引をしているおかげで、周りから攻撃を受けずに
  済んでいること、扶余から鍛冶職人を連れてきたことで、ここで作った鉄器で
  武装することが出来ると説得した

  扶余の家臣たちはテソ王子を皇太子にするようにクムワ王に提案したが、クムワは
  それを聞き入れず、皇太子決めはまだ先にすると宣言した
  テソ王子は納得できず、これ以上どう努力したら皇太子として認めてくれるのかと
  涙ながらに訴えた

                                 27話へ…
関連記事
EDIT  |  23:59  |  朱蒙(チュモン)24話~35話 あらすじ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。